脳を刺激して「なりたい気分」をつくり出すヘッドセット

ニューロサイエンス(神経科学)に基づくウェアラブルデバイスの開発が相次いでいます。情報化社会をフルスロットルで日々生活しているうちに、いつしか自分の思考が追いついていなかった…なんて経験のある人には、こういうデバイスが有用なのかもしれません。

だけど、外部から直接脳に刺激を与えるって、大丈夫なの!?

脳波を刺激して
気分をコントロールするデバイス

目の前の仕事にフォーカスし、ストレスフルな日々をおくり、心落ち着けて眠りに集中する。気分をリラックスさせて心をリセットするためには、脳波がカギを握っています。これを瞑想などで意識的にマインドセットできる人は、そう多くありません。

そこで、脳に直接電気的な刺激を与えて、脳波のスピードを変えることで、気分をコントロールしてしまおうというのが、アメリカで開発されたヘッドセット「ELF emmit(エルフエミット)」です。

平たく言えば、自分自身で心と体のトーンを調整するメトロノームみたいなもの。脳の周波数をいじることで、両者のバランスを意図的に合わせ、ポテンシャルを最大限発揮できる状態にもっていくサポートをしてくれるというのがこのデバイス。

なんだか怖い気もしますが、米食品医薬品局(FDA)による、「人体に悪い影響がない技術」とのお墨付きなんだとか。

自分自身に最適化された
ウェアラブルデバイス

そもそも心と体は、我々が何をしているかに応じて異なる速度で活動しています。それは脳の周波数に由来している、というのがエルフエミット開発者たちの考え方。

たとえば寝ているときやリラックス状態のときほど周波数は低く、逆に創意工夫したり、何かに集中しているときほど高くなる傾向。この周波数のレベルと、目の前のタスクがかみ合わないときに問題が起こるんだそう。

そこで、エルフエミット本体から超低周波の電磁パルス(2~19Hz)を発し、外部から小脳へと直接アプローチをかけるのがこのデバイスの仕組みです。

スマホで操作し、
5つのモードで気分転換

後頭部にエルフエミットを装着したら、スマホやタブレットのイヤホンジャックと接続。あとは、シンプルな無料アプリケーションでモードを選択するだけの簡単操作。集中、アンチストレス、瞑想、ディープラーニング、スリープと、モードは全5種類。パルスの強弱によって脳波をコントロールしていきます。

気分が乗らないときでも集中モードに切り替えたり、騒音が気になる場所でも勉強がはかどる。眠りたいのに興奮してなかなか寝付けない夜にもいいかもしれません。実際、これがどこまで効果が期待できるのかは、試してみないことには分かりませんが。

でもその期待も大きかったようで、クラウドファウンディングで潤沢な資金調達を終え製品化、すでに日本でも販売がスタートしていました。商品自体は129ドル(約13,000円)ですが、輸入手数料などを含めそれでも2万円前後。う〜ん、手の出せない値段じゃないところが、またキニナル!

Licensed material used with permission by Elf emmit
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
2015年4月30日にオンラインで販売を開始してから、数ヶ月間にわたって品切れ状態が続いていたウェアラブルデバイスがある。株式会社ログバーが開発した「RI...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
VRで遊んでる人を、横で見たことありますか?「わー!きゃー!」とか言って、とても楽しそうですよね。大自然のなかに飛び込んだり、本当に目の前にゾンビがいるよ...
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
遊んでるクセに実用性が高い「LORINZAのポーチセット」の紹介です。
エクササイズ×ウェアラブル、高精度な健康管理系のウェアラブル端末は急速に普及し、健康維持に役立てられています。ここで紹介するのもそうしたデバイスのひとつな...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
春は出会いの季節。新しい恋のチャンスが増えたという人もいるのでは?そんな季節にぴったりの、ちょっと変わったアイテムがあります。見た目はイソギンチャクのよう...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「ワクワクするバスグッズ」を3つ紹介。バスボム手作りキット...
最近、サンセットを目にしたのは果たしていつだっただろうか?たまにはビーチに出かけたりして、地平線に夕日が沈むのを眺めながら、ボッーとする時間が必要なのはわ...
"1984年発売の超ロングセラー〈KOSS(コス)〉の「PORTAPRO(ポータプロ)」。現在でも根強い人気を誇るこちらは、装着感がオンリーワンです。"
音にこだわるミュージックラバーにとって、自分好みのサウンドを聴かせてくれるツールはとっても大切。それゆえ、聴く音楽によってヘッドフォンを使い分けている人も...
大画面を映し出してくれる「Cinego」は、ヘッドセットタイプのデバイス。ディスプレイが現れるのは20m先で、そのサイズは400インチ。これなら、映画館さ...
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
アメリカのロックバンドのOK Goの新曲と、そのMVが公開された。エッセンシャルワーカーを讃えた『All Together Now』は、作詞からレコーディ...
「メルカリ」が、モノにまつわるストーリーを通じてモノの価値を伝えるべく「モノ×物語」をテーマにした短編小説を公式Twitterにて公開。
禿げ上がった頭は権力やリーダーシップの象徴?それを実証する研究がさかんに行われているアメリカでは、おおよそ13%の男性がシェイブドヘッド(日本でいうスキン...
雪の上だろうと、フィールドだろうと、たとえそれが街中だったとしても、今やヘルメットだって立派な自己主張アイテムだ。けれど、そのヘルメットとヘッドフォンだけ...
「アンハッピーセット」は、気分がアガらないとき用のバーガーキングの新商品。「むかつく」や「イライラ」など、つらい気持ちを表現した5つのパッケージを用意して...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
大勢のお客さんの前で歌うロックスター。さぞかし気持ちがいいでしょうね!そんな姿に憧れたことがある人も多いでしょう。そんな思いを察してか「誰の中にだって、ロ...
8月中旬、「British Airways(ブリティッシュ・エアウェイズ)」は、新たな機内エンターテイメントサービスを開始。乗客がVRヘッドセットを装着し...