使えば使うほどグッとくる「フリー素材」

すべて無料。商用利用も可。
なのに、きれいなだけじゃない。

見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる絶景写真がズラリ。

「フリー素材」「フリー素材」「フリー素材」「フリー素材」「フリー素材」

全国のハイアマチュアたちが
日本の魅力を伝える伝道師になる

これらは、経産省主導で公開された写真共有サイト「FIND/47」の写真。北海道から沖縄まで、47都道府県の絶景写真が揃っています。

眺めててうわあーっと感情が揺さぶられるような景色や、こんな場所もあるんだと気づかされるスポット、その場に身を投じたくなるような瞬間がたくさんあります。

写真を撮っているのは、そのほとんどがプロではなく日本全国にいる一般ユーザー。ただし、何度も何度も同じ場所に通い、“足で写真を撮り続けている人たち”の作品も集約されているから、腕前や機材以前にそこに居合わせたかが重要な決定的瞬間も集まってるんです。

しかも、使用条件を守れば、写真はぜーんぶ自由に使えて商用利用可。撮影スポットに関する基礎的な旅行情報もチェックできます。

サイトには、探す、出会う、参加する、と選択肢が3つ。見るだけもよし、使ってもよし、参加してもよし。観光地の基礎情報や外国人向けのサービスも写真にリンクしているので、使えば使うほどその土地の魅力を拡散できる仕組み。

そのコンセプトも公開されており、その考え方に共感してサービスを利用しているフォトグラファーも多いとか。

自分の写真が広告に使われるかも!

「フリー素材」

画像ファイルを無料ダウンロードすると、同時にクレジット表記のメモが手に入るので、著作権のアレコレってむずかしい、という人でもかんたんに使えます。そのぶん、投稿した自分の写真がどこかで使われる可能性も高いかもしれません。

参加しているユーザーにお話を聞くと、「もし自分の写真が広告などに利用されているところを街角で見かけたら、自慢するわけではないけれど、ニヤッとするでしょうね(笑)」なんて意見もありました。

自画自賛しちゃう写真の1枚や2枚、どこかに眠っているものですが、このサイトに投稿しておけば、そういうこともあり得るかも。参加してみるのも、アリです。

Licensed material used with permission by FIND/47