温泉天国「群馬」の名湯8つ

群馬県は草津、伊香保など、たくさんの温泉郷が一同に集う「温泉天国」。

そんな温泉県の県民は、どこの温泉に行っているのだろう? 隠れた名湯はあるの? と思い、群馬県の知人に聞いてみたところ、こんな答えが。

「知名度では選んでいません。大事なのは泉質。みんな、肌や健康状態に合うお湯を知ってるんです」

そこで今回は、群馬の代表的な温泉をピックアップしつつ、その泉質について紹介します。

01.
全国三名泉のひとつ
「草津温泉」

言わずと知れた、有馬、下呂温泉と並び称される全国三名泉のひとつ「草津温泉」。

泉質は酸性泉で、少し肌にピリピリした感触があります。一般的適応症、きりきず、慢性皮膚病、慢性婦人病、動脈硬化症などさまざまな効能が期待でき、一説では「恋の病以外ならどんな病気でも治る」とか。

草津温泉観光協会
TEL:0279-88-0800

02.
飲める温泉!?
「四万温泉」

昭和29年、国民保養温泉地の第一号にも指定された「四万温泉」。

奥四万湖など優れた環境が広がり、温泉の湧出量も豊富。ここの温泉は昔から「飲めば胃腸によく、入浴すれば肌に良い」とされ、飲泉所も配置されています。胃腸病、食欲増進などの効能にも期待。 

四万温泉協会
TEL:0279-64-2321

03.
健康促進&子宝の湯
「伊香保温泉」

伊香保温泉には、2種類の温泉があります。

ひとつめは湯のなかに含まれる鉄分が酸化し、茶褐色がついた「黄金(こがね)の湯」。やわらかな湯で、体を芯から温めて血行を促す作用があります。病気やケガの療養、そして女性には子宝の湯として喜ばれてきました。もうひとつが近年湧出が確認された「白金の湯」。こちらは疲労回復、健康促進に良いそうです。

渋川伊香保温泉観光協会 
TEL:0279-72-3151

04.
名湯めぐりも醍醐味
「みなかみ18湯」

みなかみ町には18湯の温泉があります。

水上温泉郷の中心に位置する水上温泉では、一般的適応症、きりきず、やけど、慢性皮膚病、動脈硬化症などの効能が期待でき、その他にも神経痛、リウマチに効果的な川古温泉や美肌効果が魅力の真沢温泉など。

肌や体調に合わせて泉質を選んだり、名湯めぐりをするのもいいですよね。

みなかみ町観光協会
TEL:0278-62-0401

05.
神をも癒した伝説
「老神温泉」

ここでは、名前の由来に注目!

赤城山の神(ヘビ)が傷ついたとき、この湯で傷を治し、男体山の神(ムカデ)を追うことができたことから「追い神」と呼ばれるようになり、それが「老神」になったと伝えられています。一般的適応症に効果的で、慢性的な痛み、疲労回復が期待。

老神温泉観光協会
TEL:0278-56-3013

06.
高温の湯を楽しむなら
「万座温泉」

こちらは、標高約1,800mの高原に湧く温泉地。「万座は地熱の上にある」といわれるほど、量が豊富で高温なのが特徴。

濃い硫黄泉が胃腸病や神経痛によく効くとされていて、冷え性や筋肉・関節痛にも良いそうです。熱い湯を堪能しながら、高原ならではの展望を楽しむのも◎。

万座温泉観光協会
TEL:0279-97-4000

07.
傷ついた兵士を癒したという
「やぶ塚温泉」

天智天皇の開湯伝説が伝わる、のどかな丘陵地帯に湧く古湯。

田園地帯の穏やかな景観は、体だけではなく心も癒やしてくれるはず。泉質はメタけい酸及び炭酸水素ナトリウム含有で、病後回復期、疲労回復、健康増進に効果があり、かつて傷ついた兵をこの温泉で癒やしたという言い伝えから「新田義貞(にったよしさだ)の隠し湯」とも呼ばれています。

太田市産業観光課
TEL:0276-47-1833

08.
♨︎マークの発祥地
「磯部温泉」

天明3年(1783)の浅間山大噴火のときに湧出量が増した温泉で、足湯なども気軽に楽しめます。

今では全国で定着している「温泉マーク」発祥の地としても有名。泉質は塩化物泉で、一般的適応症、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病への効果に期待あり。

安中市観光機構
TEL:027-385-6555

 

—— 温泉天国「群馬県」。

その総数は、200ヶ所以上とも言われます。あなたの肌や体調に合う温泉がきっとあるはず。これを機に“泉質”に注目してみては?

写真提供:ググッとぐんま観光推進協議会

JAPAN LOCALの公式ツイッターはこちら

【群馬の記事をもっと読む】

草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
下呂温泉といえば、草津温泉、有馬温泉と並び称される日本三名泉の一つ。美容にいいお湯がでることから「美人の湯」と言われています。しかし、実は男性のみなさんに...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
街中にアートが点在されているイベントが、いよいよグランドオープン。
東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
日本の温泉文化は、外国人にとっては馴染みのないものです。だからこそ、海外から来たお客さんの中には、ルールを知らないまま入浴してしまう人も多いんだとか。そん...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
湯治とは、まだ医療が今ほど発達していなかった時代において、温泉で病を治したという温泉療法のこと。1週間から10日間ほど温泉地に滞在しながら療養することと定...
11月上旬に初雪を観測した秋田県の秘湯、「乳頭温泉温泉郷」を紹介します。行き方は「東京」駅から乳頭温泉郷の最寄り「田沢湖」駅までは2時間50分ほど。最寄り...