イタリアで人気の「ゼンパスタ」など。ダイエッターにおすすめのパスタをまとめて紹介!

近年、「太る原因は糖質だった」と様々なメディアで騒がれていますね。 その影響もあってか「パスタは太るから……」と敬遠している人もいると思います。

とはいえ、麺類は簡単にやめられるものではないのです。専門的な話になりますが、麺類には、喉越しや、すすった時の触覚刺激があります。また、絡んだソースや出汁によってダイレクトに口内の味覚受容体に届き、美味しいという感覚を刺激します。いくら太ると言われても、これらの感覚はなかなか忘れられないものなのです。

「ダイエットはしたいけど、パスタは食べたい!」というワガママな人に、この3種類のパスタをオススメします。

イタリアから日本にも
人気が飛び火!
「ゼンパスタ」

th_pasta2

まずは、パスタの本場イタリアで人気を獲得した『ゼンパスタ』。日本の乾燥しらたきを使ったパスタの代替商品です。乾燥させることで弾力のある歯ごたえと、ソースの絡みやすさを実現しています。とくに体型管理が必要なモデルさんに愛用されているそうです。 味は若干こんにゃく特有の風味がします。

ちなみに『ゼンパスタ』が手に入らないという人は、市販のしらたきでも代用可能です。フライパンで乾煎りをし、水分をしっかりと飛ばせばOK。食べ応えは十分です。

ソースと絡みやすく
食感もばっちり
「ベジパスタ」

th_pasta4
ローフードの世界で話題になったベジパスタ。ローフードとは加熱をしない食事を摂る健康法です。

作り方はシンプルで、生で食べられる野菜を薄くパスタ状にスライスすることでパスタに見立てます。スライスは包丁を使うと難しいので、スライサーを使うのがベター。 生のまま食べられるので、ローフード愛好家に親しまれていますが、さっとゆがいてソースと絡めても美味しいですよ。

野菜の歯触りのある食感が心地よく、かさも増えて彩りも良くなるので、代替品とはいえ、かなり満足度が高いのが特徴です。

美容効果も期待!
スーパーフードで作る
「キヌアのクスクス風」

th_pasta3
数あるスーパーフードのなかでも、人気が高いのが南米原産の雑穀です。キヌアはネット通販でも売っていますし、スーパーなど量販店でも取り扱いが増えて買いやすくなりました。

これを世界最小のパスタであるクスクスに見立てて調理することでヘルシーパスタに早変わり!

キヌアの味は香ばしい野性味ある香りがしますが、胡椒やハーブや香りの強いオリーブ油を使うことで食べやすくもなります。これに野菜や生ハムを刻んでドレッシングを和えると完全に見た目もクスクスです。キヌアのプチプチとした食感が加わるので歯触りや噛みごたえが加わってさらに満足度もアップしますよ。

パスタは太るという概念を覆す、近年話題になったネオパスタをご紹介しました。ダイエット中の方はもちろん、どれも家で試しやすいのでぜひ食べてみてください。

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
線路沿いの古民家をリフォーム人と人をつなぐ中目黒のコーヒーショップONIBUS COFFEE〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-14-1http:/...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
ダイエット中の残念なチョイスを避けるテクニックを、手島奈緒さん著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)でチェック。外食時に役立つ知識が盛り...
「Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Cr...
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。だけどこのパスタ、ハーブとレモンでさっぱり仕上げているから、クリームベースなのに軽めな口あたりで、ペ...
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...