天ぷらに「刺激」を与えると、サクッと揚がる。

自宅でする揚げ物の中でもかなりハードルが高いのが「天ぷら」。失敗するとベチャベチャになって、がっかりするようなクオリティのものになってしまいます。

天ぷらをサクサクにするためには、氷を入れる、油の温度が下がらないようにする…など、押さえておくべき基本的なコツはありますが、プラスアルファで試して欲しいのがこちら。

天ぷらには「炭酸水」
という新常識

炭酸水を入れることによって、ほどよく生地が膨らんでくれ、サクサクっと軽い食感の天ぷらに仕上がります。炭酸水はしゅわしゅわのうちに使ってくださいね。

<材料>
小麦粉:100g
炭酸水(無糖):200g

※炭酸水は冷蔵庫でよく冷やしておく

<つくり方>
小麦粉と炭酸水を混ぜます。お好みの具を絡めて揚げて出来上がり。

春野菜が美味しい季節。たらの芽やふきのとうに菜の花。天ぷらにすると美味しいですが、サクッと揚がらない、油っぽいなど、上手に作るのは結構難しいです。天ぷらの...
春を迎えてお花見や、送別会、歓迎会が増える季節となりました。こんなシーンで活躍する「乾きものおつまみ」ですが、どうしても余りがち。そんな乾きものを天ぷらと...
海苔はあまり長く保存しておくと、湿気ってしまいます。そこで、このアイデア。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
六本木の高級割烹が、三つ星レストランや高級料亭でも採用されている高い技法を使い、通常は油で揚げることが困難な、出汁の染み込んだ「おでんの天ぷら」を完成させ...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
11月26日、「Airbnb」が世界中の家庭料理を作って楽しめる新カテゴリー「クッキング体験」のローンチを発表し、豪華なキャンペーンをおこなっている。
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
2月27日、アメリカで『HER BODY CAN』という絵本が出版された。この本は0歳〜8歳を対象にしており、ボディポジティビティを広めることを目的としている。
植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営する「株式会社GreenSnap」が、新たなコンテンツサービス「おうち園芸」をスタート。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
宅配ビザを頼むと、どうしても数枚余ることがあります。熱々は美味しいんだけど、冷えてしまえばそれも半減。翌朝まで放ったらかしにしておくと、もうどうしようもな...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...