看板ネコがお出迎え。地元にとことん愛されるコーヒーショップ

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第9回は「いま、台北で行くべきコーヒーショップ3軒」です。

01.
バリスタ世界チャンピオンが経営
「The Lobby of Simple Kaffa」

2016年にバリスタ世界大会で優勝し、近年の台湾コーヒー業界を牽引する存在である「吳則霖(Berg Wu)」さん。

彼がオーナーを務めるのが「The Lobby of Simple Kaffa」です。

MRT忠孝敦化駅のほど近く、オフィスビルのような外観の建物の地下にひっそりとあります。

あまり広くないので、6名以上の団体はお断りという店内。

オーナーの受賞歴が一目でわかるギャラリーにもなっています。

豆にこだわったコーヒーは、ドリップで一杯200~500元(約600~1,500円)と少々お高め。ドリッパーは台湾メイドのCLEVER DRIPPERという特殊なものを使っており、テイクアウトもできます。

正直、ちょっとびっくりする美味しさでした。これは他では飲めないと思います。

02.
看板ネコがお出迎え。
ローカルに愛される「虎記商行」

MRT中正紀念堂駅から寧波東街へ入る、下町感溢れる雑多なエリア。

ふいに現れる、漢方のお店のような「虎記」の看板。

そして、ネコ。

「虎記商行」の看板ネコは、あくまでもクールにお客さんを歓迎してくれます。

古い家を改装した店内。

2階もあります。秘密基地みたいでワクワク。

短い時間の間に、近所の人がふらりと訪れてはお喋りして帰って行くのをチラホラ見かけました。

どうやら地元の人の憩いの場、という感じです。

味のあるマグで提供されるコーヒー。いただいたハウスブレンドは喫茶店テイストのやや重めの味わいでした。

それにしても、この後ろ姿、貫禄さえ感じます。

03.
シンプルイズベストな
「Paper ST. Cafe」

白と黒を基調にしたシンプルな外観。ウッドテーブルでPCを広げる、やたらとおしゃれな常連客。

複合施設「華山1914文創園区」の目の前にある「Paper ST. Cafe」。

ドリンクやペストリーのメニューも、潔く、シンプル。

いただいたのは、シングルオリジンのエチオピアとブラウニー。目の前でバリスタさんが丁寧にドリップしてくれます。

コーヒーも、ブラウニーも、お店の雰囲気通り上品なお味でした。

いい意味で台湾ぽくない、これぞ逆にディープな一軒です。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
心温まる動画をご紹介。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。