これは、間違いなく「パスタ史」をゆるがす大事件だ!

Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Crabillさん、これ本気で言ってんの?が第一印象だったくらい。

だけど読み進んでいくうちに、誤解していた自分を恥じてしまいました。だってこのテク、永いパスタ料理の歴史における大革命になるかもしれないんだから。

パスタは茹でる前に
することがある

よく、料理ハックのひとつとして、一定時間パスタを水に浸してから茹でるという方法があります。乾物を水で戻すのと同じ要領で水に浸しておく(太さにもよるが2〜3時間が目安)わけですが、これにより茹で時間を短縮させたり、もちもち感をUPさせるというアイデア。

でも、どうやらそれとは別もの。水に浸すことは同じなんですが、その前に画期的なある工程がありました。

オーブンで乾燥パスタを
10分ロースト

219af60cbeb5f770442c22ce64bea101e621b0ba

Annieによると、どうやらこのアイデアの出自は『Ideas in Food』という料理本らしいのですが、そこにパスタのロースト法が紹介されていたんだとか。そう、乾燥パスタをオーブンでロースト。

たしかに、ローストすることで風味は凝縮されていきます。けれど、それは野菜やフルーツに限ったことかと。まさかパスタでも…半信半疑だったAnnieも、早速それをトライ。

以下、彼女のレシピを参考に。

バットにスパゲッティ(もしくはブカティーニ)を満遍なく敷きつめて、175℃に予熱したオーブンで10〜15分間、黄金色になるまでロースト。

できあがりが上の画像。なんだかグリッシーニみたい。

冷蔵庫で2〜3時間
じっくり水に浸す

A287870ce08fc1f088650ad2c29502a9c2e97f00

こうしてローストされたスパゲッティが完全に冷めたら、今度はそれを保存用ビニールバッグに入れて水を加え、空気を出して密封状態にして、冷蔵庫で2時間半。

これを普通のパスタと同じように鍋で茹でると、ナッツやトーストに近いロースト香がするんだそう。Annieはこれを、「どこか異国で嗅いだことのある懐かしい匂いがした」と表現。分かるような、分からないような…。

それでも、これまでの人生における食事体験のなかでもハイになった瞬間だった、と振り返っていました。

3e342242d51368a8befb976ce1d7f7efc73007b5

さらには、こんな表現もしています。

おもしろいことに茹で上がったスパゲッティは、ゴムのように弾力性があったんですが、それをソースと絡めたとたん、ちょうどいい具合のアルデンテに。

う〜ん、これはもう自分で試してみないことには、ね。

合わせるソースは
シンプルがベター

Aff8b068041477d84c81dced95f5630f98a90f32

最後に未知なる遭遇を体験したAnnieから、このローストパスタにおすすめのソースを紹介してもらいました。どちらもシンプルさゆえにナッツの風味を引き立ててくれるはず。

Cacio e Pepe(カチョエペペ)
ローマの名物パスタ。茹で上げたパスタにペコリーノチーズとブラックペッパーを会えるだけ。ナッツの風味を感じるにはいいかも。

Aglio e Olio(アーリオ・オリオ)
にんにくとオリーブオイルのうま味を引き出した、こちらもシンプル・イズ・ベストなソース。アレンジ次第で野菜や魚介を加えて。

Licensed material used with permission by Food52
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
フレッシュなパスタを作るのって、一種の秘法。でもこれ、紐解くと意外とカンタン。なのに「手作りなの」と言うだけで、周りはあなたを魔術師かのように崇拝してくれ...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
カメラの絞りのように、側面にあるレバーをぐぐっとスライドさせていくだけで、人数分(1人〜4人前)が量れるという設計。これは、ちょっと試してみたい!