ノンアル派に試してほしい次世代のカクテル......その名も「モクテル」!

「MOCKTAILS(モクテル)」とは、「似せた・真似た」という意味の「mock(モック)」と「cocktail(カクテル)」を組み合わせた造語で、ノンアルコールカクテルのこと。イギリス・ロンドンでは、カクテルでもない、ジュースでもない、新しいジャンルとして、バーだけでなく街のカフェなどでもこの「モクテル」が人気なのだという。

銀座のショットバー「BAR vitaminG(バー バイタミンジー)」では、話題のモクテルをアレンジした独自のノンアルコールカクテル「銀座モクテル」を2019年11月8日から発売した。

メニューは「柿とダージリンのモクテル」(柿+ダージリンティー+サングリアシロップ)、「さつま芋のバニラスムージー(さつま芋+牛乳+コンデンスミルク+バニラシロップ+クラッシュアイス)、「アップル・モーニ」(りんごジュース+グレープフルーツジュース+トニックウォーター)の3種。

旬の素材を使い、その素材のおいしさを引き出すためにシロップやほかの素材を掛け合わせることで、今までにない新感覚のノンアルコールカクテルになっているという。

近年、アルコールが苦手な人でもバーでおしゃれにカクテルが飲みたいというニーズは高まりをみせている。ノンアルコール飲料市場は、2008年から2018年の10年間で400%の伸び率。世の中がノンアルコール飲料を選ぶ理由としては「車を運転したいから」「明日の予定に響くから」「アルコールが苦手だから」だけでなく、「健康のため」や「美味しくなった」などさまざまで、今後さらなる市場の伸びが期待されているのだとか。(以上、サントリー ノンアルコール飲料レポート2018より)

アルコールも、ノンアルも、それぞれの良さがある。いずれの市場も賑やかになり、気分や状況に応じて私たちの選択肢が増えるのは喜ばしいことだ。

BAR vitaminG

【公式ホームページ】http://vitaming.tokyo/

Top image: © 2019 BAR vitaminG
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
10月4日〜13日まで開催された「ロンドン・カクテル・ウィーク 2019」で世界的なウイスキーメーカー「The Glenlivet(ザ・グレンリベット)」...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を見て暗号解読に挑戦してみたいという人がいるならば、ぜひイギリス・チェルシーにあるバー「The ...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
欧米のミレニアルズの宗教離れが進んだと同時に、人気が高まってきたと言われる星占い。ロンドンのバー「Barts」が、今夏限定で星座ごとの特徴を反映したカクテ...
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
No.(カフェバー)代々木上原を動画で紹介
株式会社ツドイは、本格的ノンアルコールドリンクのみを提供する「Bar Straw」をオープン。第1回は9月4日(水)19:00〜22:00に神楽坂「かもめ...
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
12月20日、「UNIT + B1FLAT」にて23時から「ライゾマティクス」がオーガナイズするイヤーエンドパーティーが開催。なかなかのアツい夜になりそうだ。
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
フーコック島のホテルの19階にあるバー「INK360」。同島で一番高い場所にあり、もちろん景色は抜群。メニューにはないスペシャルカクテルもあります。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「Victoria Bitter Tea」は、お茶なのにビール風味を楽しめるということがウリだ。
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...