地元の人が厳選した、群馬県のおすすめ温泉8選

草津温泉、伊香保温泉、四万温泉、水上温泉。

これらのいわゆる四大温泉の他にも、群馬にはたくさんの温泉地があり、その数は200以上ともいわれています。中でも、とくにおすすめのスポットを地元の人に教えてもらいました。

01.
一度は訪れたい山奥の秘湯
「法師温泉」(みなかみ町)

5898955246272512

新潟県との県境、静かな山奥にあるのは「法師(ほうし)温泉」です。宿泊施設の「長寿館」は、本館と別館が国の有形文化財に登録されていて、一度は訪れたい歴史ある温泉地です。

メインの法師乃湯は混浴風呂ですが、男女時間交代制の玉城乃湯や女性専用の長寿乃湯もあるので、混浴に抵抗がある人にとっても安心です。ここは、浴室をはじめとする風情ある建物が、なんといっても魅力的。

6072730428375040

02.
『テルマエロマエⅡ』の舞台
「宝川温泉」(みなかみ町)

6438254794506240

渓流沿いに佇む、大きな露天風呂で有名な一軒宿の温泉地「宝川(たからがわ)温泉」。2010年に旅行ガイドブックのロンリープラネットが、『日本の温泉10選』の一つに選出したこともあり、多くの外国人観光客が訪れています。

豊富な湯量や泉質の温泉で、2014年に公開された映画『テルマエロマエⅡ』のロケ地となったことでも注目を浴びています。

03.
発見から800年以上
「川原湯温泉」(長野原町)

5835322755645440

源頼朝が、浅間山麓に狩りに出かけた時に発見したとも伝えられている「川原湯温泉」。ここは、発見から800年以上が経過する歴史ある温泉です。約400年前には突然温泉が出なくなりましたが、温泉から卵と似た匂いがしたため鶏をいけにえにして祈ったところ、再び温泉が湧き出したそうです。当時、お湯を掛け合って喜んだことがきっかけとなり、今でも毎年冬に奇祭「湯かけ祭り」が開催され、県内外から多くの人が訪れています。

ここ数年は、20代の老舗旅館後継者も相次いで誕生しており、伝統と新しい文化の融合が進んでいるようです。また、八ッ場(やんば)ダムの建設事業に伴って温泉旅館の移転も進み、新たな温泉街が形成されつつあります。

04.
日本屈指の高所温泉
「万座温泉」(嬬恋村)

4960289606860800

万座(まんざ)温泉」は、標高1,800mに位置する日本屈指の高所温泉です。「万座は地熱の上にある」といわれるほど、湯量が豊富で高温となっています。濃い硫黄泉である白濁の湯は、胃腸病や神経痛によく効くともいわれていて、名所の「空吹」からは蒸気がモクモクとたちのぼっています。

05.
川が露天風呂になる
「尻焼温泉」(中之条町)

5602895365931008

長笹沢川を堰き止めて作られた「尻焼温泉」。川の湯とも呼ばれ、まさに自然の中の天然露天風呂です。痔を治す効能があるとされていて、川原に穴を掘ってお尻だけを湯にあてて治療をしていたという昔話があるほど。「しりやき」というユニークな名前は、そういったことが由来となっています。

川の湯だけに、入浴は無料。更衣室は設置されていないので、事前に水着に着替えておくことをおすすめします。

06.
温泉マーク発祥の地
「磯部温泉」(安中市)

4935624683421696

天命3年(1783年)の浅間山大噴火の時に、湧出量が増したといわれる「磯部温泉」。皮膚病や慢性消化器病などへの効能があり、有名な温泉マークの発祥の地でもあります。

磯部せんべい」は、この温泉を使って仕上げられる磯部温泉の名物です。店ごとに味や形に特徴があるので、食べ比べするのも楽しいですよ。

07.
イノブタ料理が食べられる
「塩ノ沢温泉」(上野村)

4802943748407296

群馬県西部の上野村。そこの大自然の中に湧くのは「塩ノ沢温泉」です。柔らかな湯ざわりの温泉もさることながら、この村ではイノシシとブタをかけ合わせて生まれたイノブタ料理が名物。

温泉でリラックスした後は、村外ではなかなか手に入らない貴重なイノブタの赤身肉を食べてみるのはいかがでしょうか。

08.
上州の薬湯
「赤城温泉」(前橋市)

6342218419798016

関東平野の端、赤城山の中腹に位置する「赤城(あかぎ)温泉」。その効能から「上州の薬湯」とも呼ばれ、元禄2年(1689年)には湯小屋が建てられたことが判明している歴史ある古湯です。

小さな宿が点在し、前橋市内ながらしっかりとした露天風呂を楽しむことができます。

 

群馬県全域からまんべんなくご紹介しました。

東京からだと、日帰りでも十分楽しめるところもあります。都合に合わせて旅行プランを考えることができるので、行きやすいですよね。

画像提供・取材協力:群馬県
愛すべきクレイジー、群馬県
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
下呂温泉といえば、草津温泉、有馬温泉と並び称される日本三名泉の一つ。美容にいいお湯がでることから「美人の湯」と言われています。しかし、実は男性のみなさんに...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
街中にアートが点在されているイベントが、いよいよグランドオープン。
東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
湯治とは、まだ医療が今ほど発達していなかった時代において、温泉で病を治したという温泉療法のこと。1週間から10日間ほど温泉地に滞在しながら療養することと定...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
日本最古の温泉である道後温泉と蜷川実花氏のコラボレーション企画「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」。グランドオープンから約2ヶ月が経過した現在、In...
「暑いときこそ、熱いものとか辛いものを食べればいい」って言われても、正直そう簡単に覚悟できるものではないですよね。汗をかくことでスッキリするのは分かってい...
11月上旬に初雪を観測した秋田県の秘湯、「乳頭温泉温泉郷」を紹介します。行き方は「東京」駅から乳頭温泉郷の最寄り「田沢湖」駅までは2時間50分ほど。最寄り...
シンクロと大分県のバラエティ豊かな温泉を掛け合わせたユニークで斬新な「シンフロ」動画で世界を沸かせた大分県が、今回またも本気で挑んだ動画は、温泉で繰り広げ...