もっとかわいい民芸品があっていいじゃないか!

「今の住空間にダルマが合うと思う、女性は多いでしょうか?」

これ、「アクティ大門屋」という会社の社長の言葉。決してだるまを侮辱しているわけではない。だって、そもそも同社は群馬県高崎市にあり、140年以上も「高崎だるま」をつくり続けている会社なのだから。

では、同社がつくる民芸品にはどんなものがあるのだろうか?

もちろん、“だるま魂”が生きていることは間違いない。

マトリョーシカならぬ
「はりこーシカ®️」

0487281cd3ad25ea53149b5f428bd2bbe577c7d2

大きい招き猫から小さい招き猫がぽこぽこぽこぽこ。

67a6079957f55b7e631088d60af7ca489560153c

こちらは、鯉のぼりバージョン。

 

かわいい……。

この商品は、張り子でできた同社の人気商品だ。でも、これだけでは、これらとだるまの関係は、なかなかピンとこないだろう。

300年の歴史をもつ「高崎だるま」
絶対に変えられないところは?

E2de397a0f744a9dddbfa0a51b0a37ed2dae9b5e

ひとつ、「縁起物」としての要素をもつこと。

ふたつ、受け継いできた「張り子の技術」。

同社の社長いわく、だるまのこの2つは変えられないんだとか。冒頭のかわいい民芸品は、このだるま要素にもう一段階、独自の「ハリコイズム」が加わって生まれたというのだが。

世界的建築家 ブルーノ・タウトが
高崎に残したもの

07d40aef0824c8469948353b4d50e6d9ac0c9eea

ICH LIEVE DIE JAPANISCHE KULTUR(私は日本の文化を愛す)

ドイツ生まれの著名な建築家、ブルーノ・タウト(1880〜1938)の言葉の碑が高崎に残っている。場所は少林山達磨寺(しょうりんざんだるまじ)。タウトは、ナチス政権の台頭に身の危険を感じて日本へ亡命し、達磨寺で2年3カ月の歳月を過ごした。彼が高崎でつくったデザインは1000点以上。去り際に「八幡村(現在は高崎市)万歳、少林山万歳」と挨拶するほど、彼にとって高崎は特別な場所になったことが想定される。

タウトは国際的に高い評価を受けていた建築家だが、タウトがいくら偉大といえども、実際につくる人がいないとデザインは形にはならない...。ここでタウトと職人たちを結びつけたのが、当時高崎で進められていた民芸運動の中心人物であった水原徳言(1911〜2009)氏。タウトは何か思いつくたびに水原氏に相談し、それを受けた水原氏が“誰ならできるか”を考えて最適な職人に依頼していた。そして英語が分からない職人のために、必ず作品づくりに同行していたのだという。

つまり、水原氏の存在なくして、タウトのデザインが形になることはなかったのだ。

今に生きる
「ハリコイズム」

タウト唯一の日本人弟子といわれる水原氏はその後、「アクティ大門屋」の顧問になった。よく話していたのは、“ふだんの暮らしの中で使われてきた日用品の中に美しさを見出し、活用していこう”という民芸運動の話。この話から社長が今に生かしているものが「普段使いの美」

もうひとつ、水原氏は「新しいものをどんどんつくりなさい」というアドバイスを盛んにしていたんだそう。もちろん、なんでもかんでもつくればいい、ということではない。使い手の心の奥底を探り、土地柄や背景などを踏まえた、心に沿ったものづくりを、ということだ。ここの部分から得たものが「本物」と「本質」を大切にするということ。

D90cb123a2a52f1ebc0d9576b54130c957eaf26f
左:犬張り子2号 右:犬張り子1号
犬は出産が軽く多産であることにあやかり、「子宝・安産」のお守りともされる

 水原氏の教えを取り入れ、新しいものづくりに挑戦していった結果、平成元年まで「アクティ大門屋」の制作物の95%を占めていた「高崎だるま」は、気づけば1桁に。「だるま×ハリコイズム」にのっとったオリジナル民芸品は、今、売り切れになるほど全国各地の人に愛され、日々に「ホッ」とする時間を提供しているのだ。

「暑い」と、毎年ニュースでとりあげられがちなのが、岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市や高知県四万十市。そして、群馬!そんな暑いまち・群馬の高崎市で気になったのが...
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
棟方志功、坂口安吾、シャンソン歌手の石井好子……。著名な文化人に愛される、群馬県桐生市にあるカレー店「芭蕉」。創業は昭和12年。店内には巨匠・棟方志功の壁...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
「桐生にイケてる人が集まってるらしいよ」。そんなふわっとした噂を確かめてみたくてはじめた、まち巡り。今回、「リップル洋品店」「Purveyors」「わびさ...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
グンマあるある集めました。そして、県庁職員にぶつけてみました。「デートスポットは県庁かイオン」「中高生にセーブオンの39円アイスが人気」「学校の号令は、起...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...