【特集】年収1000万円以上「フリーランスの流儀」vol.6

世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいるようです。

「Six-Figures」と呼ばれている彼ら。どんな仕事で、どんな場所で、どんな考えで生きているのか?彼らの生態にせまる連載です。

今回紹介するのはデジタルマーケティング業界で13年のキャリアを持つLisa Kaneff氏。

7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。

業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーになって気づいた「仕事と自分への向き合い方」が詰まっています。

 

ーー毎日のルーティンを教えてください。

多くのフリーランスがそうだと思いますが、日によってルーティンが変わります。急な予定が入ることだってあります。

まあ、典型的な1日は朝起きて朝食を取って、コワーキングスペースに行って数時間ほど仕事をします。

プロジェクトはたいてい同じクライアントから来るので、営業活動は最小限ですね。

時々ですけど、コワーキングスペースにいるので他のメンバーと彼らのビジネスの話をしたり、自分の話をしたりします。その時間はかなり集中して話していますね。

仕事が終わった後はジムに行くか、用事を済ませて夜の予定に向かいます。

 

ーー何がフリーランスになるキッカケだったのですか?

2年間、非営利団体専門のマーケティング企業でシニアマーケティングコンサルタントとして働いていました。

そこで「私がやれることをすべてやった」という感覚があって、成長する機会も刺激もなく、満たされていませんでした。

私の選択肢は「他の企業にマーケティングストラテジストとして転職」か「夢だったコピーライターになる」の2択でした。

リスキーだと思いましたよ、自分でビジネスをやったことがないんですから。

コピーライターになるとは何なのか?どうクライアントを見つけ、請求し、一度にどれくらいの作業をするのか?私は知りませんでした。

だけど、リスクを取ってもいいと思えるほど私は満たされていなかったんです。

たくさんミスをしたし、たくさんのリスクを取り、痛い目にもあいました。でも、次は「もっと良くするぞ」と心に誓い続けていました。

今になって思えば、そのリスクは報われたと思いますね。

 

ーー率直にお聞きします。どうやってクライアントを見つけているのですか?Lisaさんのクライアントには非営利団体からテック企業までいて、すごく幅があると思うのですが……。

元々、非営利団体のマーケティング業界にいたのでコネクションと信用がありました。

私の経験が特殊ですから、彼らのニーズに合ってすんなり受注できましたね。

今は直接、非営利団体と仕事をするのは稀ですよ。たいていは非営利団体が契約しているエージェンシーと一緒に動くことが多いです。

前職だった会社も実はまだ私のクライアントなんです。

テック企業は友達からの紹介だったり、前職の同僚や以前のクライアントからだったりしますね。

 

ーー仕事で大切にしていることを教えてください。

仕事で大切にしていることは「好きな仕事をすること、している仕事を好きになること」です。

制作したモノすべてに誇りを持っていますし、私が信頼しているクライアントの仕事を引き受けていますね。

フリーランスとして生きていく上では「自分の価値を知れ」ということを自身に言い聞かせています。

どういう意味かと言うと、クライアントに「自分の仕事の値段」を理解させ「パートナーとして付き合う」ってことです。

「個人として自分の価値」と「ビジネスとしての値段」は違うんだ、と思い出させてくれる言葉ですね。

もし誰かがプロジェクトのことでアンハッピーなら、それは私個人の問題ではなく、私のビジネスのことなんです。

これを切り分けて考えるのはとても難しいのですが、重要なことです。

 

ーー次のステップは何でしょうか?

次のステップは「実績の多様性」です。クライアント面もそうですし、成果面でも多様性をもたせたいです。

仕事がつまらないとは思いたくないんです、スキルが成長する、そしてキャリアが前進していく、この勢いを失いたくない。

つまり、次のステップは「次のステップ」をより明確にすることかもしれません。

Top photo: © Lisa Kaneff
Reference: Lisa Kaneff
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。1,000以上のWEB...
時間や場所などに拘束されないフリーランサーたちの生活は、一度は憧れるワークスタイルかもしれません。でも、複数の仕事を掛け持ちしているからこそ、時間と収入の...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
やりたいことや好きなことはわかっていて、将来は、フリーランスとして活躍したい。そんな方のために、どうしたら長く心地よく活躍できるのか、天職(calling...
多種多様な働き方が可能な現代では、あえて組織に属さないという選択も市民権を得ています。が、もちろんそこは一長一短。あっちが立てばこっちが立たずといったとこ...
ライフスタイルの多様化にともない、ひと昔前の大企業至上主義的な考え方が、すでにフィットしなくなったことは、肌感覚として持っていますよね。かといって、フリー...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
ビジネスの先を見る洞察力。クライアントを落とすコミュニケーション術。相手の立場に立ってものごとを考察する能力など…。ビジネスにおいて必要とされるスキルは、...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
コンピューターやインターネットの発達にともない、近い将来、人間が仕事を奪われてしまう「テクノ失業」が問題化するかもしれません。しかし、仕事は減るばかりでは...
ここで紹介するのは、年収3,000万円という高給を手放し、51歳で77年式のフォルクスワーゲンに乗って旅に出たBob Cooneyという男性の物語。「Th...
世界にはありえない仕事でお金をもらえる人たちがいる。ベットに眠るだけで180万円をもらえる人や、リゾートアイランドに住むだけで1000万円がもらえる人。そ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...