ピクルスに火を通せば、主役級のおいしさになる

ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを使った料理ってほとんど聞きません。でも、あるんですよ。

ドイツの家庭料理に「ルーラーデン」という、牛の薄切り肉でピクルスなどの野菜を巻いてつくる煮込み料理があります。お肉をほおばったとたん、中から染み出してくるあのピクルスのジューシーなうまみ。ピクルスに火を通す、こんなレシピです。

〈材料:2人分〉

玉ねぎ:1/4個
きゅうりのピクルス:1本
ベーコン:3枚
牛ロース薄切り肉:6枚

マスタード:大さじ1
小麦粉:適量
バター:5g
塩こしょう:適量

A ビール:200ml
A しょう油:小さじ2
A 砂糖:小さじ1

〈つくり方〉

玉ねぎときゅうりのピクルス、ベーコンはすべてみじん切りに。牛ロース薄切り肉にはマスタードを塗り、みじん切りした材料を手前にのせて、くるくると巻いていきましょう。巻き終えたら表面に小麦粉を軽くまぶし、バターを熱したフライパンで“とじ目”の方から中火で焼いていきます。そこにAを加え、弱火で煮込むこと約20分。水気がなくなったら、仕上げに塩こしょうで味をととのえ完成です。

いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
「コールマン」のBBQグリルシリーズの電動ファン付き新モデル「クールスパイダープロ/L ファン」があれば、スマートにBBQを楽しめそう。
知ってるだけで何倍も料理がおいしくなるテクニック。これまでの常識がガラリと変わるかも!?
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
11月26日、「Airbnb」が世界中の家庭料理を作って楽しめる新カテゴリー「クッキング体験」のローンチを発表し、豪華なキャンペーンをおこなっている。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
片想いをしているあなたに読んで欲しい、「片想いあるある」「恋愛心理学でみる男心」「遠距離片想いの成功法」「彼女がいた彼への想いの終わらせ方」「覚めない恋心...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
長ネギの青い部分だって、おいしく活用しましょう!
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。