肉料理がおいしくなる、あの「真空調理」を自宅で。

素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していくというやり方。

レストランではおなじみのあのテクニック、家庭でも再現できるって知ってました?

水の力で空気を抜く

完全な真空での調理は特別な調理器具がなければできませんが、お肉を柔らかくするのに十分な状態を保つ方法はあります。用意するのは大きめのボウルと密封袋だけ。

やり方さえわかれば、誰でもかんたんに真空調理ができます。さっそく紹介していきましょう。

01.

20826a33973092c89834a4c0a5b23a025582e78d

まず、袋が沈められる容量のボウルに水を張っておきます。次に、密閉袋に調理したい肉、調味料を入れて、袋のはじを2〜3cm程度開けておきます。

02.

Db637bc6ebffa6c7a5fd410fb120f585f355bd84

次に、2〜3cm開けておいた口の部分以外を、すべて水に沈めます。開けておいた口をしっかりと閉めます。

2枚のビニール同士がピッチリとくっついたら完了です。

注意点としては、袋の耐熱温度を確認すること。120℃まで対応の袋などを使用してください。また、鍋で直接お湯につける場合は鍋の下に、皿を一枚敷いたり、落し蓋を沈めてから加熱をすることで、袋が熱くなりすぎるのを防ぐことができます。

この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
フランス料理で用いられる調理法に「Sous vide(スーヴィード)」がある。空気に触れない状態で一定の温度を保ったまま、素材に火を均一に通していくという...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
昔から「肉は腐りかけがうまい」なんて言葉があるように、牛肉には“寝かせる”ことで生まれる価値があります。いわゆる熟成肉がそれ。あの味を自宅でしかも長期保存...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
「ゆうなんぎい」のお母さん、辻野愛子さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味噌味...