日本の文化に影響を受けた「昼寝のための施設」がマドリードに

スペインでは、ランチを食べ終えた13時ごろからがシエスタ。この時間帯になると、すべての人が昼寝をしている、なんて考えがちだけれど、少なくともこと現代社会においてはそうではない。誰もが、勤め先から一時帰宅できるような距離に住んでいるわけではないのだ。 

このたびマドリードに誕生した施設は、そんな「寝たくても寝れない人たち」のシエスタをサポートする場。実は、日本のある文化に影響を受けているのだそう。

「カプセルホテル」に
インスパイアされた休憩所

観光で東京を訪れたMaria Estrella Jorro de Inzaさんは、カプセルホテルに泊まったことが、このSiesta&Goを始めるきっかけになったと言う。予約不要で、手軽に、数時間だけ仮眠をとることができる。そうやって仕事の疲れを癒せる場を、なんとかビジネス街に作りたかったのだとか。

部屋のタイプは個室かドミトリーから選択可能。値段は分単位で計算され、たとえば2段ベッドの上だと1時間あたり3ユーロ(約400円)と格安。

昼寝のための利用だけでなく、集中して勉強や仕事に取り組める部屋も。

現地では多くのポジティブな反響があり、午後7時までの営業時間を深夜まで伸ばしてほしい、なんて声もあるらしい。時間的にはもはやシエスタは関係なさそうだが、この施設がMariaさんの期待通り、ビジネスマンの癒しの場になっていることは間違いないだろう。

Licensed material used with permission by Siesta & Go(HP), (Facebook), (Instagram)
「NBC News」に掲載されたマリアーノ・ラホイ首相のコメントによれば、同国がこれまで良しとしてきた、3時間ほどの中休み習慣「シエスタ」の廃止が検討され...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...