クラフトビールに負けない、この夏の「新定番カクテル」3つ

今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。

キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今年はちょっと変わったカクテルで夏の暑さを楽しむのはどう?どれも“のど越し”とはひと味違った爽快さが魅力だ。

01.
太陽とハーブがとけ込んだ
南仏生まれの「パスティス」

67716d8bbf4b91cb687f16059c65632d60923e3b

南仏で欠かせない夏の食前酒といえば、まず「パスティス」が思い浮かぶ。マルセイユ生まれのこのリキュール、本場フランスでは年間約1億3,000万リットル(国民一人当たり約2リットル)が消費されているんだとか。

八角に似た香りを持つ香草アニスと、リコリス(甘草)をアルコールで漬け込んだものが一般的だけれども、その歴史は古く、フェンネルやローズマリーを加えたパスティスなど多種多彩。

日本でも比較的簡単に手に入るパスティス用リキュールとして、「ペルノー」「リカール」「51」などが有名。アニス香の違いをそれぞれに楽しめる。

さて、鉄板の飲み方は至極カンタン、氷を入れて水(ソーダでも可)で割るだけ。これがイチバンうまい。これが南仏の定番スタイル。現地のカフェやブラッスリーでは、夕涼みをしながら、またはペタンクの合間にオランジーナで割った変わり種を楽しむ人の姿も。

02.
定番「モヒート」にひとひねり
ウォッカベースで“大人味”に

6eb6c3ac6f3768040cb6680ff25b990ccab2d210

爽やかなミント、フレッシュなライム、そしてラムの甘い芳香が渾然一体となった「モヒート」は、夏に限らずオールシーズン、ウェルカムな人気ドリンク。そのベースとなるリキュールはラム(主にホワイトラム)だ。

サトウキビを主原料にして作られるラムは独特の甘い香りが代名詞。ここにミントにライムが加わる分、甘ったるさに清涼感がプラスされるんだけれども、一般的なモヒートのレシピは、さらにガムシロップなどで甘みがプラスされていることは、意外と知られていない。

食後酒として飲むならこれでいい。けれど、食事と一緒にというのであれば、ベースは断然ウォッカがおすすめ。どんな料理とも相性がよく、変に味を邪魔することがない。お店でも気軽に受け付けてくれるので、ラムの代わりにウォッカ・モヒートを楽しんでみよう。もちろん、ガムシロも抜きにして。

03.
キンキンに冷やした紅茶に
「ディタ」をちょい足し

0076b5e963ebc8814e69821e74b68aa51b350343

ライチの魅力が凝縮したリキュールが「ディタ」。グレープフルーツジュースとトニックウォーターで割ったディタ・スプモーニや、シンプルにソーダで割るだけで十分うまい。

けれど、これでは夏のカクテルとして芸がない。そこでおすすめしたいのが、キンキンに冷やしたアイスティーでディタを割る飲み方。名付けるならばディタ・アイスティーといったところ。お風呂あがり、火照ったからだに瑞々しいライチ香のアイスティーが最高にうまい!

こちらはノンアルコールだけれど、中国安徽省(あんきしょう)では、紅茶にライチの香りを吸着させたフレーバーティー(茘枝紅茶)が、涼を誘う夏のお茶として古くから親しまれている。合わないはずがないマッチング、と言えるでしょ?

レシピなんて細かいことはどれも必要なし。TPOに合わせて自分の気分で濃度は調節。あとは、それぞれにマッチするお気に入りのグラスを見つけに街へ出よう。もちろん、暑いけどね。

暑い夏の定番カクテルといえば、キンキンに冷えた「モヒート」をおいて他にありません。ライムとミントの爽快な味わいは、この上ないベストマッチングですが、ライム...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
食べられるビールがある──。こう言い切るには若干語弊がありますが、ビール醸造過程において、使用済みの穀物を再利用してつくる食品がありました。おいしいクラフ...
春は出会いの季節。老若男女あらゆる人と、おしゃべりをする機会も多いことでしょう。誰もがわくわくする話題に事欠きたくないあなたへ、特別な「地ビール」の情報を...