チョコレートを食べること自体が「脳活」だった!

「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかったんじゃないでしょうか。

2016年、チョコレートを食べることで脳の働きがよくなることは、もはや既成事実。脳トレから「脳チョコ」へ、時代はシフトしています。

チョコは脳の潤滑油だった

オーストラリアの栄養学者ジョージーナ・クリシュトン博士が、長年の調査研究から導き出した答えは、チョコレートを食べることで著しく頭の回転が良くなるというもの。

クリシュトン博士は、NY在住の被験者約1,000人に対し、1970年代からじつに40年にわたって継続的に調査研究(Maine-Syracuse Longitudinal Study)を実施している、国際研究チームのデータをもとに、被験者の生活習慣と健康状態の因果関係を分析しました。

なかでも、2001年から2006年までは食事内容にフォーカス。その統計から明らかになったことが、チョコレートの効果だと「Inc.com」の記事は伝えています。

チョコ好きほど賢い人!?

では、この甘いお菓子を食べることによって、人間の脳にどんな影響が現れるのか。研究者たちが目の当たりにしたのは、週に1度の割合でチョコレートを食べることで、脳の効率を引き上げるということ。

具体的には、視覚空間記憶および視覚的な空間の構成、作業記憶、スキャニングやトラッキング、抽象理論、精神状態の安定を向上させることに影響を与えているらしい、ということ。また、頻繁に食べている人ほど、脳を使うあらゆるテストで優秀な結果を残したそう。

 

脳をブーストする嬉しい成分

つまりは、「チョコは受験生の強い味方」とする日本の売り文句も、じつのところ理にかなったものだった。

脳のエネルギー源となるブドウ糖、カカオに含まれる香り成分が脳をリラックスさせることなどが、よく言われている効果に挙げられます。

ですが、これすら100%の解釈ではないようで。まだまだ、チョコレートと脳の活性化との因果関係を正確に判断するまでには至っていないんだそう。それでも、過去の研究を参照して、ワシントンポストはこう報じました。

「カカオに自然由来する栄養素ココア・フラボノールに脳機能を高める効果があるようだ」と。また、「コーヒーやお茶のように、チョコレートにもメチルキサンチンという、体内のさまざまな機能を向上させる植物成分が含まれていて、これも活性化に貢献している」、との見解。

当然だけど、
食べすぎ注意です!

もっとも、頭を良くしようと、こればっかり食べればいい訳ではないし、賢い人は多く食べているという結論に至るのも早計。当然ながら、「健康な食生活を全体的に考慮したうえでのチョコレート摂取」だと、クリシュトン博士は釘を刺します。

それでもこの結果、なかなかにおいしいハナシ。チョコと上手に付き合いながら、脳活してみてはいかがでしょう。

茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
最近本気が出ない!とこぼしているそこのあなたへ。「I Heart Intelligence」に掲載された、脳の本領を発揮し機能の向上が期待できる9つの方法...
どうすればこのクタクタの体を幸せな気持ちで満たしてあげられるのか。「Spirit Science」によれば、簡単なことで脳内物質を操作できるのだそう。必要...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
「テオブロマ・カカオ」これは、チョコレートやココアの原料となるカカオの学名。その意味は、“神様の食べ物”。「もう我慢する必要なし」とばかりに、あらゆる研究...
これは、人間が記憶を呼び覚ますときの「脳の動き」を表現したもの。
音楽を聴いて鳥肌が立つ人とそうでない人がいます。今まで謎に包まれていたこの現象が起きる理由は、脳の働きの違いにあったようです。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
失恋って、精神的な「死」だと思う。
実年齢だけじゃ、人の“本当の年齢”はわからない。いろいろな人と話してみて常々思うことだ。が、人のことをとやかく言う前に、まずはあなたもトライしてみて!案外...
いまだその全容を解明できずにいる脳の中。まだまだ私たちが知らないことがたくさんあるのです。ここからは米メディア「Higher Perspective」に掲...
仕事の休憩時に、または通勤の電車内で、ちょっと頭の体操を。下のイラストには、6つの数字が書かれています。ただし、そのうちの1つは隠れていて見えません。他の...
生きていくうえで「脳が大切」というのは、すぐ理解できます。考えを司っていて、私たちのカラダの全身に影響をしているからです。そして、ここで紹介するのは、第二...
人間ってすごい!なんと初めての場所で眠る際、脳の半分くらいは防犯のために起きたままでいるんだそうな。「Current Biology」にブラウン大学による...
スキルアップが大切なのはわかっているけど、目の前の仕事に忙殺される…いつかやろうと思っていても、人間は基本的にサボる生き物です。そのまま諦めて放置してはい...