「筋トレ後はもっぱらサラダチキン」、という人にこそおすすめしたいメニュー

筋肉をつくりあげるのはたんぱく質。となれば、ワークアウト後はとにかくお肉を食べればOK……とはいかないのがヒトの体の構造。

たんぱく質をうまく吸収するには、バランスの良さが大切ですし、脂肪の多すぎる食事は、せっかくのトレーニングが台無しに。

そこで、ここでは筋トレの後におすすめの軽食をご紹介。

アボカドエッグ

<材料:1人分>
アボカド…1/2個
卵…1個
みそ…小さじ1/2
塩こしょう…適量

<作り方>
1.アボカドの中央をスプーンで少しすくってくぼみに味噌を塗り、卵を落とす。

2.170度に熱したオーブントースターで10分焼き、塩こしょうをふる。

豆腐と鶏ひき肉のつみれ

<材料:1人分>
鶏ひき肉:100g
みそ:小さじ1
もめん豆腐:50g
片栗粉:大さじ1
こしょう:適量
A水:200ml
A鶏がらスープの素:小さ1/2
A醤油:小さじ1/2
塩こしょう:適量
青ネギ:2本

<作り方>
ボウルに鶏ひき肉、みそを入れて粘りがでるまでこねたら、もめん豆腐、片栗粉、こしょうを加えて全体が混ざるまでこねる。鍋にAを入れて強火で煮立て、1を5等分してスプーンで丸めて加えて2分煮る。青ネギをキッチンバサミで1cm幅に切って加えて出来上がり。

カジキのナッツソテー

<材料:1人分>
クルミ:10g
カジキ:1切れ
A酒:大さじ1
A醤油:小さじ1
Aみりん:小さじ1
オリーブオイル:小さじ1

<作り方>
フライパンにオリーブオイルをひいて中火で熱し、カジキを焼いて火を通す。そこに粗みじん切りにしたクルミ、Aを加えて絡めてカジキにかけたら完成。

あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
仕事帰りにジムに行ってトレーニング。そんな生活を送っている人は少なくないだろう。でも、クタクタになった後に、栄養バランスを考慮した食事を準備するのはハード...
脚の部分痩せをするときに、多くの人は筋トレが足を太くしてしまうと考えてしまうのではないでしょうか。でも、そんな心配もなく短時間で美しい脚を目指すことができ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?