ライオンに食べられるかも!?「旅ラン」で行けちゃう特別な世界

ご存じですか、旅行も一度にできちゃう「旅ラン」
「旅ラン」とは旅行をした先でマラソン大会に参加すること。わかりやすいところでは、海外マラソンの定番になっている「ホノルルマラソン」なんはまさにそれです。

で、調べてみると海外までいって参加するレースって妙なものがけっこう多い!お揃いのコスプレしたり、氷点下の中で雪原を走ったりとかいろいろあります。
その中でも、旅行会社のツアーもあり、比較的参加しやすく、走る環境も面白くて、記念になる!そんなレースを見つけてきました。

音楽とマラソンの融合に興奮
「ラスベガスロックンロールマラソン」

©Las Vegas News Bureau
©Las Vegas News Bureau

米国を中心に世界7カ国、30都市以上で開催されているマラソンシリーズのひとつ「ロックンロール・マラソンシリーズ」。元祖ミュージックマラソンとして人気が高く、20年以上の歴史を誇る大会。
文字通り、ラスベガスで開催されるシリーズのひとつは、夜に行われる世界最大級のナイトマラソン。世界的に有名なラスベガス・ストリップ通りの夜景の中、1マイル毎に設置されたステージから響くバンドの生演奏にノリノリになって走ります。ライトアップされたホテル街の中なので、テンションもあがるお祭りレース。レース後、そのままお祭り気分でエンターテイメントショーに溢れるラスベガスを夜通し楽しめます!

マジカルで最高にハッピーなレース
「ランディズニー」

©Disney
©Disney
©Disney

世界のディズニーリゾートで開催されるマラソンシリーズ。初心者ランナーから記録にチャレンジするシリアスランナーまで、誰もが“マジカルな思い出”をつくること間違いなし。
テーマパークやリゾート内を走り抜け、ミッキーやディズニーのキャラクターたちから祝福を受けるゴールって、理由抜きにハッピーになれます!
どのレースも週末の開催で、プログラムはフル、ハーフのほか、10km、5km、キッズレース、ベビーによるおむつレースもあるので、家族みんなで楽しめます。

サファリでライオンに遭遇はNG
「ビッグ・ファイブ・マラソン」

©Albatros Adventure Marathons
©Albatros Adventure Marathons
©Albatros Adventure Marathons
© Albatros Adventure Marathons /YouTube

参加者にとって最大のスリルは、野獣たちのランチになるかもしれない危険性。そんなマラソンレースのコースは、南アフリカのサファリ保護区内に設定された42.195キロ。
ゾウ、サイ、バッファロー、ライオン、ヒョウというアフリカ五大野獣の王国を走るのがレース名の由来だとか。観客はコース近くに現れるシマウマやキリン、ヌー、チーターなどの野生動物。フェンスや川はもちろん、アフリカの野生動物とランナーを隔てるものは一切なし。
銃も装備した監視員が見張ってるとはいえ、唯一無二のワイルドさ。安全性から約300人のエントリー制限がある様子。しかし、妙に心惹かれるレースであるのは間違いありません。

NFL選手と同じフィールドでゴール
「グレート・アロハ・ラン」

©Photos Courtesy of the Great Aloha Run
©Photos Courtesy of the Great Aloha Run
©Photos Courtesy of the Great Aloha Run

日本ではお馴染みのホノルルマラソンより参加者が多く、ハワイ最大のチャリティランニングイベントというレース。アロハタワーをスタート地点にハワイの風を感じながら8.2マイル(約13km)の道のりを走ります。子供からシニアまで様々な年代の人々が参加。ジョギングやウォーキング、そしてベビーバギーを堂々と押して走るファミリーまでいるのも魅力。
ゴールのアロハスタジアムは、米国プロアメリカンフットボールリーグ・NFLのオールスター戦が開催される立派な球場。普段なかなか入れないフィールドでフィニッシュした後は、スタジアムに設置されたステージで、フラやロックバンド、そしてたくさんの地元スポンサーによる抽選会など、エンターテイメントを楽しめるお祭りイベントです。

 

「マラソンってキツイ!」ってイメージばかり持っている人も多いかと思いますが、世界にはこんな面白い場所で走れるレースもあるんです。
走るだけじゃなく非日常体験に飛び込める「旅ラン」。本格的にランニングシーズンにもなってきましたし、変わったご褒美のあるプランであれば、興味本位からでも旅立ってみたくなるのでは?

Top image: © Albatros Adventure Marathons
海外まで行ってクルーズの旅を楽しんできたら、思わぬ発見!船の外周デッキで走って汗を流す。それでいて、着替えや休憩、食事に困らない。まるで、海を一緒に動く“...
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
シャッターの切り替えもフィルムの巻き取りも完全手動式で電源不要、というインスタントカメラ「Escura Instant camera 60s」が発売。
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。