【特集】年収1000万円以上「フリーランスの流儀」vol.4

記事のポイント

・自分が持っている「恐れ」を的確に扱う
・まずは「副業」として始める
・作る成果(ロゴやWEBサイト)ではなく、相手が得られるコトを話す

世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいるようです。

「Six-Figures」と呼ばれている彼ら。どんな仕事で、どんな場所で、どんな考えで生きているのか?彼らの生態にせまる連載です。

第四回目に紹介するのは1年以上旅をし続けつつ、ビジネスコーチとデザイナーとして活躍するKate Bagoy氏。

大学進学のために米軍に入隊。その後デザイナーに転身し、ナイキやデザインコンサルティング企業に勤務。2017年、自らのビジネスとして起業家を支援するオンラインビジネスコースSix Figure Freelancersを立ち上げました。

第一回の記事はこちら
第二回の記事はこちら
第三回の記事はこちら

6482682204651520

私のキャリアは、心が決めてきた

ーーKateさんは、米軍関係の仕事からキャリアを始めたと思うのですが、その後デザイナーに転身していますよね?そのキッカケをお聞きしたいです。

 
18歳のとき、大学に入学するお金を稼ぐために米軍に入隊しました。デザインを学ぼうと決めたのです。アートが自分の情熱でもあったし、職業としても有利な見通しがありましたから。
 
私は根っからの問題解決屋。デザインの中にアートと科学を混ぜることが好きなんです。
 
幸運にも大学を卒業したあと、ナイキでデザインに関係する仕事ができました。でも、最終的にはテクノロジー好きなところもあってUX/UIデザインに転向します。
 
過去10年間に渡って、キャリアはプロダクションアーティスト、マーケッター、デザイナー、ビジネスコーチ、そして起業家と変化してきました。
 
ちょっと普通のキャリアではないですが、自分の心に従ってきたのです。


ーーKateさんは旅が好きで世界中を廻っていると聞いています。独立している今、家でもどこでも働けるのに、あえて旅をしている理由は何でしょうか?
 
たしかにどこでも働けますね。カフェやビーチ、ホテル、もちろん家でも、路地で働いたこともありますよ!
 
昨年から15ヶ月間、ずっと旅し続けています。よく言うデジタルノマド。家も持っていません。
 
この夏にアメリカに戻って、自分の拠点となる家を探すつもりです。でも、4〜6ヶ月にはまた旅に出るでしょうね。
 
旅をすると自分のコンフォートゾーンから抜け出せるので大好きなんです。異なる文化や生き方に触れ、自分がいかに幸運なのかを思い出させてくれます。
5005183020957696
ーーKateさんは今までに多くの起業したい人、フリーランスになりたい人を見てきたと思います。なれる人となれない人の差は、ズバリ何でしょうか?
 
「恐れ」ですね!
 
それが一番の理由で、嫌いな仕事にしがみついて事業を始めないのです。
 
恐れはこんな感情や習慣によく潜んでいます。
・完璧主義
・自己疑念
・不安やネガティブ思考
・怠惰による後回し
 
これらすべてが、恐れの形です。
 
起業家として成功することにあまり才能は関係なく、マインドセットのほうが大きく関係しています。
 
恐れを適切に扱える人は最終的に成功を収めるでしょう。それができなければ、今の環境から抜け出すことはできません。
 
成功している起業家は自分たちのビジネスがどんなに金銭的に苦しく、批判され、拒否されても前に進んでいるのです。
 
本当に望んでいるのなら、突破する道を見つけるか、私のようなビジネスコーチを雇うのがいいでしょう。
 

ーー少し具体的ですが、ある男性には2人の子供と愛する妻、安定した仕事があります。しかし、彼はいつか起業するかフリーランスになりたいのです。どうアドバイスしますか?
 
 
今の仕事を辞めていけません。自分のビジネスから十分な収入が得られるまで副業として始めるのです。
 
お金とエネルギーをブランドを築くこと、マーケティングプランに費やすのです。それが投資期間。仕事を辞める前に十分な顧客を捕まえてください。
 
約220万〜約330万程度の契約が仕事を辞める前にあれば、上司に「辞めます」とさらっと言えますよね?
 
一度クライアントを捕まえたら、そのアプローチを繰り返すことができて、毎回改良していくことができますから。
 

ビジネスを学び、結果を出す

ーー最後に、フリーランスとして大切している流儀を教えてください。
 
顧客とビジネスのゴールをデザインすることです。

若いデザイナーは何かクールなモノを創ることでクリエイティブになろうとします。しかし残念ながら、ビジネスの世界ではそれはあまり効果的とは言えません。
 
もしアートを作りたいなら、アートを作ればいい。デザインをしたいなら問題を解決し、行動をインスパイアしなければいけません。
 
Six-Figureなフリーランス(年収1000万以上のフリーランス)になりたいなら、ビジネス言語をどう話すかを学び、結果を出す必要があります。
 
これがフリーランスの仕事の流儀である。というワケではないと思いますが、フリーランスの仕事を得ていない人にとっては小さなコツです。
 
業界でトップになりたいと思うなら、自分が作る成果(例えばロゴやWEBサイト)について話してはいけません。あなたの仕事により「相手が得られるメリット」を話すのです。
 
それができれば、ライバルよりもたくさん仕事が降ってくるでしょう。
Licensed material used with permission by Kate Bagoy
世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。1,000以上のWEB...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
ビジネスの先を見る洞察力。クライアントを落とすコミュニケーション術。相手の立場に立ってものごとを考察する能力など…。ビジネスにおいて必要とされるスキルは、...
コンピューターやインターネットの発達にともない、近い将来、人間が仕事を奪われてしまう「テクノ失業」が問題化するかもしれません。しかし、仕事は減るばかりでは...
時間や場所などに拘束されないフリーランサーたちの生活は、一度は憧れるワークスタイルかもしれません。でも、複数の仕事を掛け持ちしているからこそ、時間と収入の...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
ここで紹介するのは、年収3,000万円という高給を手放し、51歳で77年式のフォルクスワーゲンに乗って旅に出たBob Cooneyという男性の物語。「Th...
世界にはありえない仕事でお金をもらえる人たちがいる。ベットに眠るだけで180万円をもらえる人や、リゾートアイランドに住むだけで1000万円がもらえる人。そ...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
NASAのHPによると宇宙飛行士の給料は約1,100万円に対して、惑星保護官の年収は最高約2,000万円。内容を調べてみると、高額の給料にも納得できる理由...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
ビジネスを始めたい!など、何か目標があるからといって、大学を中退するのは大きな賭けとも言えます。4年間も大学に通うなんて無駄だな…と感じながらも、そうしな...