日本の文化に影響を受けた「昼寝のための施設」がマドリードに

スペインでは、ランチを食べ終えた13時ごろからがシエスタ。この時間帯になると、すべての人が昼寝をしている、なんて考えがちだけれど、少なくともこと現代社会においてはそうではない。誰もが、勤め先から一時帰宅できるような距離に住んでいるわけではないのだ。 

このたびマドリードに誕生した施設は、そんな「寝たくても寝れない人たち」のシエスタをサポートする場。実は、日本のある文化に影響を受けているのだそう。

「カプセルホテル」に
インスパイアされた休憩所

観光で東京を訪れたMaria Estrella Jorro de Inzaさんは、カプセルホテルに泊まったことが、このSiesta&Goを始めるきっかけになったと言う。予約不要で、手軽に、数時間だけ仮眠をとることができる。そうやって仕事の疲れを癒せる場を、なんとかビジネス街に作りたかったのだとか。

部屋のタイプは個室かドミトリーから選択可能。値段は分単位で計算され、たとえば2段ベッドの上だと1時間あたり3ユーロ(約400円)と格安。

昼寝のための利用だけでなく、集中して勉強や仕事に取り組める部屋も。

現地では多くのポジティブな反響があり、午後7時までの営業時間を深夜まで伸ばしてほしい、なんて声もあるらしい。時間的にはもはやシエスタは関係なさそうだが、この施設がMariaさんの期待通り、ビジネスマンの癒しの場になっていることは間違いないだろう。

Licensed material used with permission by Siesta & Go(HP), (Facebook), (Instagram)

関連する記事

60歳以上の普段昼寝をする1534人、しない680人の計2214人を対象に認知症のテストを受けてもらった。すると、昼寝をするグループはある3つの能力におい...
「NBC News」に掲載されたマリアーノ・ラホイ首相のコメントによれば、同国がこれまで良しとしてきた、3時間ほどの中休み習慣「シエスタ」の廃止が検討され...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
「文化の盗用」とは、異文化にインスパイアされた取り組みをするときに起きているトラブルのこと。「文化の盗用」となるか否かのボーダーラインは実に曖昧です。この...
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
日本の文化、アート、モノづくりを発信するデジタル体験施設「羽田出島(DEJIMA by 1→10)」が、「羽田空港」に隣接した複合施設「羽田イノベーション...
昼寝すると作業効率があがる!なんて話は最近よく耳にする話。シエスタ文化を取り入れる企業も話題になり、適度な休憩が大切だよねというのはもう常識。でも、どうや...
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
もう少し体をスッキリさせて月曜日に備えたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさん曰く、昼寝を上手に使えば、求めている"スッキリ"は...
昼寝をするとき、何時間寝るか決めていますか?脳に最適な昼寝時間は◯◯分と判明!間違えると、かえって疲れが溜まることに・・・ぜひ参考に。
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
20以上の国と地域において、155軒以上のデザイン重視のホテルを展開する「ACホテル・バイ・マリオット」が日本初進出。銀座にオープンする同ホテルは、銀座と...
海外における日本の伝統文化「金継ぎ」とは。欠けた器を漆で接着し、金で装飾して使い続ける手法は海外でも注目を集めており、今や世界で独自の発展を遂げています。
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
スペインのマドリードにあるマヨール広場で、4日間だけ現れた迷路。すべてペットボトルで作られ夜は青く光っていた。これらは近隣住民から集められたもので、ゴミの...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
2010年に建設が決定した台湾のサステイナブルなマンション「陶朱隠園(Tao Zhu Yin Yuan0」が、今年、ついに完成予定だ。約23000本の樹木...
新鮮なアボカドを外で食べたいというイギリス人学生の強い思いから生まれたのがアボカドを剥くためだけの道具「Avogo」。鋼製のコンパクトなこのツールは、アボ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
あの子も、この子も、そして、わたしも。
ハイパーリアリズムといえば、「コレじつは、絵なんです」というフレーズでお馴染み。モノクロ、カラー、どちらも写真と見間違えるような作品がたくさんあります。こ...