わかるのは、使う鍋と素材だけ。どんな料理ができる?

料理上手な友人とレストランで食事をしていたときのこと。

「美味しいね!」
「う〜ん。美味しいけど、何が入っているんだろう?」

と首をかしげる彼女。味に感動して終わりではなく、それを自分で作りたくなるんだそう。

なんでも、完成した料理を食べ、具材や調味料、作り方を想像しているらしいのです。料理を脳内で逆再生するとはなんてレベルが高い。

もしかしたらその子の頭の中、こんなイメージが働いているのかも?って思ってしまいました。さて、あなたは何の料理かわかりますか?

“おいしい湯気”が
想像できますか

多分なにかに使うソース…。

にんじん、玉ねぎ、トマト…この茶色いのはなんだろう?

これはきっとムニエル!(でもヒラメ?カレイ?)

ハンバーグ!

なんかもう色々わかんないけど、お花みたいなのが好きです。

トロトロになる前に並べるとかわいらしいですね。

素材だけでもう、美味しそう。

Licensed material used with permission by Mikkel Jul Hvilshøj
「Pasco」の焼成後冷凍パンブランド「L’Oven」と鍋料理の相性を、慶応義塾大学が研究・開発したAI味覚センサー「レオ」で実証実験。結果は……。
オールラウンドで使えるサンダルとして大人気の〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉のEVAシリーズ。POPで、元気いっぱいの発色は開放的な夏にピ...
紹介するのは、シンガポールのレストラン「Spice World Hot Pot 香天下火锅」が提供しているタピオカ入りの火鍋です。
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
マレーシアで愛される鍋料理「スチームボート」。
渋谷の鍋料理店「ゆるり屋」では、発酵食品を使った人気鍋に皮付きピーナッツを合わせた健康効果が高い鍋を考案。ピーナッツは、オレイン酸や食物繊維が豊富に含まれ...
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
実はこれ、食品サンプルではないんです。
「CAMP FIRE」にて支援募集中の持ち運び可能なモニター「TRIO」なら、手持ちのノートPCがトリプルディスプレイ化。テレワークでも生産性MAXで作業...
一部店舗で限定販売だった「松屋」の「シュクメルリ鍋定食」。Twitterで話題となり、ついに全国展開へ。
中国の杭州市に、空前のリラックス方法がありました。「火鍋風呂」です。四角い浴槽の中を9つに区切り、その一つひとつにレタスやトウモロコシ、唐辛子などを入れて...
すべては、極上のシメのため。コタキナバルの「蒸し鍋」について。
強い火力で、ごはんが美味しく炊ける「鍋炊きごはん」。ですが、常にガス台のそばで見張っていなければならないため、ワンタッチで予約ができる炊飯器と比べて「手軽...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第六弾は、山形・鋳心ノ工房発、「鉄」の置き型風鈴。950年以上の歴史を持つ伝統工芸でありなが...
どうやって?と思ってしまうような機能を持つ圧力鍋「SUR’POT」。料理をするのに、電気もガスも要りません。簡単にご飯を炊き上げることができるんです。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
名店「鮨さいとう」と現代アートギャラリー「NANZUKA」のコラボレーションにより、昼は「NANZUKA」によるギャラリー、夜は「鮨さいとう」の至高のメニ...
LAで大人気「台湾ひとり鍋」が渋谷区宇田川町に日本初上陸。ぼっち飯の選択肢がさらに広がりそう。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。