浅草にある、日本文化の発信地「ブンカホステル東京」

2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じる「心地よさ」や「清潔感」といった要素に重点を置き、そこから自然に感じられる「日本らしさ」をコンセプトに据えているようなのですが…果たして、どのような施設なのでしょうか?

伝えたいのは
“心地よさの感覚”
【1階 居酒屋 ブンカ】

Fd50d9ab410b4c6dea5137773e592db3e9ad8c61
Photo by Shiori Kawamoto
B90e35c806afdee5b78252c24d18e7c22217a683
Photo by Shiori Kawamoto

施設の顔となる1階は、まちに開かれた「居酒屋ブンカ」。宿泊客でなくても気軽に利用できるため、さまざまなヒト・モノ・コトが集う、浅草の新たなコミュニケーションの場として期待されています。

【バンクベッド】
(3,000円〜)

D60f4a4faad936fb6258a3d68f195d6fe8d2e319
Photo by Shiori Kawamoto

ここからは、宿泊環境をご紹介。まずは2段ベッドのドミトリールーム。リーズナブルでありながらも快適な空間を提供するため、上下段の方向を90度回転させているのが特徴です。加えて、入口の向きを変えることでプライバシー性の高い空間も確保。

【シングルベッド】
(5,000円〜)

77fc535fecf93223738dbfdd2e3a07dd497327f3
Photo by Shiori Kawamoto

天井が高くゆったりとした1段ベッドのドミトリールーム。横幅100cm・奥行き195cm・高さ184cmの空間は、出張中のビジネスマンでも快適に利用できるはず。

【ファミリールーム】
(16,800円〜)

8a7850a3e45c2d2642c1347f39b7fa20457d8566
Photo by Shiori Kawamoto

最大4名まで利用可能な、トイレやシャワーを備えた個室タイプ。最上階である7階に位置しており、客室からは東京スカイツリーや浅草寺五重塔だって望めるのだとか!

7階(最上階)
【コモンダイニング】

A446e727bed24ac6725c9fbb76c7ae2440e65154
Photo by Shiori Kawamoto

ここは宿泊者が自由に利用できる共用スペース。冷蔵庫や電子レンジ、トースター、ポットなどを備えているため、簡単な食事も可能です。

30fa170b8f7b05968917ccb3637c66cd5c17b832
Photo by Shiori Kawamoto

「BUNKA HOSTEL TOKYO」に、その想いを聞いてみました。

「日本に暮らす私たちの間で暗黙のうちに共有されている、心地よさの感覚。それが、私たちがお伝えしたい快適さです」

小ぶりながらも配慮のある2段ベッドや縁側のように緩やかに外とつながった居酒屋、ミニマルかつ体が悦ぶ食事…これらを通して“現代の日本らしさ”がどれだけ外国人観光客に伝わるのかーー。その挑戦に期待しましょう。

1490ad4c430bc820e476b9ce0faa032928c0546d
Photo by Shiori Kawamoto
Licensed material used with permission by BUNKA HOSTEL
「ねぇ、ホステルとゲストハウスの違いって何?」——って聞かれて、あなたは答えられますか!? どちらも泊まったことがある&旅行ガイドメディアに携わっているく...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
がんばって仕事をしている自分に、ご褒美の「お菓子」。オフィスならばよく見る光景です。でもそれで満足できないなら、心ゆくまでお菓子を堪能できる「ホステル」な...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
紺色のボディに金色の文字。一見すると、日本の5年用パスポートのよう。ですが、そこには「UENO WELCOME PASSPORT」と記されています。一体、...
日本の伝統技術は進化している。金魚の姿をリアルに再現したガラス細工のような作品だが、実は食べることができる「飴細工」だ。伝統飴細工店「浅草飴細工アメシン」...
東京・世田谷区に位置する豪徳寺。もしかしたら、都内で暮らしていても「駅名:豪徳寺」の印象しかない人も多いのでは。ですが、この閑静な住宅街の中にひっそりと佇...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
ココは、伊豆諸島を構成する島のひとつ、式根島。立派な東京都内です。写真の泊海水浴場は、ぐるっと岩に囲まれた入り江が特徴的で、水は抜群の透明度。波が穏やかな...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
ブラジル・サンパウロには70以上のホステルがあり、毎日世界中から何百人もの若い旅人たちがやって来ます。たいてい1人身で、予算は少なめ。そんな彼らにゆったり...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」と説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背景画...
小笠原諸島母島の、美しい動画をご覧ください。
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...