東京の天然温泉#6 湯上り後のまち歩きが楽しい「杉並区」の銭湯、スパ3選

東京の天然温泉特集の第6弾で取り上げるのは、杉並区です。ここは西荻窪や高円寺など、中央線沿いのサブカルタウンがあって、まち歩きが楽しいエリア。普段行かないエリアでも、温泉を目当てに訪れて、ついでに散歩をしてみると新しい発見があるかもしれません。だけど、湯冷めにはお気をつけて。それでは、杉並区にある天然温泉を紹介します。

1.
ゆっくりとリラックスできる
「なごみの湯」

©2019 なごみの湯

「なごみの湯」は、JR中央線荻窪駅から徒歩3分の天然温泉。泉質は、腰痛や肩こり、冷え性などに効能あり。露天風呂をはじめとして、ジェットバスや超高濃度炭酸泉風呂など6種類の温泉を楽しめます。サウナは、スチームサウナや低温サウナ、遠赤外線の高温サウナなどが揃っていて、女湯にはアロマが香るミストサウナもあります。

この施設は、岩盤浴やレストラン、マンガ雑誌コーナーも利用できるのでゆっくりとリラックスしたい人にはおすすめのスポット。リクライニングシートのある休憩室は、女性専用もあるので夜間利用も安心です。

なごみの湯
住所:杉並区上荻1-10-10
TEL:03-3398-4126
料金:大人1800円、子供(4歳〜小学校6年)1050円、幼児530円
定休日:年中無休
営業時間:10:00〜翌9:00(月曜10:30〜、土日祝9:30〜)
備え付けシャンプー&ボディソープ:あり
駐車場:ユア立体駐車場(提携駐車場)の優待サービスあり
公式HP:https://www.nagomino-yu.com/

2.
季節を楽しむ露天風呂
「高井戸天然温泉 美しの湯」

©2019 高井戸天然温泉 美しの湯

「高井戸天然温泉 美しの湯」は、春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪の眺めを楽しむことができる露天風呂が人気の天然温泉です。神経症や関節痛などに効能がある泉質で、露天では炭酸泉などを楽しめる週替わりの湯、浴室ではジェット風呂や高温と低温のサウナを利用することができます。施設内には、プールやボディケアルームも設置されていて、お食事処もあります。野菜カレーやピザ、サラダなど室内栽培の無農薬野菜を使用したメニューがおすすめです。

京王井の頭線高井戸駅から徒歩2分と、駅近にあります。

高井戸天然温泉 美しの湯
住所:杉並区高井戸西2-3-45
TEL:03-3334-0008
料金:平日大人900円(*22:30以降入場は700円)、子供700円、土日祝大人1200円(*900円)、子供1000円(*900円)、土日祝はプールも使用可能(*詳細はお問い合わせください)
定休日:不定休(*ホームペジでチェック)
営業時間:9:30〜24:00(*最終受付23:30)
備え付けシャンプー・リンス&ボディソープ:あり
駐車場:あり
公式HP:http://utsukushi-yu.com/

3.
水曜と土曜限定の天然温泉
「ゆ家和ごころ 吉の湯」

©2019 吉の湯

週に2回、天然温泉を楽しめる銭湯は「ゆ家和ごころ 吉の湯」です。ここでは毎週水曜日と土曜日に、港区の天然温泉「麻布黒美水温泉 竹の湯」から運んできた湯を張ったつぼ湯に浸かることができます。リラックス効果のある高濃度炭酸泉を使った露天風呂も人気で、サウナの温度は80度前後に設定されています。

丸ノ内線新高円寺駅と京王井の頭線西永福駅の中間地点にあるので、それぞれの駅からバスでアクセスできます。バス停「松ノ木住宅」、「成田東三丁目」から徒歩5分です。

ゆ家和ごころ 吉の湯
住所:杉並区成田東1-14-7
TEL:03-3315-1766
料金:大人460円(*サウナ料込み850円)、小学生180円、幼児80円
定休日:月
営業時間:13:30〜22:00(*最終入店21:30)
備え付けシャンプー&ボディソープ:フロントにて無料配布
駐車場:あり(*店舗前に2台、第二駐車場に5台、駐車可能)
公式HP:http://yoshinoyu.sakura.ne.jp/

Top image: © 2019 高井戸天然温泉 美しの湯

関連する記事

「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
「品川区」から始まった東京の天然温泉特集、第5弾は「世田谷区」です。今回は、「月見湯温泉」「そしがや温泉21」「THE SPA 成城」を紹介します。いずれ...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
東京・銀座にて、お湯がないのに温泉に浸かっているように寛げる「エアー温泉」が2月11日までオープン。湯上りの瓶ドリンクに温泉宿料理も楽しめて、まるでプチ温...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
エジプトの著名な考古学者のザヒ・ハワス氏が率いる研究チームが、エジプト南部ルクソールにて、古代エジプトの都市遺跡を発見。
東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!
9月28日、東京・世田谷代田駅前に温泉旅館「由縁別邸 代田」が開業。
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
全国1万5693件の温浴施設情報が集まる国内最大級の温泉サイト「ニフティ温泉」が2020年のランキングを発表した。
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
日本の温泉文化は、外国人にとっては馴染みのないものです。だからこそ、海外から来たお客さんの中には、ルールを知らないまま入浴してしまう人も多いんだとか。そん...
ラジウム鉱石、ブラックシリカ、ゲルマニウムなどの温泉成分を配合したツボテープ「貼る温泉」が誕生。ツボや関節、リンパに貼るだけで、身体の芯からポカポカと温か...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
「クワンソウ」という伝統野菜から作るお茶には、寝つきが良くないときに飲むと、不思議と安眠が得られるとして沖縄では古く琉球王朝時代から飲まれていた。現在も今...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。