クラフトビールに負けない、この夏の「新定番カクテル」3つ

この時期、キンキンに冷えたビールはたしかにウマイ。だけど、今年はちょっと変わったカクテルで夏の暑さを楽しんでみては?

“のどごし”とはひと味違った爽快さが魅力。正直、どれも午前中からいきたい気分!

01.
太陽とハーブがとけ込んだ
南仏生まれの「パスティス」

南仏で欠かせない真夏の食前酒といえば「パスティス」。

マルセイユ生まれのリキュールで、八角に似た香りを持つ香草アニスとリコリス(甘草)をアルコールで漬け込んだものが一般的。その歴史は古く、フェンネルやローズマリーを加えたパスティスなど多種多彩だ。日本でも比較的簡単に手に入るパスティス用リキュールとして、「ペルノー」「リカール」「51」などが有名。アニス香の違いをそれぞれに楽しめる。

さて、鉄板の飲み方がこちら。

氷を入れて水で割るだけ。ソーダでも可。南仏の定番スタイルだが、これがイチバンうまい。現地のカフェやブラッスリーでは、夕涼みをしながら、またはペタンクの合間にオランジーナで割った変わり種を楽しむ人の姿も。

02.
定番モヒートにひとひねり
「ウォッカ」ベースでオトナな飲み口

爽やかミントとフレッシュライム、そこにホワイトラムの芳香が渾然一体となった陽気なカクテル「モヒート」。夏に限らずオールシーズンWELCOMEなわけだけど、ここにガムシロップを加えたレシピが一般的。

食後酒として飲むならこれでいいんだけど、食中にもってくるならば、ベースはラムよりもウォッカが断然オススメ。もちろんガムシロ抜きがシャープに決まる。

どんな料理とも相性よく、味を邪魔することもない。お店でも気軽に受け付けてくれるから、ウォッカ・モヒートを楽しんでみては?

03.
キンキンに冷やした紅茶に
「ディタ」をちょい足し

ライチの味わいが凝縮したリキュールといえば「ディタ」。グレープフルーツジュース&トニックウォーターで割ったディタ・スプモーニもいいし、シンプルにソーダで割るだけで十分ウマイ。でも、これだけでは真夏のカクテルとして芸がない。

そこでオススメしたいのが、キンキンに冷やした紅茶で割ったスタイル。ディタ・アイスティー。風呂上がり、火照ったカラダにみずみずしいライチ香が最高にいける。

紅茶とライチの組み合わせ。こちらはノンアルコールだけど、中国安徽省(あんきしょう)では、紅茶にライチの香りを吸着させたフレーバーティー(茘枝紅茶)が有名。涼を誘う夏のお茶として古くから親しまれている。

 

 

レシピなんて細かいことはどれも必要なし。TPOに合わせて気分で濃度は調節OK。あとは、それぞれにマッチするお気に入りのグラスを見つけに街へ出よう。もちろん、外は暑いけどね。

関連する記事

6月4日より全国のIKEAストアで低アルコールクラフトビールが発売された。ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」の人気ビール4種。
1杯300円からクラフトビールが楽しめる国内最大級のクラフトビールイベント「大江戸ビール祭り2020夏」が7月22日~7月26日、7月29日~8月2日、東...
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...
今、世界中のクラフトビールファンを熱狂させる「The Veil」が、待望の日本初上陸。
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
国内外1400種以上のクラフトビールを取り扱うサブスクリプションサービス「オトモニ」が、お肉と相性バッチリなスパイス「ほりにし」を同梱したクラフトビールセ...
暑い夏の定番カクテルといえば、キンキンに冷えた「モヒート」をおいて他にありません。ライムとミントの爽快な味わいは、この上ないベストマッチングですが、ライム...
新潟県月岡温泉のクラフトビール醸造所「TSUKIOKA BREWERY」が、日本で初めてルビーチョコレートを用いたクラフトビールの醸造に成功
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
リンゴとホップが織りなす爽やかなアロマにハマるシードルを見つけました。
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
東京・裏原宿エリアにオープンしたクラフトビール専門店「threefeet Tokyo」は、100種類以上の品揃えを有し、店頭販売のみならず、近隣への配送、...
クラフトビールのサブスク「オトモニ」がヨーロッパ中のクラフトビールを楽しみながら海外旅行気分が味わえる「ビアトリップセット~ヨーロッパ編~」を発売。
コロナ禍で余剰になったビールや、世界初となるタガメで作ったクラフトジン、ペットボトル入り生ビールなど、2020年に発売された注目のアルコール飲料を5つ紹介...
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
伊豆のレジャー施設「熱川バナナワニ園」と伊豆のクラフトビールメーカー「反射炉ビヤ」がコラボしたフルーツビール「伊豆バナナワニIPA」が、3月15日より販売...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
8月21日発売の「昼ビ」は、本格ビールと同じ麦芽100%、プリン体・添加物(炭酸以外)は一切不使用、飲みやすく、ランチにも合うテイストにこだわって作られた...
「クラフトビール」は、最近よく耳にするものの意味は知らないという人も少なくありません。そんな人は、本記事で”クラフトビールとは何なのか”について確認してみ...
クラフトビールの定期配送サービス「ふたりのみ」は、新型コロナウイルスショックにより苦境に立たされているブルワリーを応援・支援するキャンペーンを実施。
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
海外で見かける缶ビールってデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上にいろいろ楽しめる!そんな世界のLovelyなクラフト缶ビールとして、オレンジ色が...
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
神奈川県のクラフトビールメーカー「サンクトガーレン」は、チョコレート未使用の「チョコビール」を発売。お菓子のような甘さのない、ビターでほろ苦いビールがクセ...