毎日が忙しくても、自分のキャリアを「戦略的」に考える方法

「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。

この記事を書いたのは、マーケティング・ストラテジストであり、デューク大学フュークワ・スクール・オブ・ビジネスで教鞭もとる、Dorie Clark氏。そのテーマは、ずばり「キャリアの開発」。Clark流のキャリア形成術とはどのようなものなのか、見ていきましょう。

一般的なビジネスマンが1日に受け取るメールの平均は122通、1ヶ月で出席するミーティングは62件だと言われています。シンプルに考えて、上司があなたの才能をこれからどのように活かしていこうか、と本気で考えている時間などありません。自分自身の長期的なキャリアは、自分で作り上げていくしか方法はないのです。

キャリアについて、もっと戦略的になるための4つのアプローチとは?

アプローチ 1.
キャリアについて
「人と話す場」を作る

仕事が忙しくなると、長期的な戦略的思考どころではなくなります。計画は崩壊し、投資効率なんて考えはどこかへ行ってしまう…。でも何年もそんなことをやっていると、気がつけば自分が望んでもいないキャリアが築かれてしまっていることでしょう。

大切なのは、何が何でも時間を作ることです。たとえば、忙しくても友達とジムに行って体作りをしているという人は多いでしょう。その友達と、キャリアについて話すようにすればいいのです。

いろいろな人と定期的に会う機会を作り、キャリアを考える場を作りましょう。人はひとりだとついつい怠けてしまいますが、他人がいればちゃんとできるものです。また、人に相談することで、考えてもいなかった新しい選択肢に気づけるかもしれません。

アプローチ 2.
5年後に必要なものを
具体的に書き出す

いろいろな人とキャリアについて話すようになってきたら、次はゴールを明確にしましょう。会社の中で出世を目指すのか、自分で起業するのか、海外に渡るのか…それが決まらないと、何も決まりません。しかし、多くのプロフェッショナルがここでつまずきます。どのようにしてゴールに向かえばいいか、まるでわからないのです。

ここでやって欲しいアプローチは、計画を書き出すことです。まず、5年後の自分がどうなっていたいのかを考え、実現するために具体的な可能性がどこにどれくらいあるのかを可視化しましょう。

5年後について考えることで、自分が伸ばさなくてはならない具体的なスキルがなんなのか、考えざるをえなくなります。どんな学位が必要なのか、どこで誰の信頼を勝ち取るべきなのか、どういった順番で昇進していけばいいのか。もし学位が必要なら、修士でも2年、博士なら修士に加えて最低でも3年が必要になります。

今すぐ動き出さなければ、とても間に合わないということがわかるでしょう。

アプローチ 3.
「時間の投資」は
価値のあるものへ

他の人と同じところに時間を投資していてはいけません。打ち合わせは遠隔にする、メールはできるだけ早く返信する…しかしこうしたスキルは、組織の中で昇進していくにつれて、どんどん不必要になっていきます。

逆に重要なのは、いかにプロジェクトを深いレベルで価値あるものにするか、ということです。長期的にはこうしたスキルこそが必要とされていくでしょう。

これを理解できていないプロフェッショナルは、たくさんいます。こうしたことは、意識したからと言ってすぐに成果が出るものではありません。失敗を繰り返しながら学んでいくしかないのです。しかし、何度も転んで立ち上がった経験が、いずれ強い力となってあなたの支えになるでしょう。

アプローチ 4.
自分の才能を示して
取り合いをさせる

ウォートンスクールの教授、Matthew Bidwell氏は、同じ会社の同じ仕事でも、社内のスタッフに比べて、外注先として仕事を請け負っている人のほうが、18〜20%ほど報酬が多いと指摘しています。ちなみに同じ研究で、最初の2年は外で仕事を請けている人のほうがパフォーマンスが低いとされているにも関わらず、です。

これは興味深い事実です。どういうことかと言うと、会社内のプロフェッショナルは、しばしば過小評価されるということです。経営者は自社の社員の給与をできるだけ低く維持したいと思っているので「こいつはこの給与で留まるだろう」と思われてしまったら、給与を上げることは難しくなるでしょう。

これを防ぐためには、会社の外部から信頼を得ることです。この世界には、優秀な人材を喉から手が出るほど欲しがっている企業が山ほどあります。そういったところに働きかけて、自分という人材を奪い合う競争のなかに、会社を巻き込みましょう。

ブログを書くことや、カンファレンスのスピーカーになるのもいいですし、他者と組んだプロジェクトで存在感を示すのもいいでしょう。その優れた才能を、できるだけ広い場所に示すのです。

Dorie Clark is a marketing strategist and professional speaker who teaches at Duke University’s Fuqua School of Business. She is the author of Reinventing You and Stand Out. You can receive her free Stand Out Self-Assessment Workbook.

Licensed material used with permission by Dorie Clark

関連する記事

世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
フランスで創設された「LinkedOut(リンクトアウト)」は、ホームレスの人々のためのビジネス特化型SNS。家がないってだけで仕事におけるスキルまで判断...
ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
「コンフォートゾーン」。つまり、自分にとって居心地の良い環境を意味する言葉ですが、勇気を出してそこから抜け出すべきだ、という記事をよく見かけます。現状の自...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
新卒で入社した企業に一生勤めるのは当たり前、なんて考え方は大げさではなく過去のもの。もちろん転職するのが正というわけでは決してないけれど、常に新たなキャリ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
間もなく旬を迎えるアスパラガス。フレッシュなままもいいけれど、もっとおいしい食べ方があるんです。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...