ショートパスタで代用するラザニアは「あり合わせ」ではなくギリシャ風だった

イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました。こちらはチューブ型のパスタを層にしたもの。

ということは、わざわざ平打ちの専用パスタを用意しなくたって、ギリシャ風を楽しむっていうのもアリですよね。

ギリシャスタイルでいただく
ショートパスタのラザニア

<材料> 2〜3人分

・マカロニ:100g
・ミートソース:1袋
・ホワイトソース:200g
・ピザ用チーズ:100g

<作り方>

まずはマカロニを茹でます。耐熱容器に茹でたマカロニとミートソースを入れて混ぜたら、ホワイトソースを上からのせてピザ用チーズを散らします。あとは250℃に予熱したオーブンで10分ほど焼いたらできあがり。

仕上げに刻んだパセリを散らすと彩りもよくなります。ラザニア用の平打ちパスタがなくてもできるギリシャ風ラザニア。わざわざ買いに走る必要も、ありませんね。

andmore
他の記事を見る
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。だけどこのパスタ、ハーブとレモンでさっぱり仕上げているから、クリームベースなのに軽めな口あたりで、ペ...
ギリシャの家庭料理には、食用の葉っぱでお米やひき肉を詰めて煮込んだものがあります。「ドルマダキア」がそれ。調理法はとってもシンプル。これをおつまみにお酒を...
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
ニューヨークで高級ギリシャ料理レストラン「Loi Estiatorio」を営む、シェフのマリア・ロイさんが、地中海料理の上手な取り入れ方を「The New...
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
タンパク質が多く低カロリーな「ギリシャヨーグルト」は、デザートとしてだけでなく、料理にも使えてとにかく汎用性が高い。今ではスーパーでも買えるほど身近になり...
「ニョッキ」といえば、おもにジャガイモと小麦粉を練り合わせてつくるパスタの一種。レストランで食べたり、できたものを買ってくることはあっても、“自宅でつくる...