ピクルスに火を通せば、主役級のおいしさになる

ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを使った料理ってほとんど聞きません。でも、あるんですよ。

ドイツの家庭料理に「ルーラーデン」という、牛の薄切り肉でピクルスなどの野菜を巻いてつくる煮込み料理があります。お肉をほおばったとたん、中から染み出してくるあのピクルスのジューシーなうまみ。ピクルスに火を通す、こんなレシピです。

〈材料:2人分〉

玉ねぎ:1/4個
きゅうりのピクルス:1本
ベーコン:3枚
牛ロース薄切り肉:6枚

マスタード:大さじ1
小麦粉:適量
バター:5g
塩こしょう:適量

A ビール:200ml
A しょう油:小さじ2
A 砂糖:小さじ1

〈つくり方〉

玉ねぎときゅうりのピクルス、ベーコンはすべてみじん切りに。牛ロース薄切り肉にはマスタードを塗り、みじん切りした材料を手前にのせて、くるくると巻いていきましょう。巻き終えたら表面に小麦粉を軽くまぶし、バターを熱したフライパンで“とじ目”の方から中火で焼いていきます。そこにAを加え、弱火で煮込むこと約20分。水気がなくなったら、仕上げに塩こしょうで味をととのえ完成です。

他の記事を見る
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
極寒の国ロシアの伝統的なスープを紹介します。体の中まであったまる一杯はどんなものだと思います?野菜が主体のスープですが、味の決め手はナント、ピクルスの漬け...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
より白くきれいに茹で上がり、見た目からもおいしそうになるそうですよ。
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
長ネギの青い部分だって、おいしく活用しましょう!
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
ふかしたじゃがいもに乗せるものといえば…。テックスメックスならばチリビーンズにチーズ、イギリスならばハムやベーコンの細切りと、さまざまな料理スタイルが世界...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?