イタリアには「貧乏人のためのパスタ」が存在した

1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメニューはじつに1,347品。私たちは、その10分の1も知らないはず。

ここで紹介する「スパゲティ・ポヴェレッロ」も、レアの部類。よく知るパスタとは、ひと味違うはずです。

イタリア独男の
TKP(卵かけパスタ)

「貧乏人のためのパスタ」「スパゲティ・ポヴェレッロ」

スパゲティ・ポヴェレッロは、ニンニクで香りづけをしたパスタに目玉焼きをのせるという、イタリアらしからぬメニュー。しかも「貧乏人のパスタ」なんて、だいぶネガティブな名前で呼ばれています。

ごく希に日本でも提供するレストランを見かけますが、じつは現地ではほとんど店でみかけることはないんだとか。というのも、料理のできない(日常的にほとんどしない)独り身の男性や、料理に手間をかけていられない時に、ちゃっちゃとつくって食べる。こういうイメージが強いからなんだそう。

<材料>
・パスタ:100g
・卵:2個
・パルメザンチーズ:大さじ2
・オリーブオイル:大さじ1
・にんにく:1片
・黒こしょう:適量

<つくり方>

まずは卵で目玉焼きを2個つくっておきます。フライパンにオリーブオイルと薄切りにしたにんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ったら目玉焼きを加えて軽くほぐす。そこに茹でたパスタ、茹で汁(大さじ2)、パルメザンチーズを加えて和えます。器に盛り付け、もう一つの目玉焼きをのせてパルメザンチーズと黒こしょうをお好みで。

これが手抜き料理?とろ〜りとろける目玉焼きがリッチな味わい。病みつきになるはずです。

いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。だけどこのパスタ、ハーブとレモンでさっぱり仕上げているから、クリームベースなのに軽めな口あたりで、ペ...
「ナイキ」が、ランナーが怪我をせず速くなることをサポートするランニングシューズの新作を今月、来月と続けてリリース。
渋谷宮益坂下にオープンした「東京たらこスパゲティ」。新しい次元で和食とパスタをクロスオーバーさせた「進化系たらこスパ」専門店。
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
世界11ヵ国で販売されているライスパスタ「PERFECT EARTH」が日本上陸。
完全栄養食を開発・販売する「BASE FOOD」と共同開発した完全栄養パスタ「ミートクリームソース BASE PASTA」。全国の店舗で展開中。
食品ベンチャー企業「ウェルナス」が、世界で初めて「ナス」の睡眠改善効果を臨床試験で確認した。これは関与成分である「ナス由来コリンエステル」が、自律神経調に...
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
「水で洗って何度も使えるノート」が、新たな進化を遂げた。メモすることのハードルを徹底的に下げたデジタル時代の革新的ノートが完成した。
「ルイ・ヴィトン」のアンバサダーにこの人が就任!
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
一見「デコレーションケーキ」、解凍すると「パスタ」に大変身する商品「Decopa」。監修は、ヒルトンやシェラトンなどで経験を積んだ本格フレンチシェフ・井川...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...