家飲みに瀬戸内レモンが香る「第三の和酒」

日本酒からつくる焼酎。それも瀬戸内の太陽をたっぷり浴びた無農薬レモンと組み合わせた極上の一品をご紹介。

特別なスピリッツ「琥珀浄酎 Type S」は、瀬戸内の離島、久比(くび)・三角島(みかどしま)を拠点に、全国の日本酒酒蔵の再生を目指すナオライ株式会社がプロデュース。

100%オーガニック米で醸した純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によって、日本酒由来の豊かな香りと風味を凝縮。こうして出来上がった「浄酎」に、瀬戸内育ちの皮まで食べられるミカドレモンの皮で香り付けし、オーク樽で熟成させることで、アルコール度数41度の「琥珀浄酎」に仕上がる。

日本酒がもつ米の香りとミカドレモンの爽やかなアロマが融合した一杯は、はたしてどんな味わいなのか?と期待せずにはいられない。

ここに紹介した「琥珀浄酎Type S」(710ml、税込み1万5000円)のほか、広島産純米酒を使いオーク樽で仕込んだ「Type A」、同じく広島県産純米酒をタンク熟成した「Type B」など、タイプも味わいもさまざま。詳しくは、以下の応援購入サービス「Makuake」サイトで。

©Makauke
©Makauke

琥珀焼酎

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/naorai

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

香川県の特産品「和三盆」をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできた「ラム酒」。
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
普段の家飲みの締めくくりに最適なポートワイン。“ポルトガルの宝石”と謳われるルビータイプのポートワインのなかにあって、抜きに出たコクを感じられる「テイラー...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
コロナ禍で余剰になったビールや、世界初となるタガメで作ったクラフトジン、ペットボトル入り生ビールなど、2020年に発売された注目のアルコール飲料を5つ紹介...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
佐賀県の「小松酒造」がつくる飲むみりん「のみりんこ」は、ブルーチーズとの相性も抜群でワイン好きにもおすすめだ。トロリと濃厚でありながら日本酒に通ずる芳醇な...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
「GREEN FUNDING」にて販売中のタンブラー付きボトル「Firelight Flask(ファイアーライトフラスク)」は、お酒の味にこだわるだけでな...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。