世界一「尖った」日本酒の飲み方。

シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?質感?持ちやすさ?陶芸家・古賀崇洋氏の器は、そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけど、酒器にスタッズって“尖りすぎ”ていないですか。

器にスタッズをつけるのは、
理由がある。

9c895bc57696db470cceefc41fbe0f8ad2e8ba3dC7d353c7463da469e130cd3716121a9d3849f81bD71c84e01716e5d90f7a1ffa1922f025972ab3cc

「器にスタッズ」なんて、きっと奇をてらって作っているんだろうと、たかをくくっていた私。だけど古賀さんに話を聞いてみると、スタッズという表現方法にいたったのには彼なりの思いがあるというではないですか。

そもそものきっかけは、とある「壺」。

数千年前の壺を見た時、「時間の集積による造形の力」をものすごく感じて。そのことからモノに内在する「時間と力」を可視化するというテーマに行き着きました。「力」を表現するために、作品に球体や棒状、円柱状の土を付けたり、逆に彫ってみたり、様々なことを試しました。そのなかで、反骨的な意味があるスタッズを取り入れるようになったのです。

「尖る」に飽き足らず
「装着する」という新感覚

278d7dfa16221e7db043f7ff88f52d12985cfab4C48e4150eaeb99057aafb4578361b7bf99ecbaaa016cda136b982361db1f8e58baf96c585b7516d0

今度はお面?と思いきや、こちらも、れっきとした器。戦国時代に武将が顔面を守るために被っていた防具「頬鎧(ほおよろい)」がモチーフになっています。器と防具とは、またまた奇抜な取り合わせですが、これにもきちんと理由があります。

もともと戦国時代や甲冑が好きなのですが、なかでも頬鎧は、戦う相手を威嚇するために、ときには過剰にも見える装飾性をもっていて、圧倒的な個性が追求されているところに惹かれます。ある時、頬鎧の形状が器のように見え、「装着する器」があったら面白いなと考えるようになりました

古賀さんの作品で、
日本酒が飲める!

2018年1月13日(土)・14日(日) 、そんな古賀さんの作品で、日本酒を飲めるイベントが開催されます。その名も「呑むアート展」。彼の作品からインスピレーションを受けてセレクトされた、20種類の日本酒や甘酒を飲むことができます。

美術館に並んでいるアート作品って、どうも自分の生活と接点がないように感じていたのですが、実際に作品を使えるとなると途端に身近に思えてきました。気に入った作品は、その場で購入もできるそう。古賀さんの酒器の尖り具合、確かめに行ってみましょう。

F54dd6e03bd2160778687d0a757e685e8255d5b2

呑むアート展 古賀崇洋

◎開催期間
2018年1月13日(土)・14日(日)
11:00〜22:00(入館 21:30まで)

◎会場
六本木ヒルズ Cafe THE SUN

◎場所
東京都港区六本木6丁目10−1 六本木ヒルズ 森タワー52階

◎料金
ドリンク代:¥1,000/¥1,500
アート購入:¥10,000〜300,000

◎主催
The Breakthrough Company GO PR / Creative Director 三浦崇宏 

Licensed material used with permission by 呑むアート展
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
9月6日に開催された受賞イベント「Pornhub Awards」に合わせて、ロングスリーブTシャツを一緒に制作しました。
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。...