美肌のための日本酒

肌のためのお酒──。といっても、化粧水や乳液のように直接肌に浸透させるわけではなく、おいしく味わい、みんなで楽しむ日本酒。

甘酒の健康効果を称して「飲む点滴」とは、よく耳にするけれど、「肌専用の日本酒」とは、これいかなるもの?

日本酒の「美肌成分」に注目

「shu re」は正真正銘、肌のためにつくられた新発想の日本酒。天狗舞の蔵元で有名な車多酒造が、金沢工業大学との共同研究により開発したプロダクトだ。もちろん、医薬品ではなく、アルコール度17%のれっきとした山廃仕込みの日本酒だ。

「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があるようだ。ここに着目してたどり着いたのが美肌成分α-EG(α-エチル-D-グルコシド)。

一般的な清酒には0.5%ほどしか含まれないそうだが、「shu re」はその約3倍の含有量。α-EGが皮膚真皮層のコラーゲン量を増やす働きをすることを、世界で初めて実証したという。

飲むことで、美肌を叶える日本酒はこうして誕生した。

香り豊かな風味だそうで、そのままでも、カクテルベースにしてもいいらしい。オフィシャルサイトで紹介する、フレッシュフルーツを漬け込んだ「サングリア」や、ソーダで割った涼やかな「ハイボール」などのアレンジを目にするだけでも、自由闊達で軽やかなこのお酒の個性が伝わってくる。

海外のSAKEブームや、クラフトビールの台頭もあり、地域性やつくり手の哲学を感じる酒づくりが着目されることで、日本酒離れが続いていた若い世代も、近年ライスワインに新鮮さを見出している。

言うまでもなく日本酒は、元祖クラフト。だけど、「SAKE for skin」とまでラベルに名打つものが登場するとは……正直、驚きでしかない。美肌を狙う飲みものとしてだけでなく、味わいそのものもじっくりと楽しみたい。

お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
世界の生物多様性が過去50年で68%喪失したことを今月上旬に発表された「WWF」の報告書『Living Planet Report:生きている地球レポート...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
9月10日に公開された「Bloomberg」の記事によれば、「Apple」は従業員に対して独自のマスクを開発したそうだ。
10月1日「日本酒の日」に、オンラインで全国一斉に乾杯をするイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!2020」」が実施される。
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
全国約70蔵約500種類の日本酒が一堂に集結する「日本酒まつり」が、来週24日(木)から5日間、東京「日本橋高島屋」で開催される。
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
薄くて長いソーラーパネルを内蔵し、懐中電灯の機能も備えたモバイルバッテリー「Roll Solar Charger」。持ちやすく軽量で、暗いところで広範囲を...
袋麺でおなじみの「サッポロ一番」のアレンジメニューを提供する「サッポロ一番劇場 @虎ノ門横丁」が、東京・港区の「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」の「虎ノ門横丁...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
佐賀県の情報発信プロジェクト「サガプライズ!」は、「atmos」とコラボし、佐賀県の日本酒をフィーチャーしたオリジナルグッズを展開。 ストリートカルチャー...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...