君も「実験台」になりたい?不気味な色のカクテルばかりが並ぶバー

昼は中華街だけど、夜はクラブ街と化するオーストラリア・ブリスベンのフォーティテュードバレー。ここに見たこともないカクテルばかりを提供するバー「Viscocity」があります。

ドリンクの写真を見るとどれもキツイ色ばかりですが、「化学」をテーマにしていると聞いて納得。グラス代わり使われている試験管やビーカーも理科室のような雰囲気を醸し出しています。不気味な色のカクテルを飲めば、まるで実験の被験者にでもなったかのような気分に!?

これまでも似たようなテーマを掲げたバーはありましたが、ここまでビジュアルに気合を入れているところは珍しいのではないでしょうか。

どれほど前からこの“化学実験”が行われているかは不明ですが、驚くことにバーは家族経営で100年間も続いているのだとか。一度は行ってみたいな〜。

Reference: Viscocity, Metro
Top image: © 2018 kinsey johnson
他の記事を見る
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を見て暗号解読に挑戦してみたいという人がいるならば、ぜひイギリス・チェルシーにあるバー「The ...
フーコック島のホテルの19階にあるバー「INK360」。同島で一番高い場所にあり、もちろん景色は抜群。メニューにはないスペシャルカクテルもあります。
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
やはり「芸術性」か「実用性」か……この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
大昔に使われていた給油タンク「ジェリカン」をリサイクル!クールなバーキャビネットに生まれ変わりました。雰囲気がバツグンです。扉はミラーのテーブルになってる...
音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
ドイツのお祭りに登場する屋台のなかに、心もカラダもあったまる、とっておきのカクテルが店を出します。当地ではとってもポピュラーなこのカクテルは、ココアをラム...