本当はスマートボールそっちのけで話していたい、群馬・四万温泉の名物女将「ふじこさん」

スマートボールは人生そのもの。
そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。

スマートボールを体験しながらいろんな話をしているうちに、なんだか茶飲み友だち以上おばあちゃん以下みたいな距離感に……。とにかく居心地がいいんです。

こぢんまりとした
温泉街のその先に

「柳屋」があるのは、落合通りという通りの一角。四万温泉の公共駐車場に車を駐め、歩いて5分ほどの距離にあります。

4796252424241152
© 2018 Etsu Moriyama

『千と千尋の神隠し』のモデルになったと言われる風景に感動しながら少し進むと、雰囲気満点な落合通りに到着します。

4799421908779008
© 2018 Etsu Moriyama

そうするとすぐに「パチンコ スマートボール 柳屋」の看板があるのですが、やっぱり独特な雰囲気があります。なので、行けばきっと、わかります!

スマートボールってなんだ?
孫の手とともに

“オレの彼女はカズノコが好き〜♫”

お店の入り口まで近づくと、元気なBGMが聞こえてきます。プレイリストとしては、ずっと前に地元のスーパーで流れていたような(もしかしたらお父さんが歌っていただけかもしれない?)ものばかり。シブがき隊とか、松崎しげるとか、ユーミンとか、そのへんです。

お店の雰囲気も相まって、ちょっとしたタイムスリップ感に浸っていると、女将のふじこさんが元気に迎えてくれました。

「いらっしゃい。お好きな台にお座りになって〜」


そもそもスマートボールがどんなものなのかなど、何も知らずに行きましたが、ふじこさんが教えてくれるので大丈夫です。

4918987154522112
© 2018 Etsu Moriyama
4872967251034112
© 2018 Etsu Moriyama

このスタイルで、孫の手の先を目で追いかけているとだいたいルールはわかります。

「難しいことなんてないよ!」

と、ふじこさん。

4917945624952832
© 2018 Etsu Moriyama

手元のレバーを引いて離すとガラス玉が飛び出す仕組みです。玉が5の穴に入れば追加で玉が5個出てくる。15の穴に入れば追加で15個出てくる。そんな感じです。


ルールを把握したら、あとは遊ぶのみ!

「これはね、上手下手ない。コツもないし。運です」

本当にその通りで。単純なんですが、パチンコとは違って、知識がなくても誰でも同じ土俵で楽しめる遊びだと思います。玉が穴に入ると気持ちがいいし、入った瞬間たくさん玉が出てくるのもうれしいです。

おしゃべりとお茶が
後半の定番の過ごし方

6051116240338944
© 2018 Etsu Moriyama

「いかが!?かりんとう」

最初はずっと玉を目で追って張り付きがちなのですが、慣れてきた頃にふじこさんがお茶を出してくださいました。

ここからが楽しさ本番!という感じ。おしゃべり(おはなし)に花が咲きはじめます。

4850546448007168
© 2018 Etsu Moriyama

(こぼすと大変なので、お茶は入り口すぐのテーブル箇所でいただきます)

最終的には、お茶の間感…。

5992330083434496
© 2018 Etsu Moriyama

「ここは60年やってる。10代の時から。私は甌穴(おうけつ)の方の出なんだけど、昔は身体が弱くて、ここで働きながら身体を治したんですよ。四万病の病に効くんで四万温泉っていうし」

とか

「スマートボールはパチンコよりも歴史が古いんですよ。戦後すぐから。ここ(柳屋)のはね、500円で最初にボールが50個も出てくる。そして穴に入ったらひとつじゃなくていっぱい玉が出てくるでしょ。よく言われますよ、良心的だって(笑)」

とか

「(壁一面の色紙を指差しながら)これね、ぜーんぶテレビ!あそこ(反対側)にあるぐんまちゃんは、テレビにではじめた頃買ったんですよ。9000円くらいしました(笑)」

とか。

話している途中に、玉が穴に入って「ワーーー!!!」とかいうことになるので、話題は都度変わりますが(笑)、尽きることはありません。

そんなこんなで表情はどんどんほぐれていき……。


そろそろ玉も尽きるかな、と思いながら、レバーを引いてたら、ボードの中の蝶々の羽が上がる「連勝」という、まあまあすごい現象が起きました。

4890532996186112
© 2018 Etsu Moriyama

(最初の方のボードの画像と比較した時の、蝶々の羽ばたき具合に注目です!蝶々の真下の15の穴2つともに玉が入った時に起こる現象です)

6045387676712960
© 2018 Etsu Moriyama

「人生だねえ。最後まで何が起こるかわからないね」

って。人生とスマートボールに通ずるところを教わりました。

あとは、ふじこさん曰く、欲がないほうが入るんだそうです(ほんとかどうかは謎です)。まあこれ、何事においてもなかなか難しい話なのですが(笑)。

「今夜は帰さないよ(ふふふ)。
四万温泉に泊まりだね(ふふふ)」

4846822644252672
© 2018 Etsu Moriyama

帰り際、名刺代わりにいただいたティッシュにこんなことが書いてありました。

四万の湯の
柳屋に来て
パチンコを
憂きしな忘れ
はじく
たまゆら


もう、ここまで書いてきた文章がいらないくらい「柳屋」のことが表れている言葉なのではないかと思いました。


テレビの取材が数えられないほど来ていたり、多くの有名人が足を運んでいたり。きっと理由は、スマートボールが珍しいから。そして、気さくで優しいふじこさんの人柄があってこそ。

そして、「柳屋」の歴史である60年をかけて醸成された“ふじこさんワールド”が四万温泉にあるからこそ、訪れる人が雑事を忘れられるんじゃないかなあと思ったわけです。ここが愛される一番の理由は、これなんだと思います。


……なんて考えながら、四万温泉を後にしました。来たときよりもより一層『千と千尋の神隠し』感を感じたのは、ここだけの話です。

「柳屋」
住所:群馬県吾妻郡中之条町四万4145
TEL:0279-64-2520
営業時間:10:00〜周辺旅館の夕食の時間(17:00〜18:00頃)
定休日:木曜日
料金:1回(50玉)500円

Top image: © 2018 Etsu Moriyama
取材協力:群馬県
愛すべきクレイジー、群馬県
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
「暑い」と、毎年ニュースでとりあげられがちなのが、岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市や高知県四万十市。そして、群馬!そんな暑いまち・群馬の高崎市で気になったのが...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
下呂温泉といえば、草津温泉、有馬温泉と並び称される日本三名泉の一つ。美容にいいお湯がでることから「美人の湯」と言われています。しかし、実は男性のみなさんに...
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
街中にアートが点在されているイベントが、いよいよグランドオープン。
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...