多忙なアナタが知っておきたい「蕎麦の力」と応用レシピ

麺がおいしい季節となりました。生麺や乾麺、茹で麺など。麺にも様々な種類がありますが、ささっと食べられる茹で麺は忙しいときや料理に時間をかけたくないときに重宝します。

ところで、アナタはうどん派? 蕎麦派? もちろん、うどんも美味しいですが、健康面で選ぶなら蕎麦をオススメしたいところ。茹で蕎麦には、忙しい人にこそ摂取してほしい栄養素が含まれているのです。

茹で蕎麦で期待できる
健康への効果

F1209e4dc2720b06482973019ba5ff85c3db8553

01.
便秘解消して免疫力向上

食物繊維は、老廃物の排泄を助け腸内環境を整えるだけでなく、免疫力の向上に役立つため、健康な体の維持に作用します。

02.
疲労回復効果

ビタミンB1は、疲労回復への効果が期待できます。これからの季節、夏バテ予防にも役立ちます。

03.
貧血予防

鉄分は貧血予防に効果があり、めまいやふらつき、頭痛など、諸症状の改善に期待できます。そのままでは吸収されにくいため、ビタミンCが豊富な野菜と一緒に食べましょう。


包丁いらずで簡単!
納豆キムチの和え蕎麦

C0fd498a8bc1b674acb62696c9b81e14849be0cf

材料をボウルに入れて和えるだけで簡単に作れる、これからの季節にぴったりなさっぱりと食べられる1品です。納豆の納豆菌、キムチの乳酸菌や食物繊維が合わさることで、腸内環境を整えて免疫力を高め、健康な体の維持が期待できます。

【材料:1人分】
茹で蕎麦:1袋
納豆:1パック
キムチ:50g
付属のたれ:1袋
ごま油:大さじ1/2
みそ:小さじ1
青ねぎ(あれば):適量

【作り方】
①耐熱ボウルに茹で蕎麦を入れ、600Wのレンジで2分加熱する。
②納豆、キムチ、付属のたれ、ごま油、みそを加えて混ぜる。
③器に盛り、あれば青ねぎをキッチンバサミでちぎって散らす。

さまざまな効果が期待できる茹で蕎麦は、ねぎなどの野菜、納豆やキムチ、みそなどの発酵食品を組み合わせることで、さらに栄養価をアップさせることができます。

蕎麦を食べて、毎日をパワフルに過ごしましょう!

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
新潟県、佐渡島(さどがしま)。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。し...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
缶詰の中でも特に種類の豊富な「サバ缶」。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。サバを挟んで食べるトル...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
英国のレシピサイト「Twisted Food」がクロワッサンを使った新しいメニューを考案。これを見たフランスの人々から、「神への冒涜だ!」などの非難の声が...
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
冷蔵庫を開けたら、新じゃがしかない……。そんなときにオススメしたい、新じゃがだけでおいしくお腹を満たせる料理。「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、簡単でお...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...