超速パスタクッキング。茹で時間「おおよそ1分」

パスタをつくる際にもっとも意識するのは、麺の茹で上がりに合わせてソースを調理すること。茹で時間が長いものだと、ソースが煮詰まってしまったり。逆算してつくればいいことくらい頭でわかっていても……ですよね。

そこで、スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。あくまで目安ですけど、これならソースをある程度仕上げておいてからでもOK。

茹でる前に「浸す」

なんでもないことなんです。ただ、水に浸しておく。これだけ。

数時間〜ひと晩、パスタを水に浸しておくだけで、指定の茹で時間があるにも関わらず、おおよそ1分で茹であげることが可能に。たとえば今夜はパスタと決めているなら、朝家を出る前に水に浸しておく。これだけでもサッと調理ができますよ。

時短テクといえばそうなんですが、キャンプなどアウトドアシーンで活躍するのがこの方法。密封袋に水を入れてパスタを放り込んだら、そのままキャンプ場に持ち込む。到着する頃にはいい塩梅に浸水し、大きな鍋でたっぷりのお湯がなくても、外でおいしいパスタ料理ができるというわけ。

ただし、「早ゆで」などの表記があるパスタは、水を吸収しやすいつくりのため、柔らかくなり過ぎてしまうので要注意。

Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。だけどこのパスタ、ハーブとレモンでさっぱり仕上げているから、クリームベースなのに軽めな口あたりで、ペ...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
「Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Cr...
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...