もっとかわいい民芸品があっていいじゃないか!

「今の住空間にダルマが合うと思う、女性は多いでしょうか?」

これ、「アクティ大門屋」という会社の社長の言葉。決してだるまを侮辱しているわけではない。だって、そもそも同社は群馬県高崎市にあり、140年以上も「高崎だるま」をつくり続けている会社なのだから。

では、同社がつくる民芸品にはどんなものがあるのだろうか?

もちろん、“だるま魂”が生きていることは間違いない。

マトリョーシカならぬ
「はりこーシカ®️」

0487281cd3ad25ea53149b5f428bd2bbe577c7d2

大きい招き猫から小さい招き猫がぽこぽこぽこぽこ。

67a6079957f55b7e631088d60af7ca489560153c

こちらは、鯉のぼりバージョン。

 

かわいい……。

この商品は、張り子でできた同社の人気商品だ。でも、これだけでは、これらとだるまの関係は、なかなかピンとこないだろう。

300年の歴史をもつ「高崎だるま」
絶対に変えられないところは?

E2de397a0f744a9dddbfa0a51b0a37ed2dae9b5e

ひとつ、「縁起物」としての要素をもつこと。

ふたつ、受け継いできた「張り子の技術」。

同社の社長いわく、だるまのこの2つは変えられないんだとか。冒頭のかわいい民芸品は、このだるま要素にもう一段階、独自の「ハリコイズム」が加わって生まれたというのだが。

世界的建築家 ブルーノ・タウトが
高崎に残したもの

07d40aef0824c8469948353b4d50e6d9ac0c9eea

ICH LIEVE DIE JAPANISCHE KULTUR(私は日本の文化を愛す)

ドイツ生まれの著名な建築家、ブルーノ・タウト(1880〜1938)の言葉の碑が高崎に残っている。場所は少林山達磨寺(しょうりんざんだるまじ)。タウトは、ナチス政権の台頭に身の危険を感じて日本へ亡命し、達磨寺で2年3カ月の歳月を過ごした。彼が高崎でつくったデザインは1000点以上。去り際に「八幡村(現在は高崎市)万歳、少林山万歳」と挨拶するほど、彼にとって高崎は特別な場所になったことが想定される。

タウトは国際的に高い評価を受けていた建築家だが、タウトがいくら偉大といえども、実際につくる人がいないとデザインは形にはならない...。ここでタウトと職人たちを結びつけたのが、当時高崎で進められていた民芸運動の中心人物であった水原徳言(1911〜2009)氏。タウトは何か思いつくたびに水原氏に相談し、それを受けた水原氏が“誰ならできるか”を考えて最適な職人に依頼していた。そして英語が分からない職人のために、必ず作品づくりに同行していたのだという。

つまり、水原氏の存在なくして、タウトのデザインが形になることはなかったのだ。

今に生きる
「ハリコイズム」

タウト唯一の日本人弟子といわれる水原氏はその後、「アクティ大門屋」の顧問になった。よく話していたのは、“ふだんの暮らしの中で使われてきた日用品の中に美しさを見出し、活用していこう”という民芸運動の話。この話から社長が今に生かしているものが「普段使いの美」

もうひとつ、水原氏は「新しいものをどんどんつくりなさい」というアドバイスを盛んにしていたんだそう。もちろん、なんでもかんでもつくればいい、ということではない。使い手の心の奥底を探り、土地柄や背景などを踏まえた、心に沿ったものづくりを、ということだ。ここの部分から得たものが「本物」と「本質」を大切にするということ。

D90cb123a2a52f1ebc0d9576b54130c957eaf26f
左:犬張り子2号 右:犬張り子1号
犬は出産が軽く多産であることにあやかり、「子宝・安産」のお守りともされる

 水原氏の教えを取り入れ、新しいものづくりに挑戦していった結果、平成元年まで「アクティ大門屋」の制作物の95%を占めていた「高崎だるま」は、気づけば1桁に。「だるま×ハリコイズム」にのっとったオリジナル民芸品は、今、売り切れになるほど全国各地の人に愛され、日々に「ホッ」とする時間を提供しているのだ。

高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
「暑い」と、毎年ニュースでとりあげられがちなのが、岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市や高知県四万十市。そして、群馬!そんな暑いまち・群馬の高崎市で気になったのが...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
棟方志功、坂口安吾、シャンソン歌手の石井好子……。著名な文化人に愛される、群馬県桐生市にあるカレー店「芭蕉」。創業は昭和12年。店内には巨匠・棟方志功の壁...
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
「桐生にイケてる人が集まってるらしいよ」。そんなふわっとした噂を確かめてみたくてはじめた、まち巡り。今回、「リップル洋品店」「Purveyors」「わびさ...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
グンマあるある集めました。そして、県庁職員にぶつけてみました。「デートスポットは県庁かイオン」「中高生にセーブオンの39円アイスが人気」「学校の号令は、起...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
もともとソウルフードとは、アメリカ南部で黒人奴隷たちが、通常は捨てられる食材をなんとか食べられるように加工した料理のこと。チタリングス(豚のモツ)やハムホ...
最近少しずつテレビに出始めている群馬のはっちゃんこと、田村はつゑさん(83)。桐生市にある彼女が営むバイキング屋さん「はっちゃんショップ」には取材で2度行...
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...