日本の「金継ぎ」文化が世界に浸透中

金継ぎとは?

欠けた器を漆で接着し、金で装飾しながら修繕する技術を「金継ぎ(金繕い)」といいます。海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれている日本の伝統文化で、ひび、かけ、割れてしまった器を蘇らせることができる。

壊れた箇所を隠すのではなく、装飾としてあえて見せることで使い手もそこにストーリーを感じることができ、唯一無二のデザイン、美しさが現れるのが魅力。漆を使わない簡単なキットをなどでも手軽に始めることができるため、海外でも度々話題になりました。

ここではそんな日本の伝統文化「金継ぎ」について、国外のトピックスに触れながら改めて紹介したいと思います。

日本人陶芸家の「金継ぎ」がNYで展示(2016年)

陶片を金継ぎした箸置き作品

陶芸家・鴨下知美さんは2016年にNYで「金継ぎ」を使った作品を展示し称賛を浴びました。収益の一部を東日本大震災の支援基金とする展覧会「Contemporary Talents of Japan」に出展し、「波」という展覧会のテーマに沿って波に運ばれ砂浜へと漂着した陶片やシーグラスを箸置きとして蘇らせた作品を制作。海外でも10社以上のメディアに取り上げられるなど、日本の現代美術として注目を集めました。続きを読む>>>

 

ドイツ人が感動した、
究極の日本文化「金継ぎ」(2017年)

日本の伝統文化「金継ぎ」
©片野優/須貝典子

日本人の女性と結婚したドイツ人、マティアスさんが日本で「金継ぎ」を体験した際のエピソードです。ある日、陶芸教室の外国人向けコースで「金継ぎ」を習ったのをきっかけにすっかり魅力されてしまい、今では同僚や近所の人もマティアスさんに修繕してもらうために割れた食器を持って行くのだとか。続きを読む>>>

金継ぎした食器、
イタリアで発売される(2018年)

割れたお皿を蘇らせる「金継ぎ」

イタリア人デザイナーのMarcantonioさんは「金継ぎ」の美しさと考え方に感銘を受け、異なる柄や素材の食器を使う独自のデザインで洋食器に応用しました。イタリアの家庭用品ブランドで「KINTSUGI」として発表され、今やブランドを代表するコレクションとして世界中で販売されています。続きを読む>>>

 

ブラジル人アーティストによる
現代版「金継ぎ」で修復されたイス(2019)

金継ぎの手法で修復されたイス

ブラジル人アーティストTatiane Freitasさんが「金継ぎ」から発想を得て、家具の壊れた箇所をアクリルで復元し2016年に発表した作品です。家具の歴史を尊重するヴィンテージでありながら現代的なデザインは、古いものと新しいものが共存することで新しい価値を生んでいると海外のデザインサイトで徐々に大きく取り上げられ、TABI LABOでも2019年に紹介しました。続きを読む>>>

海外に広がる日本の伝統文化

近年ではNYで道路の舗装に金継ぎの方法を取り入れる研究が進められており、「金継ぎ」という手法と、物を大事にするフィロソフィーはアート以外の世界にも浸透してきています。海外でアップデートされた金継ぎデザインを見かけることが多くなるかもしれませんね。

Top image: © iStock.com/riya-takahashi

関連する記事

壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
漆芸家・修復師の日置美緒(へきみお)が自宅で「金継ぎ」のための道具を一からセレクト。『金継ぎのお道具箱「巡(めぐる)━金継ぎ時代━」』
壊れた器を直してほしい人、修理したい人、金継ぎに挑戦したい人をつなぐ「つぐつぐ」。金継ぎによる壊れた器の修理はもちろん、職人ならではの技術を提供したり、な...
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
高級ホテルチェーン「ローズウッドホテルズ&リゾーツ」が日本初進出となる「ローズウッド 宮古島」を2024年に開業すると発表した。
金継ぎは、海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれ愛されている日本文化。壊れた器などを金で装飾しながら修繕する技術です。ここで紹介する画像は、陶芸家・...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
「文化の盗用」とは、異文化にインスパイアされた取り組みをするときに起きているトラブルのこと。「文化の盗用」となるか否かのボーダーラインは実に曖昧です。この...
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
明治大学で微生物学を研究する村上周一郎教授が、熟成肉を製造するレストラン経営者と協力し開発した「エイジングシート」
日本のアニメ、漫画、ゲームの熱心なファンを指す言葉として“otaku”という英単語があるほど、海外にも広がっている日本のオタク文化。そんなオタク文化を愛す...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
オーストラリアから驚きのニュースが届きました。茂みの中を散歩していた親子が手のひらサイズの「金の塊」を発見したというもの。しかもその価値、日本円で約265...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
星野リゾートのブランド「界」が、本日4月1日(木)から「手業(てわざ)のひととき」と題した“ご当地文化体験”の提供をスタートする。
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
日本の文化、アート、モノづくりを発信するデジタル体験施設「羽田出島(DEJIMA by 1→10)」が、「羽田空港」に隣接した複合施設「羽田イノベーション...
「ゲッティイメージズ」は気候変動の危機を発信するために「Climate Visuals」と協力して「ゲッティイメージズ・クライメイト・ビジュアル奨励金」を...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
20種類以上の煎茶を飲み比べできる銀座から日本文化を発信する煎茶専門店煎茶堂東京〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目10-10https://www...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...
今週8日(金)から、大人気韓国ドラマ『愛の不時着』展が東京会場である渋谷「jing」を皮切りにスタート。
ヴィーガンスキンケアの日本発ブランド「UNNATURALLY NATURAL(アンナチュラリーナチュラル)」がお目見え。1月8日(金)より、公式オンライン...
6月19日、ラスベガス市が駐車違反の反則金を支払う代わりに、学校への文房具の寄付をしてもいいと認めました。