トップクラスのBARでは、あえて「ノンアル」を。

ヴァージン・ピニャ・コラーダ(通称:パイナップル・ココナッツジュース)にはもう飽き飽きで、とうとうノンアルコールカクテルを卒業した、お酒NGの女子&男子諸君。ちゃっかり「お茶セクション」に目移りしているころですか?そんな君たちに「Food52」のSamantha Weiss Hillsさんがひと声。

「ノンアルコールカクテルを見放さないであげて」

だっていま、世界トップクラスのバーが密かに力を入れているのが、そう、ノンアルコールカクテル。ロンドンのとあるバーを例にあげ、気になる理由に迫ります。

カクテルの「質」は
アルコールの有無じゃない

ロンドンのサボイホテル内にあるザ・アメリカン・バー。決して新しいお店ではないけれど、お客様の目にとまるような発明をつねに企てている。

ザ・アメリカン・バーは、ウェブサイトにて下記のように説明。

カクテル界の先駆者となり125年…。著名なるバーテンダー、Ada Coleman、Harry Craddock、そしてPeter Dorelliはここで生まれた。

最近では、マネージャーのDeclan McGurkさんとトップバーテンダーであるErik Lorinczさんが取り組んだカクテルプログラムによって、「The World's 50 Best Bars」(世界のトップを誇るバー50選)にてベスト・バー・イン・ザ・ワールドに選ばれたばかり。

カクテルづくりのバイブル『サボイ・カクテル・ブック』はあるものの、やはりどんなバーテンダーも自己流カクテルをつくるのが好き。しかし彼らは、新作を1、2杯つくる程度には留まらず、テーマごとに毎回メニューをガラッと変えるスタイル。

「Coast to Coast」という新たなメニューは、Lorinczさんいわく、英国を駆け巡る旅をイメージとしてつくったのだそう。これをつくるために、彼らはリサーチを重ねたんだとか。

イギリスはインスピレーションだらけ。海岸線からガーデン<ケント>、シャーウッド森、スコットランドまでね。

とLorinczさん。

旅している間に見つけた具材たちを試験的に取り入れながら、カクテルにマッチするストーリーを練ったんだ。

この旅でつくった新作は、「ガーデン・オブ・イングランド」「アール・デコ」「キャッスル・ロック」「ザ・ペナイン」など。これらはアール・デコのトレイの上に置かれたり、大きなゴブレットやテラリウムのような器に注がれたりと、それぞれ名前の由来に基づいたプレゼンテーションで供される。

そのなかに、誰もが喜んで飲めるメニューが!それはこれらのカクテルのノンアルコールバージョン。イギリス生まれのノンアルコール蒸留酒「Seedlip」を使用しているのだそう。質をキープするのに最適なんだとか。

「お酒を飲まない人にも、類似の体験を味わってほしかった」

とLorinczさん。

お酒を飲む、飲まないに関わらず、揺るがないクオリティのドリンクを提供したい、と彼は付け加える。
ノンアルコールのカクテルを大事にするのは、同店のみならず、ロンドンで名を轟かせる「NightJar」のTony Pescatoriや、「Dandelyan Bar」のRyan Chetiなども同じ(ちなみに両者ともに世界のトップバー)。

幸いなことに、Lorinczさんから「ガーデン・オブ・イングランド」と「アール・デコ」のノンアルバージョンのレシピを教えていただいた。しかし、このバージョンには少々予想外な具材が。自宅でつくるときは、うまく工夫してみて。

4572068586717184
Photo by Jessica Smith

分量を計る際に覚えておきたいこと:イギリスのジガーは25/50ml、もしくは35/70ml。アメリカのジガーだと通常44ml。したがって、50ml必要なら1.5ozが目安。

Licensed material used with permission by Samantha Weiss Hills
Licensed material used with permission by Food52
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
フロリダ州の、とあるBARの女性用化粧室に貼られた、一枚の紙。そこに書かれていたのは、もしも危険なデートで男性から逃げたいシチュエーションのとき、女性を救...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
やはり「芸術性」か「実用性」か……この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
子どもたちがキャーキャー言いながら「ボールプール」で遊んでいるのを見ると、ついこう思ってしまいますよね。「あの中に混ざって一緒に遊びたい…!」そんな欲望を...
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
、認知能力をあげ、頭の回転を早くするための「栄養バー」なるものの存在を知ってますか?
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
フォーブス・トラベルガイドの「眺めのイイ世界のベストバー」を筆頭に、数々の受賞歴を持つ「絶景バー」をご紹介。場所は、インドネシアの人気リゾート地・バリ島。...
暑い夏の定番カクテルといえば、キンキンに冷えた「モヒート」をおいて他にありません。ライムとミントの爽快な味わいは、この上ないベストマッチングですが、ライム...
BARに行ったとき、ウイスキーをニート(ストレート)で飲む女性を見ると、思わずなんてカッコいいんだろう、と思うんです。でも男性からすると、少し近寄りがたく...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
ドイツのお祭りに登場する屋台のなかに、心もカラダもあったまる、とっておきのカクテルが店を出します。当地ではとってもポピュラーなこのカクテルは、ココアをラム...