ビジネスマン

その名は「unnurella(アンヌレラ)」。シャレの効いたネーミングに、思わずニヤっとしてしまう。さて、タイトルを読んで、少し違和感を覚えたあなたは大正...
今の時代は「得られる果実を最大化する意思決定」こそが最良の判断。そのためには、リスクを取ってでもスピーディに決断することが必要です。実は、その判断力は日常...
高品質なイヤホンを愛用している人は、音楽好きだけじゃありません。今、トップクラスのビジネスマンたちの間で話題となっているのが、ボーズのノイズキャンセリング...
20年という時間は決して短くない。ここで紹介するのは、2016年に誕生20周年を迎えたパナソニック「レッツノート」の歴史。誕生からずっと「ユーザーの声」を...
満を持して日本にやってきたスピーカー「LectroFan micro」は、「ホワイトノイズ」を発生させ、心地良い空間を生み出します。「ホワイトノイズ」とは...
ビジネスマンにとって、同期・同僚はスタートラインが同じ。でも、どこかで差がついてしまうのは、何故なのでしょう?「デキる」を評価するのは、会社の上司や周囲な...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
「I Heart Intelligence」でJustin Gammill氏がピックアップしたのは、イーロン・マスクが語った、数々の名言でした。これを読め...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
必死で仕事をしているのに、ノルマがすぐにたまって、残業ばかり。定時出社する同僚を尻目に、自分の実力不足を嘆く…。20代〜30代の若手ビジネスマンによくある...
スマートに、愛を持ってこのスキルを身につければ、信頼は勝手についてくる。
15時。ふと窓の外を見たら、思った以上に世界が白くなっていてギョッとした。電車大丈夫かな、と思いながらパソコンに再び目を向けると「早帰り推奨」とバックオフ...
『Sketchy Notebook』は、見ての通りシックなハードカバーの無地ノート。180度ペタッと見開きで使えて、綺麗に切り取りができるのも良い点だけど...
やりたいことや好きなことはわかっていて、将来は、フリーランスとして活躍したい。そんな方のために、どうしたら長く心地よく活躍できるのか、天職(calling...
「成功」によって、大切なものを失ってしまう人がいます。『Inc』のライターNicolas Coleさん曰く、それはこの5つに当てはまるから。
小学生の頃は、運動神経のいい男子がモテる、中学生の頃は、面白い男子や不良っぽい男子がモテる、高校生の頃は、純粋に「カッコいい」男子がモテる、などといわれて...