会社を辞めたい!その前に!

「働き方改革」とか「残業ゼロ」、なんか働いている私たちを置いてけぼりにしてません?と思う今日この頃です。

もちろん、残業ゼロ、素晴らしいです!定時で上がって、スパッと帰宅。プライベートの充実を!理想ですよね。でも、現実は、疲れてクタクタ、コンビニでビールとお弁当を買って、家で食べて、シャワー浴びて寝る。これが、会社で働く女子の生態。恥ずかしがることはありません。みんな、同じ。

かくいう私も、そんな風にがむしゃらに働く20代を経て、30代に入って会社を辞めて独立しました。

「会社辞めたいなぁ」多くの人が漠然と思っているはず。私もそうでした。でも、思うだけで行動ができない。会社辞めたいな、この仕事でいいのかな、他に向いている仕事ないかな…そんな悩めるあなたに少しだけ先輩の私から、アドバイスを。会社を辞めたくなった時、進む道を決めるために、私が実践した3つのこと、教えます!

1 ぐっすり眠る

自分の気持ちを確かめるために、まずするべきなのが、眠ること。「本当に会社を辞めたいのか」「辞めるべきなのか」を考えるためにとりあえず寝てください。

え?そんなこと?と思うかもしれませんね。でもね、疲れている時の判断ほどアテにならないものはありません。とりあえず、寝まくろう!いっそ、1日くらいズル休みをしてもいいから、怠惰な生活を送ってください。1日中ベッドで過ごすくらいの勢いで。

2 読書をする

どんな決断をするにしても必要なのが想像力。その想像力を養うために、なんでもいいので気になる本、“積ん読”してあった本を読んでください。コミックでもOK!のちのち、自分の判断を後押しする根拠にもなるので、手当たり次第で読んでみてください。

私は、分厚い海外小説を、ご飯も食べずにお風呂にも入らずに読みまくりました。なぜ海外小説だったかというと、日本の小説だとリアルだから。日本人である私は感情移入できやすいので、頭も体も疲れちゃうんですよね。ちなみに、私は、パウロ・コエーリョの小説を数冊、一気読みしました。

3 自分と向き合う

体の疲れをとる、想像力を培うというステップを踏んでから初めてやるのが、これ。本当に会社を辞めるのか、今一度考えてみること。ただし、必ずひとりでいる時にやること。人に相談したり、アドバイスをもらってはいけません。

誰かに聞いてしまった時点で、会社は辞めるべきではないと思います。だって他者に結論を委ねるというのは、自分の意見を優先していないってことですよ。

「辞めたい」のか、「辞めるべき」なのか。

この視点で考えると、とてもわかりやすいでしょう。「辞めたい」のは、あなたの願望。「辞めるべき」なのは、あなたの主張なのです。この主張が大切。「~したい」よりも「~すべき」と感じたのであれば、おのずと答えは決まってきますよね。


いかかでしたか?この3つのプロセスは、あなたが会社を辞めるべきかどうかの指針になります。

ちなみに、私は今まで会社を3回辞めていますが、3回ともすべて実践しています。ゆえに2回、転職。最後は独立しました。今、振り返っても、会社辞めてよかった!と断言できます。それは、とことん自分と向き合って出した結論だからこそ、後悔していないのだと思います。

実は、今回ご紹介した3つは<初級編>です。続きが読みたいって思ってもらえたら、“ささった!”をクリック!<上級編>も紹介しますね。

 

注)すべての人に会社を辞めることを推奨しているわけではありません(笑)。

自身も会社を辞めて転職、フリーランス、起業という道を経たライターが「会社を辞める!」と決めた後に踏むべき3つのステップを公開!
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
2016年こそは転職するぞ!と決意して、転職活動にいそしんでいる人。もしくは、今の仕事を辞めてから転職活動をしようとしている人。どちらの場合でも、今の仕事...
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。1,000以上のWEB...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
ライフスタイルの多様化にともない、ひと昔前の大企業至上主義的な考え方が、すでにフィットしなくなったことは、肌感覚として持っていますよね。かといって、フリー...
毎日いかなければいけない職場。職場環境が悪くて、転職という二文字が頭のなかをよぎっても、簡単に仕事を変える決断はできないものです。 『Inc.』のMarc...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...