「パスタ=太る」の誤解。ダイエット中の正しいパスタ選び

ダイエット中だって「つきあい」はあります。会食でひとりだけ低カロリーな別皿ってわけにもいきません。そんなとき、何を基準に選びますか?見た目やイメージでなんとなく選んでいては、知らないうちに逆効果なんてことにも。

残念なチョイスを避けるテクニックを、手島奈緒さん著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)でチェック。外食時に役立つ知識が盛りだくさん。

ソースの脂質+アボカドより、
「ペペロンチーノ」をチョイス

「パスタ=太る」誤解

さっぱりバジルのソース「ジェノベーゼ」は、グリーンの見た目も相まって、なんだかヘルシーな印象ですが、実際はどうなのでしょう。

ジェノベーゼに使うバジルソースは、一般的にバジルペーストにオリーブオイルや松の実などを加えてつくるもの。ソースの脂質が多くなるため、パスタの具には注意が必要です。例えばエビは低カロリーですが、スーパーフードといえど、アボカドは脂質多め。具材に選べば全体的に高カロリーになると考えられます。

ペペロンチーノは、一見「がっつり飯」ですが、魚介ならホタテをチョイスするのがおすすめ。タウリンが豊富に含まれ、疲労やストレス、アルコールなどで疲れた肝臓を元気にしてくれるほか、血糖値や血圧の上昇もおさえてくれます。貧血予防に効くビタミンB12も豊富で、脂質は少なめで女子に嬉しいパスタです。

「パスタ」と「生パスタ」の
違いをおさらい

生パスタとパスタの違い

生チョコ、生ビール、生キャラメル……。「生」とつくと、それだけで魅力的に聞こえてしまうから不思議ですよね。もちろん、生パスタも例外ではないハズ。では、実際にパスタと生パスタは何が違うのでしょう。

◎パスタ(=乾燥麺)

材料:デュラムセモリナ粉

特徴:ゆで時間が長い。歯ごたえのある食感。伸びにくい

デメリット:乾燥させる過程で、風味が抜けやすい

◎生パスタ(=生麺)

材料:店ごとに様々な種類の小麦粉が使われている。たまごが入っている場合が多い

特徴:ゆで時間が長く、モチモチとした食感と小麦粉の風味が楽しめる

デメリット:伸びやすい

ちなみに、パスタは小麦粉などを練った種類の総称。スパゲッティやニョッキ、マカロニなどは、パスタの種類のことです。

「パスタ=太る」の誤解

「パスタ=太る」誤解

ランチにパスタを食べたいけど、炭水化物だから太りやすいよね…と、なんとなくためらってしまうことはありませんか?「パスタ=太る」というイメージが強いのですが、実は以外にそうでもないのです。

GI値という言葉を知っていますか?これは食品を食べた際に血糖値が上昇するスピードを数字で表したものです。数字が高いほど、血糖値の上昇スピードは早くなります。

これを下げるために膵臓からインスリンというホルモンが分泌されるのですが、血糖値が急上昇すると大量にインスリンが分泌され、脂肪を蓄積しやすくなってしまいます。

つまり、GI値が高い=太りやすいと言えるのです。

実際にGI値を見てみると、ごはんは81、うどんは85、それに対してパスタ類は65と意外に低め。これは、パスタの原料のデュラムセモリナ粉の消化吸収が、一般的な小麦よりもゆっくりとしているからです。

生パスタは、デュラムセモリナ粉だけで作られていないので、GI値だけで見ると、パスタの方が若干低めですが、使用している具材によるので一概には言えません。食べ方に気をつけて、血糖値上昇をおさえましょう。

<血糖値を上げないパスタの食べ方>

①パスタの前にサラダかスープを
パスタはGI値が低いとはいえ、炭水化物には変わりありません。セットにサラダやスープをつけて、糖質の吸収をゆるやかに。

②ソース選びに注意
カルボナーラやクリームソースは、生クリームなどが入っているので脂質も多め。食物繊維やリコピンがとれるトマトベースか、ペペロンチーノなどのオイルベースのものがおすすめ。

③具材選びにひと工夫
ベーコンなどの肉類が入っていると、さらに脂質がアップ。魚介類や、野菜やきのこが入ったものがベスト!

関連する記事

いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
世界11ヵ国で販売されているライスパスタ「PERFECT EARTH」が日本上陸。
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。だけどこのパスタ、ハーブとレモンでさっぱり仕上げているから、クリームベースなのに軽めな口あたりで、ペ...
完全栄養食を開発・販売する「BASE FOOD」と共同開発した完全栄養パスタ「ミートクリームソース BASE PASTA」。全国の店舗で展開中。
高級イタリアンレストラン「SALONE」グループ秘伝のパスタを自宅で手軽に味わえるプロジェクトが、応援購入サイト「Makuake」でスタート。
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
エコフレンドリーな製品を手がける「Pela」が、廃棄物を肥料に変えるコンポストマシン「Lomi」の販売をクラウドファンディングサイト「Indiegogo」...
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
一見「デコレーションケーキ」、解凍すると「パスタ」に大変身する商品「Decopa」。監修は、ヒルトンやシェラトンなどで経験を積んだ本格フレンチシェフ・井川...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
世界的ブームのグリーンティから派生して、いまじゃMatcha(抹茶)が当然のようにメニューにも登場。「これは低カロリーでしょ…」、となんとなくのイメージで...
美食の本場・イタリアの食品会社「Barilla」が“新しいパスタの形”を募集するコンテストを開催中らしい。
米国の研究によると、人工甘味料を使った食品でも太ることが判明したとのこと。「カロリーゼロ」はただの幻想だった!?
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
渋谷宮益坂下にオープンした「東京たらこスパゲティ」。新しい次元で和食とパスタをクロスオーバーさせた「進化系たらこスパ」専門店。
毎日バランスよく栄養をとりたい──。こう思っている人ほど、ランチ時にサラダを“ドカ食い”していたりします。コンビニサラダでも、レストランでも。だけど、結局...
ご飯のカロリーってどのくらい?ご飯が太るって本当?知っているようで知らないご飯のこと。今回は、糖質や1日の摂取量の目安といった基本知識から、ダイエット中の...
カナダの「Rice Straw Technologies」という企業が製造するのは、米からできたストローだ。
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
たった1種類のパスタとワインで攻める究極の美食体験ができる渋谷のレストランOUT〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-7-14 VORT青山103htt...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!
「Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Cr...
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...