まもなく日本初上陸?マスカットが香るボリビアの蒸留酒「シンガニ」

今一番気になっているお酒は「シンガニ」だ。

シンガニとは、ボリビアの特定の地域でとれたマスカット・オブ・アレキサンドリアから作られた蒸留酒のこと。原産地名保護(PDO=Protected designation of origin)の対象にもなっているお酒で、爽やかな口当たりと、華やかに広がる香りが特徴だが、残念ながら日本でその魅力を知る人はほとんどいない。

しかし、日本でシンガニの試飲会をおこなったところ、試飲した約95%の人が「おいしい」と答えたという。

<シンガニを飲んだ感想(フリーアンサー)>
・華やか、けっこうドライ、香りが長く残る
・マスカットの香りがほんのりする。主張しすぎなく良い感じです
・炭酸で割るとフルーティーさがでてきてさわやかに飲めた
・まろやかだった。ハーブのようなさわやかなイメージ
・ジンジャーエールで割るとほどよく甘くてスッキリと飲めました
・酸味のあるスッキリとした味わい。日本酒にも近い香り
・フルーティーさが感じやすい。甘味も優しく使いやすそう
・マスカットのみずみずしくて甘い香りが広がり、柑橘のさわやかさも感じました
・全体的にバランスが良い。マスカットらしさもほどよく上品でよい
・度数ほどのアルコールの強みはなく比較的飲みやすい
・マスカットの香りが広がります
・グラッパに近い味がしました

このシンガニを、日本で初めて正式輸入しようというプロジェクトが、クラウドファンディングサイト「Makuake」でスタートしている。

リターンとして届けられるのは、シンガニの代表的なブランド「ロス パラレス」。2017年、米国で開催された世界的な酒類コンペティション「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション」において、ダブルゴールドメダルを獲得した世界的にも評価の高いシンガニだ。

海抜1,800メートル以上で育ったブドウで作られたロス パラレスは、活気に満ちた柑橘系の香り、白桃のような甘い香り、花やハーブのような香りも感じられるという。口当たりはなめらかで、長い余韻。

......嗚呼、飲みたい。

Top image: © 2019 株式会社北澤企画事務所
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
快適な睡眠環境を提供するスリープマスク「nodpod」が、カルフォルニアから日本初上陸。ハグをされているような感覚で優しく包み込んでくれる。
ホテルブランド「ヒルトン」から、日本初上陸となるブランド「ヒルトン・ガーデン・イン」を京都に2022年12月開業すると発表された。
今、世界中のクラフトビールファンを熱狂させる「The Veil」が、待望の日本初上陸。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
2月1日、東京・浅草にアメリカで流行中の斧投げBARがオープン。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。