天ぷらに「刺激」を与えると、サクッと揚がる。

自宅でする揚げ物の中でもかなりハードルが高いのが「天ぷら」。失敗するとベチャベチャになって、がっかりするようなクオリティのものになってしまいます。

天ぷらをサクサクにするためには、氷を入れる、油の温度が下がらないようにする…など、押さえておくべき基本的なコツはありますが、プラスアルファで試して欲しいのがこちら。

天ぷらには「炭酸水」
という新常識

炭酸水を入れることによって、ほどよく生地が膨らんでくれ、サクサクっと軽い食感の天ぷらに仕上がります。炭酸水はしゅわしゅわのうちに使ってくださいね。

<材料>
小麦粉:100g
炭酸水(無糖):200g

※炭酸水は冷蔵庫でよく冷やしておく

<つくり方>
小麦粉と炭酸水を混ぜます。お好みの具を絡めて揚げて出来上がり。

春野菜が美味しい季節。たらの芽やふきのとうに菜の花。天ぷらにすると美味しいですが、サクッと揚がらない、油っぽいなど、上手に作るのは結構難しいです。天ぷらの...
春を迎えてお花見や、送別会、歓迎会が増える季節となりました。こんなシーンで活躍する「乾きものおつまみ」ですが、どうしても余りがち。そんな乾きものを天ぷらと...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
六本木の高級割烹が、三つ星レストランや高級料亭でも採用されている高い技法を使い、通常は油で揚げることが困難な、出汁の染み込んだ「おでんの天ぷら」を完成させ...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!