君も「実験台」になりたい?不気味な色のカクテルばかりが並ぶバー

昼は中華街だけど、夜はクラブ街と化するオーストラリア・ブリスベンのフォーティテュードバレー。ここに見たこともないカクテルばかりを提供するバー「Viscocity」があります。

ドリンクの写真を見るとどれもキツイ色ばかりですが、「化学」をテーマにしていると聞いて納得。グラス代わり使われている試験管やビーカーも理科室のような雰囲気を醸し出しています。不気味な色のカクテルを飲めば、まるで実験の被験者にでもなったかのような気分に!?

これまでも似たようなテーマを掲げたバーはありましたが、ここまでビジュアルに気合を入れているところは珍しいのではないでしょうか。

どれほど前からこの“化学実験”が行われているかは不明ですが、驚くことにバーは家族経営で100年間も続いているのだとか。一度は行ってみたいな〜。

Reference: Viscocity, Metro
Top image: © 2018 kinsey johnson
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
ノンアルコール飲料の需要は年々高まっており、イギリス・ロンドンでは新しいジャンルとしてバーやカフェなどでも「MOCKTAILS(モクテル)」というノンアル...
9月14日、渋谷の雑居ビルのどこかに、〆パフェとカクテルを味わえる大人のパフェバー「Remake easy(リメークイージー)」がオープンする。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...