断然コメ派!に伝えたい。雪国発の「ショートパスタ」

普段、パスタといったらいわゆるスパゲッティばかり食べていて、マカロニもサラダくらいだし、強いて言えばたまにお店でペンネ・アラビアータを注文するくらい…。という人、比較的多くいると思います。

さまざまな形があるパスタの中でも、ショートパスタはソースが絡みやすいから、健康志向で塩分控えめな調理を好む人でも美味しくいただけて、オススメしたいもののひとつ。

色々なショートパスタを調べていると、栄養価が高く、さらに変わった形のパスタがありました。しかも日本の山形県に。

発芽米入りの「和」パスタ

468117954651750453598953773465604840572359540736

山形県西川町にある、万年雪を頂く霊峰「月山」の麓にある製麺所が作った「雪結晶パスタ」。グッドデザイン賞を受賞したこの繊細な形はもとより、注目はソースの絡みやすさと栄養価。

小ぶりながらも、結晶の隙間がソースをしっかり抱え込むから、少し薄味な味付けでも美味しくいただけるし、山形のブランド米「つや姫」の発芽玄米を生地に練りこんであるので、脳の疲れに良いとされるGABAが豊富で健康的。

白玉のかわりに「おしるこ」に入れるのもGOODです。

ヘルシーにパスタをいただく

5808068369580032

以前、血糖値をあげないパスタの食べ方をご紹介しましたが(こちら)、ソースの味付けも塩分控えめにして、ショートパスタをチョイスすれば、より健康的なパスタ生活が送れそう。

しかもロングパスタのように一気に巻いて食べることができないから、ひと口の量が少なくなり早食い防止に

これまで自炊をする際に、スパゲッティをチョイスしがちだったけど、見た目にも華やかで健康的なショートパスタに、これからはトライしてみたいものです。

Licensed material used with permission by 玉谷製麺所
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。だけどこのパスタ、ハーブとレモンでさっぱり仕上げているから、クリームベースなのに軽めな口あたりで、ペ...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
アドレナリン全開だったんでしょうね。
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
雪の結晶は「同じものはふたつとない」と言われます。美しくも複雑な幾何模様は、まさに自然の神秘ですが、無数のかたちがあるからこそ、そのなかに何を見出すかであ...