76%の社員が「オフィス外」での仕事の方が生産性が上がると回答 (米調査)

ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何でも、「オフィスにいるよりも、外で仕事する方が生産性が上がる」という労働者が7割以上もいるんだそう。

「生産性が高いのは自宅」
労働者の50%が回答

000020600342_Medium

米求人情報サービス「FlexJobs」が2015年夏に実施した、仕事に対する意識調査によると、労働者の76%が「仕事はオフィスの外で作業した方がはかどる」と感じていることが判明した。

2,600人以上の労働者を対象に行われたこの調査では、回答者の半数(50%)が「最も生産性が高いのは自宅」と回答。「カフェや図書館、コワーキングスペース」を挙げる人は12%に。いっぽう、オフィスでも「就業時間を過ぎ社員が帰った後」と14%が回答する結果となった。
オフィスでの作業が不人気なのは、通勤によるストレスや、同僚からの邪魔で作業が中断する、快適さに欠けるオフィス環境などを挙げる声が多かったという。

給料を下げてでも
ノマドワーカー希望!

00060721170_Medium

企業で働く雇用者たちのなかに、より柔軟なワークスタイルを望む声が伺える。現に2013年以降、賃金を減額してでもオフィス外での勤務を含めた、フレキシブルな働き方を選択する人々が増えているとFlexJobsは伝えている。さらに、仕事の環境を従業員自らが選べるような柔軟性があった方が、会社へのコミットメントもより強いものになると、全回答者の82%が答えたそうだ。

「この調査結果だけを見れば、労働者たちのオフィス環境が必ずしも生産性を上げるのに適した場所ではないことを物語っています。これは企業にとっても大きな損失のはず」

FlexJobsのCEO、Sara Sutton Fell氏の見解を紹介する「Canadian Business Journal」には、モバイルやWi-Fi、クラウド技術の発展が、「もはや仕事空間を与えて従業員を拘束する従来のワークスタイルが不要なのかもしれない」といった提起まで登場。

“ノー・オフィス・デー”!?
週に数日は好きな場所で

000056896956_Medium

さて、今回の調査で半数近くが“望ましい”とした、自宅での作業(在宅勤務)が新しいワークスタイルかといえば、そうではない。
今から10年以上前の2004年の段階で、すでに在宅勤務は珍しいものではなく、米国労働統計局によると非農業雇用者のおよそ25万人が、少なくとも月に数回は在宅勤務をしていたことが当時の「The Wall Street Journal」からも読み取れる。フリーランス職のいわゆるSOHOとは一線を画し、企業による在宅勤務が社会的にも受け入れられ始めた黎明期は、まさにこの頃のようだ。

以降、“会社勤めときどき自宅勤務者”を含む在宅勤務の労働者は、アメリカ国勢調査の統計を紹介する「The New York Times」によれば、2005年から2012年までの間に、およそ79%の増加を示しているという。

日本でも、ワークスタイル・イノベーションを本格的に取り入れる企業が増えつつあるという。将来的にノマドワーカーがもっと増えてくるはず。

Reference:FlexJobs, Canadian Business JournalThe Wall Street Journal , The New York Times

 

五感を刺激する森のワークスペース「木々薫る」は、緑豊かな空間でリラックスしながら仕事に取り組むことで、ストレス軽減や知的生産性の向上が期待できる働き方改革...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、STORMZYの『VOSSI BOP』です。
「Muista Active Chair」は長時間体を動かさずにいる現代人が、オフィスで体をほぐせる用に考案されたエクササイズチェアー。血行促進やストレス...
とあるロンドンのオフィスに設置されたこの『Regeneration Pods(再生ポッド)』は、バイオフィリアと呼ばれる概念をもとに設計されたオフィスにあ...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
アウトドアオフィス事業をてがけるスノーピークビジネスソリューションズは、旅行大手JTBと共同開発した法人向けのサービス「CAMPING OFFICE HA...
「職場ではビジネスシューズからリラックスシューズに履き替えて、足の疲れを癒しつつ、仕事のパフォーマンスをアップさせたい!」という方に、足元のリカバリー(回...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
毎日同じ時間の通勤電車に揺られ、同じオフィスで、パソコンに向かって仕事をする。私たちの日常として染みついている流れかもしれません。しかし、価値観が多様化し...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
職業にもよりますが、パソコンさえあれば自宅でも滞りなく仕事ができる時代。意外とオフィスよりも、家の方が仕事がはかどったりするんですよね。集中力が切れてしま...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
「音楽を通して国境を超えた元気な世界を作る」をテーマに掲げて活動する「一般社団法人 日本DJ協会」は12月1日、新たなDJ文化を生み出すべく「DJ検定」を...
南オーストラリアの小さな島「カンガルー島」生まれのスピリッツブランドがワイルドローズマリーを使用した「O GIN」とスパイシーなフレーバーの「WILD G...
ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
ポートランドに本社を構えるNIKEが、ニューヨークに新オフィスを開設しました。「ナイキ・ワールド・キャンパス」と呼ばれる本社には、クライミングウォールやバ...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
「The Spheres」と呼ばれるアマゾンのシアトルの新オフィスには、50カ国から集められた40,000以上の植物が生息しています。その中には、“滝”ま...
フォトグラファー・Derrick Linさんは、オフィスで働いく日々の「あるある」を、ミニチュアの世界で表現しています。中身のない定例ミーティングが億劫だ...
〈RayES(レイエス)〉のダブルウォールグラス。結露しにくくワークデスクの上でも、書類などが濡れる心配はありません。保温機能や外付けアクセサリーも充実し...