ノンアル派に試してほしい次世代のカクテル......その名も「モクテル」!

「MOCKTAILS(モクテル)」とは、「似せた・真似た」という意味の「mock(モック)」と「cocktail(カクテル)」を組み合わせた造語で、ノンアルコールカクテルのこと。イギリス・ロンドンでは、カクテルでもない、ジュースでもない、新しいジャンルとして、バーだけでなく街のカフェなどでもこの「モクテル」が人気なのだという。

銀座のショットバー「BAR vitaminG(バー バイタミンジー)」では、話題のモクテルをアレンジした独自のノンアルコールカクテル「銀座モクテル」を2019年11月8日から発売した。

メニューは「柿とダージリンのモクテル」(柿+ダージリンティー+サングリアシロップ)、「さつま芋のバニラスムージー(さつま芋+牛乳+コンデンスミルク+バニラシロップ+クラッシュアイス)、「アップル・モーニ」(りんごジュース+グレープフルーツジュース+トニックウォーター)の3種。

旬の素材を使い、その素材のおいしさを引き出すためにシロップやほかの素材を掛け合わせることで、今までにない新感覚のノンアルコールカクテルになっているという。

近年、アルコールが苦手な人でもバーでおしゃれにカクテルが飲みたいというニーズは高まりをみせている。ノンアルコール飲料市場は、2008年から2018年の10年間で400%の伸び率。世の中がノンアルコール飲料を選ぶ理由としては「車を運転したいから」「明日の予定に響くから」「アルコールが苦手だから」だけでなく、「健康のため」や「美味しくなった」などさまざまで、今後さらなる市場の伸びが期待されているのだとか。(以上、サントリー ノンアルコール飲料レポート2018より)

アルコールも、ノンアルも、それぞれの良さがある。いずれの市場も賑やかになり、気分や状況に応じて私たちの選択肢が増えるのは喜ばしいことだ。

BAR vitaminG

【公式ホームページ】http://vitaming.tokyo/

Top image: © 2019 BAR vitaminG
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界のミレニアル世代やZ世代から生まれた「ノンアルコール」ブーム。ドイツ発のプロテインビールや、ノンアルワイン、モクテルなど多様化するノンアル飲料。アメリ...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
「天満天神梅酒大会」で日本一を受賞した梅酒「百年梅酒」が、ノンアルコールの梅酒をリリース。これが、タダモノではなかった!
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
今月9日、年々高まる「ノンアルコールブーム」を加速させる専門ECサイト「MARUKU」がオープン。コンビニやスーパーではあまり見ることのできない、レアで貴...
ノンアルコールの新世界を開拓をする専門ブランド「のん」から、新飲料「のん-THE NON-AL SPIRITS-」が予約販売中。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...