会社勤めを辞めて、フリーランスになって気づいた「7つのコト」

ライフスタイルの多様化にともない、ひと昔前の大企業至上主義的な考え方が、すでにフィットしなくなったことは、肌感覚として持っていますよね。かといって、フリーランス(自営業)のワークスタイルがなぜ、どう良いのか?「Higher Perspective」はこんな見解のようです。参考程度にいかがでしょう。

01.
ワークバランスを
自己管理できる

たとえば、大企業に就職する代わりにオンラインショップを自宅で経営していたとします。毎日注文が入るたびに品物を梱包し、顧客に商品を発送する。では、もしも夜遅く眠くなって、まだ商品が残っていたら?企業で言うところの「残業」。タイムカードを切って、自宅へ帰って過ごす時間すらないくらいに、やらなければならない仕事は山積み。もちろん、自営業だって大変です。でも、ある程度は個人の「裁量」で一日のタクスを調整することができるでしょ。

02.
夕方5時前だって
自由時間を設定可能

企業への就職は、多くの自由を犠牲にしているとも言えます。一日8時間勤務として週に40時間。もちろん、残業も含めそれ以上働いている人がほとんどでは。その時間は、会社を出てからの生活、たとえば趣味や友だちと会う時間、人生経験を積むことなど。こうした貴重な経験から、少しずつ時間を割かれているのです。時間やワークバランスをコントロールしやすい自営業ならば、こうした自由を取り戻すことだってできるかも。

03.
自身のスキルで
対価(報酬)を手にできる

収入が安定しないのは、むしろフリーランスの立場かもしれません。でも、企業にいたって、ずっと給料が上がらないこともあれば、成績如何では下がったり、最悪クビなんてことも…。誰かの下で働いている以上、つねに評価される立場に置かれているのです。その点、浮き沈みはあれど、自身の裁量次第では大きなプロジェクトに参画したり、自分のスキルで対価を得られる、自営業ならではの魅力があります。

04.
上下関係にストレス爆発?
操り人形になる心配がない

英語で自分よりも目上の人を表現する言葉「ボス(boss)」。語源はオランダ語の「bass」にあり、その意味するところは「主人・・頭領(master)」です。大企業で働いていれば、上下関係はつきもの。それが、いつしか主従関係となっていくと、奴隷のように働かされている、と感じてしまうこともあるはず。

05.
実績や功績が報酬に直結

給料をどうやって上げていくか?もしも、あなたが大企業でもっと稼ぎたいと思ったなら、本当に死ぬ気で努力を積み重ね、誰からも評価される功績を残せれば文句なし。もしくは、部署のボスに媚を売る以外なかなか突破口は見い出せません。
では、自営の場合は?創造性を磨くことや、コネクションを広げていくことも方法のうち。セルフプロデュースを上手にしていくことで、周囲の評価を上げていくことができます。個人事業主は結果で評価されますが、企業では、一人の功績が見えづらいのが難点では?

06.
身近な人たちを大切にできる

週に40時間以上働く。睡眠時間を除けば、実質会社で働いている時間と家族と過ごす時間は、ほぼ同じくらいに。そこから通勤時間や残業時間を差し引いて考えれば、数字はおのずと会社へと傾きます。これって、すごく不自然に感じませんか?もしも、自営業を選べば、もっと家族や恋人と過ごす時間が増えると思うのですが…。

07.
自分の責任は自分で!
仕事への責任感が増す

雇われている身では、自分の考えが毎回通用するとは限りません(もちろん自営業もですが)。当然ながらストレスも溜まる。不平不満が出る。いつしか、自分の落ち度には目を向けず、他人になすりつけようとする、なんてことにも。あなたがフリーの立場なら、どんな時でも自己解決を迫られます。自分のことは自分で。そこが自営業である最大の魅力であり、仕事への責任感。自由度が高い分、責任の大きさをしっかりと受け止められる人には、フリーランスは職業として向いているかもしれません。

Licensed material used with permission by Higher Perspective

自身も会社を辞めて転職、フリーランス、起業という道を経たライターが「会社を辞める!」と決めた後に踏むべき3つのステップを公開!
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
時間や場所などに拘束されないフリーランサーたちの生活は、一度は憧れるワークスタイルかもしれません。でも、複数の仕事を掛け持ちしているからこそ、時間と収入の...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。1,000以上のWEB...
ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
「会社辞めたいなぁ」多くの人が漠然と思っているはず。私もそうでした。でも、思うだけで行動ができない。会社辞めたいな、この仕事でいいのかな、他に向いている仕...
世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
働き方が多様化していく中、「本業と副業」の関係ではなく、「いくつもの本業(複業)」を平行して行なう“パラレルワーク”という働き方に注目が集まっている。ひと...
あなたはちゃんとしたワークライフバランスで働けていますか?「最近、仕事ばかりでプライベートの時間がない」と、ストレスを感じていませんか?仕事とプライべート...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
やりたいことや好きなことはわかっていて、将来は、フリーランスとして活躍したい。そんな方のために、どうしたら長く心地よく活躍できるのか、天職(calling...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
多種多様な働き方が可能な現代では、あえて組織に属さないという選択も市民権を得ています。が、もちろんそこは一長一短。あっちが立てばこっちが立たずといったとこ...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...