欧米の「ドラフトカクテルブーム」が、ついにアジアへ!

今年の1月末に、通常とは少し異なったカタチでカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。

店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビアサーバーのようなものが置いてあるだけ。

ここでは、ドラフトカクテルが楽しめるのです。

より早く、カンタンに、
カクテルが楽しめる。

数年前からチラホラと耳にするようになった「ドラフトカクテル」。事前に作られたアルコールを、サーバーを使ってグラスに注ぐという仕組みです。

「Draft Land」では、大きく分けて5種類のドラフトカクテルが味わえるそう。

オーナーAngus Zouさんは、提供するアルコールについても軽く説明しています。

01.Non-Alcholic

 「The Bartender’s Guide」の中では、炭酸水や多様な炭酸飲料の作り方が紹介されています。オリジナルソーダを作ることが、古き良き時代に敬意を払うアクションだと信じています。

02.Cobbler

 アルコールや砂糖、柑橘類をグラスに入れ、季節のベリーを飾って、ストローで飲むドリンク。名前の由来は、丸い石(Cobble)のような氷を使ったからと言われているのだとか。

03.Cocktail

 僕たちのカクテルは、あらゆることを計算しています。気体圧力や溶解度、温度、時間、味の変化など。そうして初めて、誇れる1杯ができるのです。

04.Punch

 17世紀の東インドにいたイギリス人たちのドリンクが起源。当時は、Arrackという地酒に、水と柑橘系のジュースを入れ、砂糖と香料で味付けをしていたようです。

05.Fizz

 1870年代、Punchの簡易版として作られたもの。炭酸水から出た泡と「シュワー」という音から名前がつけられたのだとか。

「このような豆知識を知ることで、より多くの人にカクテルに興味を持ってもらいたい」と、オーナーAngus Zouさん。

サーバーがあるおかげで、より早く、カンタンにカクテルを提供できるのもウリだと言います。

ずっと飲んでみたかったけど、バーに行くのはハードルが高くて…なんて人には、ピッタリの場所かもしれませんね。

Licensed material used with permission by Draft Land

台湾にはおすすめスポットがたくさん。

関連する記事

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...