超速パスタクッキング。茹で時間「おおよそ1分」

パスタをつくる際にもっとも意識するのは、麺の茹で上がりに合わせてソースを調理すること。茹で時間が長いものだと、ソースが煮詰まってしまったり。逆算してつくればいいことくらい頭でわかっていても……ですよね。

そこで、スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。あくまで目安ですけど、これならソースをある程度仕上げておいてからでもOK。

茹でる前に「浸す」

なんでもないことなんです。ただ、水に浸しておく。これだけ。

数時間〜ひと晩、パスタを水に浸しておくだけで、指定の茹で時間があるにも関わらず、おおよそ1分で茹であげることが可能に。たとえば今夜はパスタと決めているなら、朝家を出る前に水に浸しておく。これだけでもサッと調理ができますよ。

時短テクといえばそうなんですが、キャンプなどアウトドアシーンで活躍するのがこの方法。密封袋に水を入れてパスタを放り込んだら、そのままキャンプ場に持ち込む。到着する頃にはいい塩梅に浸水し、大きな鍋でたっぷりのお湯がなくても、外でおいしいパスタ料理ができるというわけ。

ただし、「早ゆで」などの表記があるパスタは、水を吸収しやすいつくりのため、柔らかくなり過ぎてしまうので要注意。

Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY

関連する記事

いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...