【2014年決定版】ガイドブックには載ってない、一人旅に最適な国ランキング!

気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になることは間違いない。という事で今回は、アメリカの旅行ガイドTRAVEL+LEISUREで発表された、「Best Countries for Solo Travelers(1人旅に最適な国ランキング)」を紹介しよう。

1位:ニュージーランド

1位に輝いたのはニュージーランド。その理由は「1人でも安全に冒険出来るから」だそう。自然豊かなこの国は、国土の約30%以上が自然保護区に指定されている。英語圏の中で比較的物価も安く、治安も良好。実は、知る人ぞ知る「ワイン」の名産地でもある。

2位:ノルウェー

スポットにより様々だが、比較的治安が良いとされるノルウェー。1人旅をしている人も多い。旅の始まりの定番地は、ノルウェー第2の都市であり、フィヨルド観光の玄関口でもある「ベルゲン」

3位:スイス

交通網が整備されており、時間にも割と正確で日本とどこか似た雰囲気を持つスイス。治安の良さで有名な国であったが、近年、窃盗や置き引きが増加しているとの情報もあるので、最低限の注意は払いたい。

4位:コスタリカ

コスタリカは貴重な動植物の宝庫。世界最大級の噴火口を持つ「ポアス火山」や溶岩流出の様子を見る事が出来る「アレナル火山」、手塚治虫の『火の鳥』のモデルになったと言われる「ケツァール」など、手つかずの自然がここには残っている。

5位:オーストリア

オーストリアの首都、ウィーンの街は小さく、最も観光し易い都市の1つでもある。美術館やコンサートホールが街の至る所にあり、芸術好きの旅人にはぴったりの観光地だ。

6位:ベトナム

日本人女性に人気の観光地ベトナムも6位にランクイン。南北に長いこの国は、都市によって異なる雰囲気を持つ。近隣諸国に比べると治安はとても良いが、「スリ」や「ひったくり」には細心の注意を払って行動しよう。

7位:チリ

経済も安定し、国民の生活水準も高く、他の南米諸国に比べて治安が良いとされるチリ。名産は「チリワイン」で、サンチアゴ周辺にはワイナリーが数多く存在する。モアイ像で有名なイースター島は欠かせない観光スポットだ。

8位:日本

日本の警察は世界で1.2位を争うくらい有能だそうで、治安が最も良い国に1つとして挙げられることもしばしば。ちなみに、外国人が選んだ日本観光地Top3は、3位:厳島神社(広島)、2位:広島県平和記念資料館(広島)、1位:伏見稲荷大社(京都)。

8位:スウェーデン

「北欧のヴェネチア」とも呼ばれる水の都、スウェーデン。最も有名な都市はストックホルムだが、バルト海のリゾート地ゴットランド島に港町ヨーテボリなど、他にも個性的な街が点在している。

9位:インドネシア

近年著しい発展を遂げているインドネシア。メインの5つの島と、17000以上の小さな島から成っており、300以上の多様な民族が生活している。バリ島やジャワ島などのリゾート地に加え、歴史的建造物や伝統芸能、緑溢れる自然など、魅力がたっぷりで今一押しの観光地だ。

10位:ドイツ

ベルリンの壁、ノイシュヴァンシュタイン城、ロマンチック街道、オクトーバーフェストをはじめ、他にも魅力が満載のドイツ。おススメの季節は、クリスマスマーケットが開催される冬。これから計画を立ててもまだ間に合うので是非行ってみてはどうだろう。

動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
本は、新しい知恵を与えてくれる。新しい一歩を踏み出す勇気をくれる。そして、旅に出るきっかけになり得ることだってある。今回紹介するのは、読んだら思わず旅に出...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...