チョコレート好きが、清澄白河に集結するらしい。

チョコレート界隈が騒がしくなる季節がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる人も多いのでは?でも、ここで紹介するのは、見た目の華やかさよりも「作り手の素材や製法へのこだわり」を重視したチョコレート。

作り手も集まるクラフトチョコレートのイベントが開催!

5832099114254336

アメリカのクラフトムーブメントを受けて、数年前から新しいチョコレートのジャンルとして定着しつつある「Bean to Bar」。2018年1月27日土、28日日、世界各地からクラフトチョコレートが集まるイベントが、東京・清澄白河で開催されるそうです。

クラフトチョコというとアメリカのイメージがありますが、今回のイベントはベトナムやインドネシア、アラブなどのチョコレートメーカーも参加。もちろん日本のBean to Barチョコレート職人たちも会場に集まるので、普段は聞くことができないチョコレートのこぼれ話が聞けそうな予感。

ちなみにおさらいしておくと、Bean to Barはカカオ豆BeanからバーBar になるまで、すべての工程を1つの作業所で作るチョコレートのこと。コーヒーのように、産地ごとの豆のよさを引き出すっていうのが特徴です。材料だけでなく、焙煎方法やテンパリングの仕方などの製法にも、クラフトマンそれぞれのこだわりが現れます。

5028596699627520549565446173491263701810057052166674381929447424

上の写真は、昨年に開催されたイベントの様子。

日本初上陸のチョコレートも食べられる貴重な機会、「自分チョコ」を探しに足を運んでみては

Craft Chocolate Market 2018
◎会場
The Fleming House
東京都江東区三好2-6-10
◎開催日時
2018年1月27日(土)11:00〜18:00
2018年1月28日(日)11:00〜18:00
◎入場料
¥1,000(税込)1ドリンク付き(当日限り)
*未就学のお子様は無料
チケット購入:https://peatix.com/event/327390

海外クラフトチョコレートメーカー
Chequessett Chocolate (アメリカ)
MAROU, Faiseurs de Chocolat(ベトナム)
PANA CHOCOLATE(オーストラリア)
Hogarth Craft Chocolate(ニュージーランド)
Hunted + Gathered(オーストラリア)
Mirzam Chocolate(アラブ首長国連邦)
Parliament Chocolate(アメリカ)
Pipiltin Cocoa(インドネシア)
The Smooth Chocolator (オーストラリア)
Svenska Kakaobolaget(スウェーデン)
The Wellington Chocolate Factory(ニュージーランド)
Dandelion Chocolate(アメリカ/日本)

国内クラフトチョコレートメーカー
Artichoke chocolate(東京都)
CHOCOZEYO(高知県)
green bean to bar CHOCOLATE (東京都)
love lotus(石川県)
サンニコラ(石川県)
Artisan Chocolate 33(千葉県)
BENCINY (京都府)
カカオ研究所(福岡県)
CACAO SALON A-fuku(東京都)
chocolat&lee(香川県)
ChocoReko(埼玉県)
CRAFT CHOCOLATE WORKS(東京都)
imalivechocolate (三重県)
Salagadoola(東京都)
sweets ESCALIER(新潟県)
八幡屋礒五郎(長野県)

Photo byDandelion Chocolate Japan
Licensed material used with permission byDandelion Chocolate Japan(HP), Facebook
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
新しいもの、おいしいものが好きな博多の人たちには、嬉しいニュースかもしれません。Bean to Barの火付け役のひとつとも言える「ダンデライオン・チョコ...
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
元来チョコレート好きで、いろんな変わり種チョコレートも食べ歩いてきた私も驚いてしまった。梅干し、奈良漬、柚子酒に山椒!? ロンドンで行われたチョコレートの...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
「スピルリナ」というスーパーフードを知ってますか。30億年前から地球上に存在すると言われている藻類の一種。良質なタンパク質とビタミン、鉄分が豊富なこの藻が...
今年のバレンタインはどんなチョコレートをもらった?板チョコはちょっとがっかりだけど、それが「ビーントゥバー」なら話は別。数年前から話題になっているビーント...
「将棋が好きな人にぴったりのチョコレート」ありきたりな紹介の仕方とは認識しているものの、もはやこのお菓子をそれ以外にどう形容すればいい?よし、どうせなら、...
「ダンデライオン・チョコレート鎌倉店」がオープンしたのは、鎌倉駅の西口から徒歩1分、東口から出ても、2分歩けば十分に到着する絶妙な立地条件だ。
「テオブロマ・カカオ」これは、チョコレートやココアの原料となるカカオの学名。その意味は、“神様の食べ物”。「もう我慢する必要なし」とばかりに、あらゆる研究...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
バレンタインデーまで、もうあとひと月。例年のようにずバレンタイン商戦は活況で、とくに今年は男性が自分のために買う「俺チョコ」なるものが流行るとかなんとか。...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
チョコレートの原料となるカカオが地球上から消滅日が来るかもしれない…。
それは、花びらや木の実で飾り付けたアートなチョコレート。フランス発の「CHOC’FLEURS(ショックフルール)」が、いまInstagramで話題になって...
チョコレートが恋しい季節。ちょっと罪悪感を感じつつも、仕事中のおやつに欠かせない、となかなか手放せない気持ちはわかります。そこで、糖分が含まれている甘いチ...
バレンタインデーは、大切なパートナーへチョコレートを贈る日。男性からすると、もちろんそれだけで十分なのですが、その代わりとして、あるいはプラスして何かをプ...