「平成」という時代に育まれたヴィンテージ日本酒

2018年、流行語大賞に選ばれたのはカーリング女子日本代表のフレーズ「そだねー」でした。一方でノミネートすら挙がらなかった「平成最後」というワード。来年4月30日まで続くことを思えば当然かもしれない。でも、「平成最後の〇〇」をメディアで見ない日はありませんでした。

昭和生まれの自分にとって、正直この「平成最後」の盛り上がりは横目で見る程度。それでも、あと数日もすれば年と時代を2つ分またぐと思うと、いくらか特別な気持ちにもなるから不思議。

そんな年の瀬に満を持して登場したのが『平成VINTAGE』という名の日本酒です。醸されたのは30年前の平成元年。

新酒にはない
琥珀色の甘美な香り

「新酒」という言葉があるように、一般的に日本酒は秋から冬にかけて仕込まれた、新ものを重宝します。それがここ数年、日本のみならず世界的にファンが急増しているのが熟成古酒。長期熟成させることで、新酒にはないヴィンテージ感のある洗練された味わいが楽しめるから。

古ければ古いほど良しとされるものでもないけれど、中には100万円を超えるプレミアが付く50年近い熟成酒なんてものも存在します。

熟成酒の世界では醸造年の異なるものをブレンドして、味を整えた状態で出荷されるものが多いそうですが、『平成VINTAGE』は30年前に醸したもののみを瓶詰めした、混じりっけのない純米吟醸酒。

なんでも、日本では珍しい硬水で仕込み、山廃造りにこだわり、自然界から乳酸菌を取り込んで酒母をつくったり……。と、日本酒に精通していない自分でも手間と時間をかけて造られたもの、というくらいの想像はつく。さらにそれを醸したのが、現代の名工と謳われる南部杜氏(菊池幸雄さん)と聞けば、きっとこれだけでもファンからすればプレミアレベルなんでしょう。

ただ、そんな前提や背景を抜きにしても『平成VINTAGE』と向かい合ってみたい。味云々はさておき、特番を観たりイベントに参加する以上に、30年という歳月を自分なりに振り返るいい機会を与えてくれそうだから。

同じようなことを考えている酒好きはきっと多いんだと思います。それを証明するようにMakuakeでスタートしたプロジェクトも早々に目標額に到達。1本15,000円(税込)を高いと感じるか安いと思うかは人それぞれですが、栓を開けるとしたら、やっぱりQW真っ只中の4月末日かな。

熟成酒に重ね合せる
自分史30年

最後に紹介するのは、出資を決めた支援者たちからの「応援コメント」の一部。みな、この熟成酒にそれぞれ歩んできた30年を重ね合わせているようです。

 

「平成元年生まれのものです。節目の年に素敵なお酒に出会えました♪」

「30年の歴史を思い返しながら家族で飲みたいと思います」

「……社会人3年目の冬からあと数年で定年を迎える自分のこの30年分が飲めるなんて、ちょっぴり感傷に浸りながら、でも未知のお酒にワクワクしながら封を開けるんだろうなと思うと、もう今から待ち遠しいです。……」

「平成最後に相応しい過ごし方ができそうです!」

Top image: © Makuake

関連する記事

お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
生まれ育った時代が終わる。この不思議な寂しさと焦燥感を、みんなで共有できたらいいのに――『HOTEL SHE,OSAKA』を運営する平成生まれたちが、そん...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
AIライティングレコーダー「VOITER」は、最大集音距離10mの2つのマイクと、360度から集音できる6つのマイクを搭載し正確な録音を実現。またネットワ...
10月1日「日本酒の日」に、オンラインで全国一斉に乾杯をするイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!2020」」が実施される。
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
8月31日、平成生まれの心を鷲掴みしたオールナイトイベントが忘れられない。会場はHOTEL SHE,OSAKA。仕掛け人は全員、平成生まれ。「この時代が終...
結成25周年を迎え、10枚目となるアルバム『メディスン・アット・ミッドナイト』のリリースを控えるフー・ファイターズが、オリジナルの日本酒を発売することを発...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
全国約70蔵約500種類の日本酒が一堂に集結する「日本酒まつり」が、来週24日(木)から5日間、東京「日本橋高島屋」で開催される。
「日本酒蔵組合中央会」が、業界初の試みとして「日本酒」をテーマにした動画作品を募集中。
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
佐賀県の情報発信プロジェクト「サガプライズ!」は、「atmos」とコラボし、佐賀県の日本酒をフィーチャーしたオリジナルグッズを展開。 ストリートカルチャー...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
「ロッテ」から、日本の土地柄を活かして醸造されたお酒を用いた、新チョコレートブランド「YOIYO」が登場。第一弾として、長野県「マルス信州蒸溜所」とコラボ...
熊本の老舗酒蔵「美少年酒造」の大吟醸酒をそのまま配合した除菌アルコールハンドスプレー「Mistgram60」が今月20日(金)から発売。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...