今夜つくって明日飲める「自家製レモネードシロップ」にトライ!

こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシピのおすそわけ”をいただきました。

教えてくれたのは池尻大橋のストリートバー「LOBBY」。

さあ、一緒に作ってみませんか?

材料6つ、調理時間10分!
自家製レモネードシロップ

お店でも提供しているレモネードシロップのつくりかたを教えていただきました。とってもカンタン。しかも、ひと晩でできちゃうって!?

ソーダで割ったり、焼酎やジン、ウォッカを加えてもいいし、ヨーグルトにかけてもおいしくいただけるそうですよ。

©2020 NEW STANDARD

<材料>

・レモン:4個
・ブラウンシュガー(三温糖かきび砂糖):350g
・ホールクローブ:8〜10個
・ホールカルダモン:5〜7個
・ローズマリー:3房ほど
・ハチミツ:大さじ1

<レシピ>

①よく洗ったレモンを5mm幅くらいに薄く輪切りにしていく。

※レモンは防腐剤が付着していない無農薬のものがベター。

©2020 NEW STANDARD

② 煮沸消毒した密封瓶にブラウンシュガーとレモンを交互に重ね入れる。

©2020 NEW STANDARD

③ 重ねた②の上にクローブ、カルダモン、ローズマリー、ハチミツを入れる。

④ フタをして冷蔵庫で一晩寝かせたら完成。

※ブラウンシュガーが溶けきっていないときは瓶を軽く振って攪拌してみてください。今の時期は冷蔵庫での保存がオススメです。

©2020 NEW STANDARD

ちなみに、こちらはお店で2週間ほど寝かせた状態。レモンの果汁でブラウンシュガーがシロップになっています。

レモンの他にもオレンジやライムでつくってもOK。

©2020 NEW STANDARD

シロップを使ったLOBBY「自家製レモネード」をつくってもらいました。

シロップの分量は30mlほど。甘いのがお好みならシロップを多めにし、甘すぎるときはフレッシュレモンを搾り入れて、キリッと味を引き締めてどうぞ。

ポイントは、製氷機の氷でなく、かち割り氷を使うこと。溶けにくいため水っぽくならずおいしく飲めます。うすはりグラスやワイングラスで飲めばテンションUP!

©2020 NEW STANDARD

もちろん「自家製レモンサワー」も。

氷を入れたグラスにキンミヤ焼酎40mlを入れて氷と馴染ませる。レモネードシロップ20mlを加えソーダでアップ。全体をゆっくり混ぜ合わせれば完成。お好みでフレッシュレモンを搾り入れてキリッとさせてもおいしくいただけます。

LOBBYの世界観が
自宅でも楽しめる!

©& Supply

現在、お店は休業中ですが、自宅でもLOBBYの世界観を楽しんでもらえるよう、ホームプロダクトやグッズを制作しています。次々と新商品が追加されますので、ぜひHPをチェックしてみてください。また、お店存続のためクラウドファンディングにも挑戦中!

詳しくはこちらから。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
この時期サイコーにおいしいのが「レモネード」。NYで話題の飲み方や、インド流のスパイシーなアレンジでいただくものから、宮崎県日南市の超レアなレモンを使った...
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
ヨーグルトにかけたり、紅茶に入れたり、あるいはサイダーで割ったりと、いろんな楽しみ方ができるジンジャーシロップを自宅でつくっちゃいましょう!
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
11月26日、「Airbnb」が世界中の家庭料理を作って楽しめる新カテゴリー「クッキング体験」のローンチを発表し、豪華なキャンペーンをおこなっている。
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に関わるみなさまから、“レシ...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」にたずさわるみなさまから、“...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。