「星のや東京」で過ごす、圧倒的に優雅な時間。ここは、ホテルではなく日本旅館でした。

7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ、おもてなしの3つの要素を、現代に合せて進化させているのだとか。

畳や温泉、季節を感じる料理など、星のや東京が提供する「新たな日本旅館」。ここでは、こんなにも優雅な時間が堪能できるようです。

東京の中心で、
「日本旅館」を味わう

4e755dee2a88df5d489fec0b20c632731e1213d8

大手町とは思えないほどの静寂の空間。この玄関でまず靴を脱ぎます。

ほら、すでに日本旅館を感じるでしょ?だって、東京のど真ん中で「靴を脱ぐ」なんてこと、普通はありませんから。

Afcf1ac791c586f332b370e54365b25639d3bd06

これまで45回以上「星のや」に宿泊経験があり、「星のや東京」の最初の宿泊者となった高野仁さんも、この体験には驚きを隠せません。

「玄関で靴を脱ぎ、ほとんどが畳敷きの館内を素足や足袋で歩けます。エレベーターの中まで畳敷きだったので驚きました。都会とは思えないような静かな館内の畳の上を素足になりながら歩いていると、喧騒を忘れて非常にリラックスできましたね」。

4d3c8084b9f7dadbdb7e234a040d7e5f2c185426

限られた必需品と、清潔な寝具だけが整えられた清々しい客室「桜」。竹素材のクローゼットや障子が特徴的。

F062f37bafcb53a5a9d885bf708aef388a0162af

お茶の間ラウンジ

6e4a9b45c06e22082274a4db0b612e01fa32f994

各階に設けられた「お茶の間ラウンジ」は、畳続きの客室から自由に行き来が可能。小さなライブラリーとデスク、ソファが揃っています。

5b850c53f58ae31f8c6f7e2656543c41514ce7feA12d3495924abb216f6a5f85d996b67a8a15f3dd

ここは、時間や気候に合わせた「今日このひととき」にぴったりのお茶やコーヒー、お酒などを提供してくれる場所。味わいのみならず、日本の素晴らしさを居合わせた他の客と一緒に楽しむのも日本旅館の醍醐味でしょう。

22867722dd81c4136871814452206a061d3eaeb4

空を縁取る露天風呂

Fdbd360010474fe1900a1e5278780c39f9522058

内風呂の奥、ぽかんと空いた暗闇を進むと、露天風呂が広がります。高く見上げる天井には、刻々と移ろう空の風景。青の深さや雲の佇まいにすら、季節を感じられることに驚くはず。

日本の中心地に湧き出る温泉は、まさに宿泊者限定の贅沢。前述の高野さんもこのように魅力を語ってくれました。

オフィスビルが立ち並ぶ丸の内での温泉体験は、本当に不思議な感覚。露天風呂では、東京の空を眺めながら温泉に浸かるという非日常的な日本文化の体験ができます」。

これぞ、日本の朝ごはん

F601ea4cd0568378648e8b8c6a43a0d5d7ccbae4

日本を感じるのは、目覚めたときも同様。布団から出て「お茶の間ラウンジ」に向かえば、味噌の香りがふんわりと漂います。一日の始まりに季節の味噌汁と日本らしいおむすびをどうぞ。

宿泊だけじゃない
楽しみ方も

963e1970e571bd12a2b31e5053d92b1fc1da8249

胃に優しい朝食を食べた後は、腹ごなしの時間。外に出て、江戸のルーツを辿る「古地図歩き」へ。

大手町周辺は日本の経済を支えてきたほか、「粋・いなせ」といった文化の中心だった場所。今なお残る江戸時代の史跡や歴史の片鱗を訪ねて、歴史文化のガイドと散歩しながら、古き時代に思いを馳せてみては?

00b038162aa937a4409aaf02d089faa8ab543678

少し足を伸ばして
神田神社へ

07dc31326b842ebeb196f1cece8f133f02477400

江戸三大祭の神田祭にとどまらず、季節ごとに大きな行事があるのが神田神社の特徴。7月は七夕祭り、9月は将門塚例祭で、平将門の霊を鎮めます。古くから江戸全体を守るとされる神社ならではの、荘厳な雰囲気に圧倒されること間違いなし。

47d64faf78ac470c356a560202ac05064ff0e7f8

施設自体はもちろん、周辺の魅力もふんだんに味わえる、進化し続ける日本旅館──。東京の中心にいながらにして、小さな別世界に旅する感覚。ぜひ一度、味わってみたいものです。

43d4fd96cac612155cb3fdcfe011c478eb5df4c3

【施設概要】
星のや東京
・住所:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-1
・TEL:0570-073-066(星のや総合予約)
・料金:一泊一室78,000円~
・HP:http://hoshinoya.com

Licensed material used with permission by 株式会社星野リゾート
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
「星のや富士」は山梨県南都留郡富士河口湖町に、2015年10月30日(金)開業予定。日本初のグランピングリゾートとして、注目度を高めています。ちなみに、グ...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
いま、全国で10万匹近くの“飼い主のいないネコ”たちが、毎年殺処分されています(2013年環境省調べ)。ネコ好きならずとも、殺処分ゼロを願う人々の声もある...
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
ココは、伊豆諸島を構成する島のひとつ、式根島。立派な東京都内です。写真の泊海水浴場は、ぐるっと岩に囲まれた入り江が特徴的で、水は抜群の透明度。波が穏やかな...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
二度寝といえば、ちょっぴり罪悪感を感じてしまうもの。でも、あの気持ちよさは、止められないんですよね。僕が快感を覚えるひとつが国内旅行。旅館やホテルなどで、...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...