家庭用「低温調理器」の決定版!

低温調理は、加熱の難しいタンパク質がもっとも美味しくなる温度で加熱する科学的調理方法。そんな低温調理を家庭で手軽に楽しめるプロダクトがパワーアップしてリリースされた。

決定版として新たに登場した「BONIQ2.0」は、昨年プロ用としてリリースされたハイエンドモデル「BONIQ Pro」がベース。

大容量出力の1200wでアルミボディを採用していた「BONIQ Pro」に対し、「BONIQ 2.0」 の出力は家庭用としては十分な1000wに、外装をプラスチック樹脂にすることでリーズナブルな価格を実現している。もちろんコストは抑えても、見た目や質感はこだわり抜かれており、チープさは一切感じられない。

完全防水で丸洗いが可能。外出先から加熱進行を止めたいときにはアプリで温度を低くしたり、帰宅前に水温だけ上げて帰宅後すぐに調理を開始したりといったこともできるという。

現時点での価格は2万2000円(税込)〜、購入は「Makuake」にて。

現代人は食品選択の自由があるようで、手に取る食品の多くが加工食品という環境にある。「BONIQ2.0」が自宅にあれば、栄養価の高い食材を必然的に自分の手で選ぶようになりそうだ。

©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
10月からは「加湿器」が活躍するシーズン。THE家電といったモノだけじゃつまらない。ということで、珠玉の加湿器を集めてみました。
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
香川県の鉄工所のブランド「THE IRON FIELD GEAR」が製作した焚き火クッカー「TAKI BE COOKER」。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
料理に自信がない人でも、失敗しない「簡単!炊飯器クッキング」をハウツー動画の「ビエボ」よりご紹介。炊飯器のポテンシャルを存分に活かしたお手軽レシピ。手間を...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...