美肌のための日本酒

肌のためのお酒──。といっても、化粧水や乳液のように直接肌に浸透させるわけではなく、おいしく味わい、みんなで楽しむ日本酒。

甘酒の健康効果を称して「飲む点滴」とは、よく耳にするけれど、「肌専用の日本酒」とは、これいかなるもの?

日本酒の「美肌成分」に注目

「shu re」は正真正銘、肌のためにつくられた新発想の日本酒。天狗舞の蔵元で有名な車多酒造が、金沢工業大学との共同研究により開発したプロダクトだ。もちろん、医薬品ではなく、アルコール度17%のれっきとした山廃仕込みの日本酒だ。

「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があるようだ。ここに着目してたどり着いたのが美肌成分α-EG(α-エチル-D-グルコシド)。

一般的な清酒には0.5%ほどしか含まれないそうだが、「shu re」はその約3倍の含有量。α-EGが皮膚真皮層のコラーゲン量を増やす働きをすることを、世界で初めて実証したという。

飲むことで、美肌を叶える日本酒はこうして誕生した。

香り豊かな風味だそうで、そのままでも、カクテルベースにしてもいいらしい。オフィシャルサイトで紹介する、フレッシュフルーツを漬け込んだ「サングリア」や、ソーダで割った涼やかな「ハイボール」などのアレンジを目にするだけでも、自由闊達で軽やかなこのお酒の個性が伝わってくる。

海外のSAKEブームや、クラフトビールの台頭もあり、地域性やつくり手の哲学を感じる酒づくりが着目されることで、日本酒離れが続いていた若い世代も、近年ライスワインに新鮮さを見出している。

言うまでもなく日本酒は、元祖クラフト。だけど、「SAKE for skin」とまでラベルに名打つものが登場するとは……正直、驚きでしかない。美肌を狙う飲みものとしてだけでなく、味わいそのものもじっくりと楽しみたい。

「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...