ライオンに食べられるかも!?「旅ラン」で行けちゃう特別な世界

ご存じですか、旅行も一度にできちゃう「旅ラン」
「旅ラン」とは旅行をした先でマラソン大会に参加すること。わかりやすいところでは、海外マラソンの定番になっている「ホノルルマラソン」なんはまさにそれです。

で、調べてみると海外までいって参加するレースって妙なものがけっこう多い!お揃いのコスプレしたり、氷点下の中で雪原を走ったりとかいろいろあります。
その中でも、旅行会社のツアーもあり、比較的参加しやすく、走る環境も面白くて、記念になる!そんなレースを見つけてきました。

音楽とマラソンの融合に興奮
「ラスベガスロックンロールマラソン」

©Las Vegas News Bureau
©Las Vegas News Bureau

米国を中心に世界7カ国、30都市以上で開催されているマラソンシリーズのひとつ「ロックンロール・マラソンシリーズ」。元祖ミュージックマラソンとして人気が高く、20年以上の歴史を誇る大会。
文字通り、ラスベガスで開催されるシリーズのひとつは、夜に行われる世界最大級のナイトマラソン。世界的に有名なラスベガス・ストリップ通りの夜景の中、1マイル毎に設置されたステージから響くバンドの生演奏にノリノリになって走ります。ライトアップされたホテル街の中なので、テンションもあがるお祭りレース。レース後、そのままお祭り気分でエンターテイメントショーに溢れるラスベガスを夜通し楽しめます!

マジカルで最高にハッピーなレース
「ランディズニー」

©Disney
©Disney
©Disney

世界のディズニーリゾートで開催されるマラソンシリーズ。初心者ランナーから記録にチャレンジするシリアスランナーまで、誰もが“マジカルな思い出”をつくること間違いなし。
テーマパークやリゾート内を走り抜け、ミッキーやディズニーのキャラクターたちから祝福を受けるゴールって、理由抜きにハッピーになれます!
どのレースも週末の開催で、プログラムはフル、ハーフのほか、10km、5km、キッズレース、ベビーによるおむつレースもあるので、家族みんなで楽しめます。

サファリでライオンに遭遇はNG
「ビッグ・ファイブ・マラソン」

©Albatros Adventure Marathons
©Albatros Adventure Marathons
©Albatros Adventure Marathons
© Albatros Adventure Marathons /YouTube

参加者にとって最大のスリルは、野獣たちのランチになるかもしれない危険性。そんなマラソンレースのコースは、南アフリカのサファリ保護区内に設定された42.195キロ。
ゾウ、サイ、バッファロー、ライオン、ヒョウというアフリカ五大野獣の王国を走るのがレース名の由来だとか。観客はコース近くに現れるシマウマやキリン、ヌー、チーターなどの野生動物。フェンスや川はもちろん、アフリカの野生動物とランナーを隔てるものは一切なし。
銃も装備した監視員が見張ってるとはいえ、唯一無二のワイルドさ。安全性から約300人のエントリー制限がある様子。しかし、妙に心惹かれるレースであるのは間違いありません。

NFL選手と同じフィールドでゴール
「グレート・アロハ・ラン」

©Photos Courtesy of the Great Aloha Run
©Photos Courtesy of the Great Aloha Run
©Photos Courtesy of the Great Aloha Run

日本ではお馴染みのホノルルマラソンより参加者が多く、ハワイ最大のチャリティランニングイベントというレース。アロハタワーをスタート地点にハワイの風を感じながら8.2マイル(約13km)の道のりを走ります。子供からシニアまで様々な年代の人々が参加。ジョギングやウォーキング、そしてベビーバギーを堂々と押して走るファミリーまでいるのも魅力。
ゴールのアロハスタジアムは、米国プロアメリカンフットボールリーグ・NFLのオールスター戦が開催される立派な球場。普段なかなか入れないフィールドでフィニッシュした後は、スタジアムに設置されたステージで、フラやロックバンド、そしてたくさんの地元スポンサーによる抽選会など、エンターテイメントを楽しめるお祭りイベントです。

 

「マラソンってキツイ!」ってイメージばかり持っている人も多いかと思いますが、世界にはこんな面白い場所で走れるレースもあるんです。
走るだけじゃなく非日常体験に飛び込める「旅ラン」。本格的にランニングシーズンにもなってきましたし、変わったご褒美のあるプランであれば、興味本位からでも旅立ってみたくなるのでは?

Top image: © Albatros Adventure Marathons

関連する記事

海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
海外まで行ってクルーズの旅を楽しんできたら、思わぬ発見!船の外周デッキで走って汗を流す。それでいて、着替えや休憩、食事に困らない。まるで、海を一緒に動く“...
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
フローズンミール「ロイヤルデリ」から、世界各国の料理を家庭で楽しめる"世界を旅する福袋"が発売される。今月18日(金)から数量限定で受付をスタート。
今春、海外旅行向けヘアケアブランド「GLOBAL TRAVEL」が新たに誕生。「世界のどこでも、美しい髪へ」をテーマに、旅行中の髪の悩みに寄り添った商品を...
オランダ・アムステルダムを拠点とするデザインスタジオ「VOUW」が考案した「Bloomlight」は、通行人に反応する不思議な街灯だ。通行人に向かって曲が...
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。