表現活動の一部!?群馬・高崎のフラワーアーティストがつくる創作かき氷

全国各地で猛暑日連発。もはやどこの地域も同じなのではないかと思ってしまいそうですが、なかでも、ひと際「暑い」と、毎年ニュースでとりあげられがちな(イメージがある)のが、岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市や高知県四万十市。そして、群馬!(館林とか……)

そんな暑いまち・群馬の高崎市で気になったのが、お花屋さんのなかにあるかき氷屋さん「花暦氷本舗」です。ここでは、立地とお花屋さんならではの経歴を活かしたかき氷が楽しめます。

群馬県産フルーツや食用花の
自家製ソースがたっぷり

4849303122083840
© 2018 Etsu Moriyama
左から「榛名うめ」「いちご」各650円

見ているだけでも涼しくなってきそうなこの感じ……。
既製のシロップのかき氷は300円〜、自家製のものも500円〜とお手頃です。そして、氷はふわっふわ。かき氷のために作られた純氷が使われていて、ふわっふわを保つために、氷の温度管理と氷を削るための刃のコンディションにはかなり気を使っているんだそうです。

4819713347551232
© 2018 Etsu Moriyama
ちゃんと中にもシロップが!

そもそも、最初にここのかき氷に注目した理由は、地元産フルーツを使ったメニューが充実していたからでした。公式Instagramをさかのぼって見てみると 、「何種類あるんだ?」ってくらい色んな種類がありました。榛名桃、榛名なし、プラム、芋、トマト……など。

これは取材に行ってみてはじめて知ったのですが、お店があるのが「榛名フルーツ街道」と呼ばれている道路沿い。「花暦氷本舗」では、果物や野菜などの時季ものは、一番おいしいときを見極めて、近所の直売所から仕入れるんだそうです。つまり、期間限定メニューがいっぱいあるんです!そのなかでも注目なのが、夏に登場する「ベルバラオーガニックローズ」(1200円)です。お花屋さんがつくるお花のかき氷なわけですが、材料となる花びらの仕入れは、食用のバラとして国内初の認定を受けた「ベルバラ園」。オーガニックローズを使ったシロップはお店で手作りしています。

通年ある定番メニューの中で人気なのは、「いちごレアチーズ」「カフェオレ」「かぼちゃプリン」あたり。これを目当てに来る、群馬県外からのリピーターさんもいるんだとか。

あくまで本業は
お花屋さんなんだけど…

5978538406576128
© 2018 Etsu Moriyama

やっぱり気になったのが「お花屋さんなのに、なんでかき氷?」ってこと。これ、理由が結構潔いのですが

「花屋として年間で一番忙しいのが母の日なんです。母の日を過ぎてしまうとお盆までが暇で。そんな時に、近所の飲食店に行列ができているのを見たんですよ。で、“食べ物の力ってすごいなー”って思って。“花屋行列できね〜!”って(笑)。例えばうちが、どんなにいいバラやユリをおいていたとしても、なかなか県外から来てくれる人っていないんですよね。つまり、花屋から見た飲食業界が華やかに見えたってわけです(笑)」

と、オーナーご夫婦のご主人。

「だから、お花が忙しいときはかき氷は休んじゃう。本業はお花なので」

って。2013年からかき氷をはじめて今年で5シーズン目。リピーターさんたちは、だんだんこの周期をわかってきているんだそうです。

6008241662197760
© 2018 Etsu Moriyama

ところで、オーナーご夫婦は幼なじみ。そして、お二人ともフラワーアーティスト(お二人とも結構な賞歴があります……!)。

そして、お二人とも同じ師匠・松田隆作さんのもとで修行をされています。松田さんの作品集を見せていただいたのですが、なんとも前衛的というか、奇抜な作品がちらほら。

「昔は僕たちも尖ってやってた時期があって。今はだいぶ丸くなりました(笑)」

国内外の展覧会をはじめ、群馬県庁や東京ミッドタウンに展示されたものなど、お二人の作品をたくさん見せていただきましたが、どれもステキでした(師匠の作品と通ずるものを感じる作品もありました)。

テーマはレインボー

4885546606264320
© 2018 Etsu Moriyama

お花屋さんの看板商品は、厳選した国産バラを自店で染め上げた「レインボーローズ」。

4785093696552960
© 2018 Etsu Moriyama

かき氷屋さんにも「レインボー」。

そして、(少し前の写真で登場している)ご主人のTシャツも、レインボー。イベント時などは、虹色アフロスタイルのこともあるそうです……。

周りからは、遊んでるって言われることもあるそうですが(笑)、でもきっと、お花もかき氷もお店の雰囲気づくりも、全部ひっくるめて“表現活動”。奇抜な作風の師匠のもとで学んだことを生かし、今後はもっと奇抜な(他店がやらないような)かき氷を作るべきだし、作っていきたいんだとか。

「かき氷に花生けてみたり!?」

なんて、笑っておっしゃっていましたが、将来それくらい奇抜なかき氷が提供される日が来るのかもしれません。

予約を忘れずに

4793652895285248
© 2018 Etsu Moriyama

遠くから来る人への配慮や駐車場との兼ね合いで、かき氷は予約優先。HPから予約ができます(デポジット制)。空いている場合は飛び込みもOKです。

4863296461078528
© 2018 Etsu Moriyama

「花暦氷本舗」
住所:群馬県高崎市剣崎町1207-9 
TEL:027-343-1269(電話予約は不可)
営業時間:10:00〜18:00
定休日:日曜日(小学生の夏休み期間は定休日が木曜日に変更)
公式HP:http://www.hana-goyomi.com/Cafe/index.html
Instagram:https://www.instagram.com/hanagoyomikoori/?hl=ja
※期間限定メニューや営業日程はInstagramをチェック

Top image: © 2018 Etsu Moriyama
取材協力:群馬県
愛すべきクレイジー、群馬県
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
「今の住空間にダルマは合うか?」そんな発想で誕生したのが、「アクティ大門屋」のはりこーシカという民芸品。そこには、高崎だるまを140年間作ってきた「アクテ...
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
「桐生にイケてる人が集まってるらしいよ」。そんなふわっとした噂を確かめてみたくてはじめた、まち巡り。今回、「リップル洋品店」「Purveyors」「わびさ...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
グンマあるある集めました。そして、県庁職員にぶつけてみました。「デートスポットは県庁かイオン」「中高生にセーブオンの39円アイスが人気」「学校の号令は、起...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
日本の夏の風物詩に、かき氷を欠くことはできません。でも氷で涼を得るのは、東南アジア全般でもあります。たとえばインドネシア、「エス・ブア」というフルーツたっ...
最近少しずつテレビに出始めている群馬のはっちゃんこと、田村はつゑさん(83)。桐生市にある彼女が営むバイキング屋さん「はっちゃんショップ」には取材で2度行...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...