ライオンに食べられるかも!?「旅ラン」で行けちゃう特別な世界

ご存じですか、旅行も一度にできちゃう「旅ラン」
「旅ラン」とは旅行をした先でマラソン大会に参加すること。わかりやすいところでは、海外マラソンの定番になっている「ホノルルマラソン」なんはまさにそれです。

で、調べてみると海外までいって参加するレースって妙なものがけっこう多い!お揃いのコスプレしたり、氷点下の中で雪原を走ったりとかいろいろあります。
その中でも、旅行会社のツアーもあり、比較的参加しやすく、走る環境も面白くて、記念になる!そんなレースを見つけてきました。

音楽とマラソンの融合に興奮
「ラスベガスロックンロールマラソン」

5912020754890752
©Las Vegas News Bureau
5387710021763072
©Las Vegas News Bureau
5482966960570368
©Las Vegas News Bureau

米国を中心に世界7カ国、30都市以上で開催されているマラソンシリーズのひとつ「ロックンロール・マラソンシリーズ」。元祖ミュージックマラソンとして人気が高く、20年以上の歴史を誇る大会。
文字通り、ラスベガスで開催されるシリーズのひとつは、夜に行われる世界最大級のナイトマラソン。世界的に有名なラスベガス・ストリップ通りの夜景の中、1マイル毎に設置されたステージから響くバンドの生演奏にノリノリになって走ります。ライトアップされたホテル街の中なので、テンションもあがるお祭りレース。レース後、そのままお祭り気分でエンターテイメントショーに溢れるラスベガスを夜通し楽しめます!

マジカルで最高にハッピーなレース
「ランディズニー」

5387799058448384
©Disney
4853074287919104
©Disney
6439122847662080
©Disney

世界のディズニーリゾートで開催されるマラソンシリーズ。初心者ランナーから記録にチャレンジするシリアスランナーまで、誰もが“マジカルな思い出”をつくること間違いなし。
テーマパークやリゾート内を走り抜け、ミッキーやディズニーのキャラクターたちから祝福を受けるゴールって、理由抜きにハッピーになれます!
どのレースも週末の開催で、プログラムはフル、ハーフのほか、10km、5km、キッズレース、ベビーによるおむつレースもあるので、家族みんなで楽しめます。

サファリでライオンに遭遇はNG
「ビッグ・ファイブ・マラソン」

6520001913683968
©Albatros Adventure Marathons
5426483963101184
©Albatros Adventure Marathons
4890116367581184
©Albatros Adventure Marathons
© Albatros Adventure Marathons /YouTube

参加者にとって最大のスリルは、野獣たちのランチになるかもしれない危険性。そんなマラソンレースのコースは、南アフリカのサファリ保護区内に設定された42.195キロ。
ゾウ、サイ、バッファロー、ライオン、ヒョウというアフリカ五大野獣の王国を走るのがレース名の由来だとか。観客はコース近くに現れるシマウマやキリン、ヌー、チーターなどの野生動物。フェンスや川はもちろん、アフリカの野生動物とランナーを隔てるものは一切なし。
銃も装備した監視員が見張ってるとはいえ、唯一無二のワイルドさ。安全性から約300人のエントリー制限がある様子。しかし、妙に心惹かれるレースであるのは間違いありません。

NFL選手と同じフィールドでゴール
「グレート・アロハ・ラン」

6009771878514688
©Photos Courtesy of the Great Aloha Run
5979628640403456
©Photos Courtesy of the Great Aloha Run
5996816310992896
©Photos Courtesy of the Great Aloha Run

日本ではお馴染みのホノルルマラソンより参加者が多く、ハワイ最大のチャリティランニングイベントというレース。アロハタワーをスタート地点にハワイの風を感じながら8.2マイル(約13km)の道のりを走ります。子供からシニアまで様々な年代の人々が参加。ジョギングやウォーキング、そしてベビーバギーを堂々と押して走るファミリーまでいるのも魅力。
ゴールのアロハスタジアムは、米国プロアメリカンフットボールリーグ・NFLのオールスター戦が開催される立派な球場。普段なかなか入れないフィールドでフィニッシュした後は、スタジアムに設置されたステージで、フラやロックバンド、そしてたくさんの地元スポンサーによる抽選会など、エンターテイメントを楽しめるお祭りイベントです。

 

「マラソンってキツイ!」ってイメージばかり持っている人も多いかと思いますが、世界にはこんな面白い場所で走れるレースもあるんです。
走るだけじゃなく非日常体験に飛び込める「旅ラン」。本格的にランニングシーズンにもなってきましたし、変わったご褒美のあるプランであれば、興味本位からでも旅立ってみたくなるのでは?

Top image: © Albatros Adventure Marathons
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
欧州一高いビルになる予定。フロアの多くはオフィスとなるようですが、34基のエレベーターが導入して、待ち時間を大幅に削減するそう。
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
旅には、人生が凝縮されています。
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...