日本の「缶詰」は世界に誇れるカルチャーである。

日本の缶詰が、世界でもかなりハイレベルにあるということを知ってますか?とくに魚介系の缶詰、特有の生臭さを抑えたものは世界でもそうそうお目にかかれるものではありません。

ここでは、その中から「サバの缶詰」を使ったレシピをご紹介。

缶詰の中でも特に種類の豊富な“サバ缶”。加工技術が高く、生臭さもなく美味しさを逃さず閉じ込めてある分、どんな料理にも応用が利きます。

サバを挟んで食べるトルコの名物「トルコサンド」。火を全く使わなくても作れるので、忙しい朝にもお弁当としてもオススメです。

材料
・サバみそ煮缶:1缶
・マヨネーズ:大さじ4
・しょう油:小さじ1
・レモン汁:小さじ1
・粗挽き黒コショウ:適量
・玉ねぎ:1/2個
・トマト:1個
・レタス:2枚
・バター:1片
・大葉:4枚
・バゲット:1本

つくり方
ボウルに「サバみそ煮缶」を入れ、ほぐしながらマヨネーズ、しょうゆ、レモン汁、粗挽き黒こしょうを加え混ぜ合わせる。玉ねぎは薄切りにし、水にさらしておく。トマトは輪切りにし、サニーレタスは食べやすい大きさにちぎり、水気をとる。バゲットにバターを塗り、すべての具材を挟んだら完成。

※写真はイメージです

れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
おつまみとしてそのまま食べてもおいしい「缶詰」。でももし、缶詰だけでワンランク上のおしゃれな料理が作れるとしたら、晩酌の時間ももっと楽しくなりますよね。今...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
他の国の食べ物の文化も受け入れて食べてみる。そこから始まる楽しさを『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)の著者、本山尚義さんが教えてくれ...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...